更新:2019.01.29 作成:2018.11.24
タイミングは?口実は?お客様を同伴に誘うシンプルな方法
0
更新:2019.01.29 作成:2018.11.24

同伴をするという事はお店に来てもらう事だからこそ、お客さんと同伴の約束をしたいと思うのはキャバ嬢として当然です。しかし、どのようにしてお客さんを同伴に誘えば良いのか分からず頭を悩ませているキャバ嬢もいるはずです。どのタイミングで同伴に誘えば良いのか、あるいは同伴に誘う口実をどうするのかといった部分が大きなポイントになります。お客さんを同伴に誘うシンプルな方法は確かにあります。この方法を知る事で、お客さんを同伴に誘うのは簡単と思えるようになります。

 

同伴では食事が基本

キャバ嬢とお客さんが同伴する際には、食事をした後にお店に足を運ぶのが基本です。そのため、美味しいお店に連れて行ってほしいとストレートに誘うのが一つの手です。キャバ嬢から食事に誘われるのは同伴と理解しているお客さんがほとんどです。しかし、中には同伴はしないものの食事のみならと答えるお客さんもいれば、意味が分からずにOKと答えるお客さんもいます。同伴はしないものの食事に行こうと言われた時には、たまには同伴なしで食事行くのはありです。次は同伴しようと言っておけば、次回以降の同伴に誘いやすくなります。

そして、同伴をしないけど食事に行く約束をしていた時にも同伴にできる可能性があるテクニックがあります。それは遅刻してしまうからという口実でお願いする事です。食事を終える時間を遅刻する時間に設定し、お店のスタッフからメールや電話をしてもらうようにし、1時間でも一緒にお店に行ってくれたらとお願いすれば、同伴してくれるお客さんは多いです。毎回ではなく、どうしてもという時のみ採用するのが良い方法です。

 

同伴に誘う際には特別感を出す

同伴に誘う際には特別感を出すのが大きなポイントになります。他のお客さんとは違うという事をアピールし、そして甘えるようにすれば、男心を上手く刺激できます。体調が良くなくてフリーの席に付くのが辛いけど休めないなどと言うと、お客さんから同伴してそのまま他の席に付かなくても良いようにすると言ってもらえる事も少なくありません。また、同伴ノルマがあってどうして良いか分からなくて相談したと言うのも効果的です。

紳士的なお客さんや太客には特に効果的です。当然同じお客さんに頻繁に使うと怪しまれてしまうため、いざという時に使うようにするのが良いでしょう。

 

同伴に誘う口実をつくる

クリスマスやバレンタインデーなどのイベントの時期には同伴に誘う口実ができるもので、お客さんを同伴に誘うのは難しくはありません。とは言っても、いつもイベントがある訳ではありません。だからこそ、イベントではない日であっても、お客さんを同伴に誘う口実をつくるのが効果的です。

基本となるのはお客さんにプレゼントを用意しておく事です。このプレゼントと用意する理由は何でも良いです。旅行に行った時のお土産やいつも良くしてもらっているからという理由であっても問題ありません。プレゼント代の出費こそあるものの、同伴に誘う口実になるため、惜しんではいけません。お客さんとしてもプレゼントを貰ったからこそ、お店でたくさんお金を使おうと思うものです。キャバ嬢からのサプライズがあると、お客さんも当然嬉しいと思って、今後同伴に誘いやすくなるメリットもあります。

 

同伴は気遣いが大切

同伴をするという事は、キャバ嬢はお客さんに食事をご馳走になる上に、お店でお金を使ってもらう事です。同伴ができない理由としては、経済的な理由のお客さんもいます。だからこそ、そのお客さんの懐具合を考慮して同伴に誘うのが大切になります。

時々あえて庶民的なお店を提案し、そしてキャバ嬢が食事代を支払うのも効果的です。毎回はする必要はなく、あくまでも時々で問題ありません。このキャバ嬢からの気遣いが今後の指名や同伴の誘いやすさに繋がってきます。同伴に誘っても断られる事もあるでしょう。その時にもそれ以上言わないようにする事も大切です。同伴欲しさにガツガツ感が出てしまうと、お客さんに所詮お金目的での同伴と思われてしまいます。同伴に誘う際にお客さんに対する気遣いができるようになれば、その一時のみならず、今後にも大きなプラスになります。

 

同伴に繋げるテクニックを駆使しよう

お客さんから同伴に誘ってくれるのなら何も悩む事はないものの、キャバ嬢自ら誘うとなると頭を悩ませる部分もあるでしょう。とは言ってもあまり難しく考える必要はありません。基本的には食事に行く事になるため、素直に食事に行きたいとお願いをすれば良いでしょう。特別感を演出する方法や同伴に誘う口実をつくるのも効果的です。そしていずれの場合にしても、お客さんに対しての気遣いができないといけません。どの方法が適しているかはお客さん次第です。決して断られても気落ちする必要はありません。どの方法が適しているかをまずは試してみましょう。同伴に誘う為の方法は一つでは多岐に渡っており、その時に合わせて使い分けるのも大切です。