夜神つかさの水曜も夜ふかし|第二十夜【心に残る有名嬢・人気嬢の裏話(前編)】/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

夜神つかさの水曜も夜ふかし|第二十夜【心に残る有名嬢・人気嬢の裏話(前編)】
夜神つかさの水曜も夜ふかし|第二十夜【心に残る有名嬢・人気嬢の裏話(前編)】
20
更新:2020.03.25 作成:2020.03.18

ご来店ありがとうございます。

今宵も夜神つかさがお相手させていただきます。

 

水商売業界・・・相変わらずの不況、殺伐とした雰囲気がつづいております。

今日は少しコラムの趣向をかえて、気持ちが明るくなるようなお話が出来ればな~と、ワタクシ夜神考えました。

 

これを読まれている皆さん、「有名嬢・人気嬢」のお話お好きですよね。

ワタクシも歌舞伎町で十余年、夜キャバを基本に朝・昼キャバまで、いろいろなタイプのお店に長く在籍しました。

水商売で成功するためのノウハウもいいですが、たまには息抜き・楽しみ目的に「有名嬢・人気嬢」の実際にあったエピソードをお話するのもいいんじゃないかな?と。

 

もちろん息抜きだけでなく、しっかり皆さんの営業の参考となるスパイスも追加したいと思いますので、どうぞお楽しみください。

 

(1)Aちゃん編

大人っぽい顔立ちでおとなしめなメイク・髪色、どこか影のあるAちゃん。

当時在籍していたお店の看板嬢でした。

歌舞伎町のナンバークラスにしては珍しい雰囲気の女のコだな・・・というのがはじめの印象。

 

一緒にお客様の席についてもトークにそこまで抑揚がなく、おおげさにはしゃいだりもしない。

分析癖のあるワタクシ、Aちゃんの人気の秘訣はなんだろう?!と観察を続けていると・・・。

 

Aちゃんのお客様にヘルプにつくと、ほぼ全員のお客様がこう言うのです。

「じつはAと付き合ってるんだよね」

「内緒なんだけど、Aの彼氏なんだ」

「他のお客様にバレたらまずいから隠してるけど、Aは俺の彼女」

 

・・・\(^o^)/

水商売、やっぱり本営最強かよ\(^o^)/

 

ちなみに本営とは「本彼営業・本命営業」のこと。

お客さまに「自分が本命の恋人」と思わせることで、お店に通わせる営業法です。

本営という営業スタイル・・・基本的に他キャストには隠すキャストさんが多い中、Aちゃんの強みは誰の目も気にせず徹底していたところですかね。

 

ワタクシは色恋が絡んだ営業スタイルではありませんでしたが、水商売の真理を見た気がしました。

水商売は他人目を気にせず突き抜けることが、売れるための最短だったりもします。

Aちゃんは案の定短期間で歌舞伎町からいなくなってしまったので、長期安定を求めるキャストさんにはおすすめの手段ではありませんが、「他人目を気にしないマインド」はとっても重要になるのではないかなと思います。

 

他キャストの目、スタッフの目、お客様の目・・・他人の評価や印象を気にし過ぎてしまうと、自分の魅力や能力を引き出すさまたげになりやすいです。

「小さくまとまってしまっているな・・・」「その他大勢から抜け出せないな・・・」と伸び悩むキャストさんは、他人の評価を気にし過ぎないことに目を向けてみると良いかもしれません。

 

(2)Bちゃん編

Bちゃんはワタクシがキャバクラをはじめたばかりの頃、人気だったお姉さん。

年齢が高めでお店のキャストやお客様からお局さま扱いを受けていました。

 

このBちゃん、新人指導がとにかくキツかった\(^o^)/

お酒の作り方からテーブルマナーまで、とにかくめちゃくちゃ指導が入るのです。

団体の席で新人があたふたしようものなら、ボトルもグラスも手から奪われギロっとにらまれ、そこから触らせてもらえないのです。

 

夜神つかさ、Bちゃんだけはマジのガチで怖くって、当時毎日おびえました\(^o^)/笑

ワタクシにも全く仕事のできない新人時代があったのですよ~。

 

ここだけの話、正直ね、ほら、ご年配ですし。

お店の女のコにも当たりが強いですし。

なんでこのおば・・・じゃなくて、お姉さん、お客様が沢山いるのかなって、悪気はなくとも思ってしまうじゃないですか。

 

新人夜神つかさ、Bちゃんのヘルプや枝のお客様につく際は、まあ~緊張とおびえで毎回頭が真っ白!になっていたわけですけれど。

「チクショウ負けてたまるか\(^o^)/」と、めげずに観察&分析をしてみました。

 

するとどうでしょう・・・冷静にお席を観察してみると、見えて来るんですよ。

Bちゃんのすごさが。

 

Bちゃんのお客様は40代後半~それ以上のご年配のお客様ばかり。

落ち着いているお店だったこともあってか、お客様方みなさん・・・とにかく小難しい話ばかりしている。

Bちゃんはお客様方とお仕事の話をはじめ、小難しい雑談も大人の女性の魅力・会話力でそつなく盛り上げていました。

 

