キャバ嬢にアンケート!〇〇ですか?に対するデキる男性の答え方とは?/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバ嬢にアンケート!〇〇ですか?に対するデキる男性の答え方とは?
更新:2020.04.11 作成:2020.07.20
キャバ嬢にアンケート!〇〇ですか?に対するデキる男性の答え方とは?
0
更新:2020.04.11 作成:2020.07.20

キャバクラに何度か出かけたことのある男性ならわかると思いますが、キャバクラでよく聞かれる質問というものがあります。
こうした質問、答え方によっては女のコがお客さんに抱く印象が大きく変わるらしいのです。せっかくキャバクラに足を運ぶなら、女のコには好印象を持ってもらいたいのが男心。

そこで今回は、キャバ嬢からよく聞かれる質問と、どのような振る舞いをすると好印象になるのか、ニュースサイトしらべぇの記事を参考にまとめてみました。

 

キャバクラには、よく行くんですか?

「この質問、とりあえず乾杯して軽く自己紹介したあとにとりあえず聞いてみたりするんですけど、だいたいのお客さんが『いや、そんな来ないよ。今日も上司が連れてきたからさ』みたいなカンジで答えるんですよね。でも、こういう答えってほとんどウソですよね。じゃないと、世の中にこんなにキャバクラがあるわけがないじゃないですか」(22歳、Eさん)

 

「みんなキャバクラに来ることは格好悪いと思ってて、自分はそういうタイプじゃないってアピールしたいからだと思うんですけど、それってぶっちゃけ逆効果です。嬢からしたら、一見さんと思われる人は接客は適当でいいやって思っちゃうんですよね。

それよりは圧倒的に、『うん、めっちゃ来るよ。こういうところ好きだからさ』って答えるお客さんのほうが好印象です。会話もスムーズだし、もしかしたらがんばれば指名もらえるかもって思うし、接客をがんばりたくなっちゃいますから」(24歳、Mさん)

参考:気になるアレを大調査!しらべぇ

 

私たちもドリンク頼んでいいですか?

キャバ嬢にアンケート!〇〇ですか?に対するデキる男性の答え方とは?

「キャバって、お客さんの時間セット料金に加えて嬢のドリンク代が売り上げの大事な要素なんですよね。

だから、店長からもお客さんにはドリンクをねだれってよく言われるんですけど、嬢のドリンク代ってちょっと高いんですよ。
普通のカクテルでも1000円とか超えることあるし。だから、ドリンクをねだるとケチるお客さんって多いんですよね。ねだると『予算オーバーだからムリ』とか、酷い人だと『水でも飲んどけ!』とか言ってくるし。どれも印象は最悪です」(21歳、Sさん)

参考:気になるアレを大調査!しらべぇ

 

「正直、ドリンクおねだりに応えてくれるお客さんが好印象なんですけど、高いからムリっていう人は、入店の時点でキャッチとかボーイに嬢のドリンク込みのセット料金で入れるように交渉しておくのがいいと思いますよ。

それなら、ドリンクおねだりを断る必要もないし、明朗会計だし、気がラクだと思います。時間帯によっては交渉できなかったり、嬢のドリンク1杯だけ込みの料金しか提案できなかったりもありますけど、断るよりは圧倒的に好印象ですよね」(22歳、Eさん)

参考:気になるアレを大調査!しらべぇ

 

延長どうしますか?

キャバ嬢にアンケート!〇〇ですか?に対するデキる男性の答え方とは?

「さっきのドリンクおねだり以外にも、延長とか場内指名をお願いするのがキャバの大事な仕事なんです。なので、時間が迫ったお客さんには延長の提案をします。
こういうときに、きっぱりと『延長しません!』ってお客さんに言われると、ちょっとイラってします。そりゃあ元々そういう予定だったんだろうけど、はっきり言い過ぎじゃない?って。

仮に、そういうお客さんに営業用にLINEとかの連絡先をきいたとしても、どうせリピートの見込みもないだろうし、ケチだしって思って連絡しないこともあるくらいです。
だから、そういうときはウソでもいいから『ホントは延長したいけどできないんだよね』って答えてほしいですよね。
この時間がすっごく楽しくて、もっとあなたといたいけれど終電があるとか、次の飲みに呼ばれてるとか。それだと、またお店に来てもらえるかもしれないし、この人っていい人かもって思って好印象になります」(24歳、Mさん)

参考:気になるアレを大調査!しらべぇ

 

まとめ

どれも、解説をきけば納得できる話ばかりです。キャバクラ嬢の質問あるあるでわかったことは、結局のところキャバクラ嬢はお客さんのことをあくまでひとりの男性というよりは、お金を払ってくれる「客」と捉えているということです。

なので、彼女たちから男として好印象を持ってもらいたいならば、まずはお客さんとして魅力的な人だと思われる必要があるかもしれません。むろん、それができるかどうかは個人次第なのは言うまでもありません。

参考:気になるアレを大調査!しらべぇ

 

さて、いかがだったでしょうか。

男性が読めば参考になる、キャバ嬢が読めば思わず「あるある!」と納得するような内容ですよね。
あなたの周りには、こんなお客さんいませんか?接客しながら人間観察して、いろんなタイプの男性を相手できるようになると今より仕事が楽しくなりそうですね。

 

キャバクラ体験入店・求人バイ ト情報「キャバキャバ体験」