売れっ子キャバ嬢や人気ホステスが使う男心を揺さぶる3つのテクニック/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

売れっ子キャバ嬢や人気ホステスが使う男心を揺さぶる3つのテクニック
更新:2020.03.11 作成:2020.03.17
売れっ子キャバ嬢や人気ホステスが使う男心を揺さぶる3つのテクニック
1
更新:2020.03.11 作成:2020.03.17

キャバ嬢やホステスで人気を集めるのにはおさえておかなくてはいけない常識やテクニックが何点かあります。

ただ、テクニックを覚える以前に勘違いしてはいけないことがあります。それはキャバ嬢やホステスの仕事にはサービス業として最上級レベルの接客が求められるということです。少し考えてみれば当然とも言えることですが、お客様はキャバクラやクラブ、スナックで接待されるのに数時間の間に何万円以上ものお金を使うのです。それはキャバ嬢やホステスの行う接待を「商品」として買うことなのですから、代金に見合うそれ相応の接客を期待しているわけです。

しかし、驚くことにそれを理解していない従業員は驚くほど多いのが現状です。ですから、一時人気が出て売る上げが伸びたり、半ば強引にお金を使わせて売り上げを無理矢理のばす子達もよく見かけます。確かに、時には少しくらい強引におねだりや誘惑することも必要になる場面もあります。ですが、売り上げを安定して稼げる女の子達は皆自分が高級な「商品」であることを自覚し「プロ」としての責任をもって仕事をしています。

この認識のズレは長い目で見れば確実に取り返しのつかない差となって現れます。キャバ嬢やホステスが綺麗だったり、可愛かったり、話上手だったり、それは当たり前なのです。自らが「商品」なのですから、商品をより良いものへするのは当然です。先ずはその認識を頭に叩き込みましょう。

では、そんな競争の激しい業界の中で生き残っていくためのおさえておいて損はない3つのテクニックを紹介します。

 

客観的に場の空気を読み取る

売れっ子キャバ嬢や人気ホステスが使う男心を揺さぶる3つのテクニック

まず1つ目は、常に自分が「司令塔」であることです。

と聞いても今一ピンとこない人もいると思います。
では詳しく説明していきましょう。

例えばサッカーで言うと司令塔と言うのは言わばゲームをコントロールする人を言います。このゲームを店内での接客と置き換えてみてください。司令塔ですから当然その場の状況の流れを理解し、次にどんな行動に繋げればお客様に気分が良くなってもらえるか?それをよく考えて行動するのです。

よく見られがちな光景に、自分にキャラを押し出してその場の空気も読まずに強引な接客をする子が見られます。それは絶対にしてはいけません。勘違いしてはいけないのは、バカ騒ぎをしてはいけないとか、ぶりっ子をしてはいけない、という意味ではないということです。

大事なことは、一歩さがった目線で客観的に場の空気を読み取る力です。時には騒いだり、時には甘えてみたりすることは必要です。ですが、それは自分からただ考えもなしに行ってはいけません。それをお客様が望んだ時にその場に合わせた接客をするのです。

なんとなく「司令塔」の意味が理解してもらえたでしょうか。売れっ子の女の子は場に合わせることだけでなく自らの得意な場に状況を持ってくる「やり方」を知っています。
これは、常にお客様目線で物事考える観察眼を身につけた努力の結晶とも言えます。どんな時も一歩さがった目線での見かた、これが「司令塔」になる為の一番の近道です。

 

営業メールと思わせない自然なやり取り

売れっ子キャバ嬢や人気ホステスが使う男心を揺さぶる3つのテクニック

次にあげるテクニックは「連絡魔」になることです。

男性なら誰しも可愛い女の子から好意のあるメールや電話がきて嬉しくないわけはありません。これは基本中の基本とも言える営業の一つですが、常にあることを頭に入れておくだけで相手に与える印象はだいぶ変わってきます。

それはメールをする時に「返信してもしなくてもいい内容」を意識したメール作りを心掛けることです。店に来てくれる約束や誘いをするのが基本、それじゃあ売り上げに繋がらないと思うかもしれませんが、裏を返せばその理由がそっくりそのままあえてそういうメールをする答えとなります。

つまり、どういうことかと言うと、同伴や店に関係ないメールを沢山することで相手に「営業メール」ではないと思わせるのです。男は意外と単純なもので、頭では分かっていてもこういった方法は驚くほど効果的です。例えその日の売り上げには繋がらないとしても、時間が出来た時や、急に会いたくなって相手から連絡が来る、なんてこともあります。

ただ、あまりにも過剰にやり過ぎると最悪相手が本気で勘違いしてストーカーになってしまったり、連絡が多すぎて嫌われたり何てこともあるので相手から連絡がこないのなら週に1、2回くらいに抑えておいた方が良いでしょう。

 

笑顔で相手の緊張を解す

3つめのテクニックは表情を豊かに「喜怒哀楽」を表現することです。

働いている時間は自分が女優になった気くらいの心構えでいて丁度いいくらいです。自分に対して喜怒哀楽をはっきり表現してくれる相手は、それだけ自分に対して心を開いてくれているという心理を利用するのです。

とくに笑顔や笑い声というのはそれだけで相手の緊張を解す力があります。よく笑顔の素敵な女性が好み、なんて聞きますがこれは意外と男心の核心を突いている言葉なのです。

 

ここまで3つのテクニックを紹介しましたが、これらすべてに共通するのは、やはり自分をより良い「商品」に見せる為の努力が生み出せる「経験値」があって初めてものにできる技なので、コツコツと努力を重ねる日々の積み重ねが大事だということが言えるでしょう。