しかも、会話を盛り上げつつテーブルマナーが完璧なのです。

ひよっこのワタクシの目には、キャバ嬢なのに企業勤めのキャリアウーマンに見えました。

 

難しいトーク対応が不可欠なお客様のお相手中に、新人キャストがテーブルをがちゃがちゃしてたら邪魔にもなりますよね。

Bちゃんごめんなさい、0:100で新人夜神つかさが悪かったです\(^o^)/

 

現場で必要以上に緊張してしまうと、少しいやなこと・不安なことに遭遇すると、それだけしか見えなくなってしまいます。

ワタクシもはじめ「Bちゃん=怖い・苦手」という意識に縛られてしまっていました。

もっと早い段階で、Bちゃんの魅力や思想を読み取れていたらな・・・と当時は強く後悔しましたよ。

最低限自分が仕事がこなせるようになったら、Bちゃんは面倒見の良い気さくなお姉さんになったので。

結果、学ぶことがとっても多かったです。

 

あ~・・・これは余談ですが。

Bちゃんの席で高いウイスキーボトルを盛大にひっくり返した時は、めちゃくちゃ叱られました\(^o^)/

お客様の立場をお守りしたり溜飲を下げていただく目的で、スタッフやキャストを目の前で叱る場面が必要なときもあるんですよね。

今ならわかります。

 

しかし!

ADHDのワタクシ、キャバクラのボトルとグラスは今でもひっくり返すためにあるものだと認識しております。

人間、成長する部分とできない部分、両方あるのです\(^o^)/あは。

 

(3)Cちゃん編

Cちゃんは未経験で入店し、数か月でナンバーに踊り出た女のコ。

第一印象はと言いますと・・・正直「暗っ!」でした。

Cちゃんはもともとアニメや漫画が好きなオタク趣味、外見も黒髪で派手さはなく、性格も内気でお店の女のコともなかなかなじめない様子。

 

そんなCちゃんがある日突然人気が出始めたきっかけは、当時の担当スタッフでした。

未経験・完全なる素人・キャスト内で孤立していたことが逆に功を奏したんですね。

Cちゃんが何をしたかというと・・・キャスト仲間ではなく「担当スタッフに」熱心に相談・指導を仰ぎ、そのすべてを的確に実行したのです。

 

店内で着るドレスの色、デザインからお客様への営業連絡内容まで、担当スタッフの指導を忠実に再現。

お客様をつかむコツを一度体感したらそのあとは、飛ぶ鳥を落とすいきおいで快進撃が続いていましたね。

見ていてとっても気持ちが良かったです。

 

水商売はある程度経験を重ねると、「自分のやりかた」「自分の趣味嗜好」が強く固定されてしまいます。

しかし時代や客層、自分の年齢・段階などに合わせて、定期的にバージョンアップが必要なお仕事でもあります。

 

Cちゃんの場合、

  • 未経験のため「凝り固まった水商売への固定観念」が一切なかったこと

  • 担当スタッフの目を通して「客観視した自分の魅力」を引き出してもらえたこと

  • 他人からのアドバイスを素直に聞き、すべて実行できたこと

これらが相乗効果となり、快進撃に繋がったんですね。

 

もちろん元々Cちゃんのポテンシャルが高かったこともありますが、経験の長いキャストさんも「客観視」が苦手な場合、スタッフやお客様・キャスト仲間の目線を借りて定期的に自分自身を見直すバージョンアップに努めてみるのもおススメですよ。

 

【まとめ】

さて、今回は「心に残る有名嬢・人気嬢たちの裏話」前編をお話させていただきました。

水商売はすし職人と同じで、いきなり現場に放り込まれ「見て・経験しておぼえろ」という世界観。

しかしすし職人さんと違って、本当の営業の裏の裏まで見られる・教えてもらえる機会はなかなかありません。

 

今回のお話が少しでも水商売の裏側、真実に触れる機会となれば幸いです。

まわりの女のコの営業、成長過程・・・めっちゃ気になるもんね~\(^o^)/

 

次回、後編ではとーっても有名な女のコのエピソードもお話できたらな~と思っております。

 

どんな有名嬢・人気嬢も、不安や緊張・焦りでいっぱいの時代を通り抜け成長しています。

このコラムが迷える女性の足元を照らす小さな明かりとなりますように。

 

すべての女子よ、幸せになれ\(^o^)/

夜神つかさでした。

 

夜神つかさ

前回の水曜も夜ふかし…【「すべての憂(うれ)いを笑いに変える」スキル】

夜神つかさの水曜も夜ふかし|第十九夜【「すべての憂(うれ)いを笑いに変える」スキル】

 

過去の水曜も夜ふかしは、全コラム一覧からお読みいたけます。

水曜から夜ふかし全コラム一覧へ

 

<Twitterプロィールから>

夜神つかさ@水商売営業の人
@tsukasa_yagami

約15年人をこまして飯を食ってきた悪いアラフォーおば…お姉さんです(引退済)/キャバキャバにて営業術コラム「水曜も夜ふかし」連載中(https://caba2.jp/blog/yagami_yofukashi/…)/㈱キメラ代表取締役/発達障害(ADHD)/息子と夫(再婚)を溺愛/無言フォローお気軽にドゾ😌

夜神つかさTwitterはこちら