キャバクラ嬢は個人事業!確定申告ちゃんと理解している?/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバクラ嬢は個人事業!確定申告ちゃんと理解している?
更新:2020.04.11 作成:2020.07.17
キャバクラ嬢は個人事業!確定申告ちゃんと理解している?
0
更新:2020.04.11 作成:2020.07.17

キャバクラで働く人で、税金に関してしっかりと理解されている方はどれくらいいるでしょうか。

確定申告のことや稼ぎの良い人が注意したいポイントをまとめてみました。

 

キャバ嬢の確定申告

確定申告とは、1年間にキャバクラで働いて稼いだ金額について総額を申告し、その収入に応じて税金を支払う手続きのことを言います。お仕事で働いたお金=収入として得たものは、全て自分のものになるわけではない、ということをまずは覚えておきましょう。

税金を払うというと、何だか損した気分になってしまう人もいますが、ちゃんと決められた税金を国に支払うことが、国民としての当然の義務となります。

これらは、水商売で働く人はもちろん、自営業として働く人なども行う必要がある事を覚えておきましょう。水商売で働く人のうち、お店側で給料から源泉徴収をしている場合には、確定申告を行う必要がありません。万が一、お店側が国に源泉徴収分を納付していない場合でも、働いている側には非がないため、延滞金などはお店側に請求される形となります。

退職時など、不正に請求をされた場合には、近くの税務署などに相談するようにしましょう。そして、確定申告は、ただ税金を支払うだけではありません。もちろん、真面目に働いて納税した人には、それなりのメリットがあります。ほとんどの場合、確定申告を行うことにより、払いすぎた所得税が還付されます。

 

稼ぎが多いキャバ嬢は?

キャバクラ嬢は個人事業!確定申告ちゃんと理解している?

年間2,000万円以上をキャバクラで稼いでいる女性は、確定申告を必ず行いましょう。その理由として、税務調査の対象となった場合、本来納める税金だけではなく、追徴課税を行わなければいけないためです。ちょっとくらいならばれないだろうと、食事代や化粧代をちょろまかしていても、積もりに積もった税金が後々大きな足かせとなってやってきます。

1回の納税であればそれほど負担になるものではありませんが、追徴課税と一緒に訪れる金額は非常に大きなものになるため、ほとんどの人が窮地に追い詰められることでしょう。
そういったことがないよう、必ず納める物は納めるよう心がけるのが大切です。そのほか延滞税なども発生するため、確定申告を行う場合と層でない場合とでは、より多くの税金を納めなければいけない、という事も覚えておきましょう。

本来支払うはずがないものまで納める、なんて事態は非常に悲しいものです。税金が支払えなくなる人のほとんどが、延滞を故意に行ったせい=自分が悪い、という事が多いため、普段から税金に対し、正しい接し方をする事が重要となります。
ちなみに確定申告を行わず、税金を滞納した場合には、資産の差し押さえの対象となります。つまりは、普段使っているものが突然使用できなくなる、ということです。

 

四国忘れや脱税はリスクが高い

せっかく稼いだお金で快適な生活を送っていても、申告漏れや脱税で思わぬ損害を及ぼしてしまう危険もあります。また、住む場所だけではなく、お店からクビになってしまうことも少なくありません。場合によっては、給料の差し押さえとなる場合もあります。明日から生きていくためのお金すらなくなってしまうため、絶対に税金は納めなければいけないと言えるでしょう。

もし確定申告を忘れてしまった場合には、すぐさまお店や税理士に相談するようにしましょう。その後、なるべくお金を荒く使わないように心がけることが大切です。マンションや車、一軒家など、目に見えて「お金がある」行動をすると、税務調査の対象になる場合も考えられるでしょう。普段通りの生活を行い、目立った行動を取らないことが大切です。

キャバクラ嬢は個人事業!確定申告ちゃんと理解している?

日頃から領収書や給料明細は整理しておく領収書を整理することは大切です。確定申告で、経費を申告する際に必要となるためです。同伴での飲食代やメイク代、携帯代や衣装代など、仕事に必要となるものなどが対象となるので、こまめに保管しておくよう心がけましょう。

経費として認められる費用は税金の額を減らせる対象になりますし、納付金額を少しでも下げるためにも覚えておきたいポイントですね。

 

確定申告を忘れたら

所得税法では毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付することになっています。
しかし、期限内に確定申告を忘れた場合でも、自分で気が付いたらできるだけ早く申告するようにしてください。この場合は、期限後申告として取り扱われます。

参考:確定申告を忘れたとき(国税庁)

いずれにしても、確定申告を自分で行うのは難しいかもしれません。とくに収入が多いキャバクラ嬢は税金の問題も発生しますので、税理士に相談してみるといいかもしれません。
費用はかかりますが、確実に処理できるので安心です。時間に余裕がある人は、自分で方法を調べて確定申告するのも無理な話ではないので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

キャバクラ体験入店・求人バイ ト情報「キャバキャバ体験」