タイミングが重要?キャバ嬢なら知っておきたい営業メールのコツ
0
更新:2019.01.29 作成:2018.11.21

キャバ嬢のお仕事はお店に足を運んでくれたお客さんの接客のみではありません。お店の営業時間外の営業もお仕事の一環です。電話はお客さんが出られない時もあるものの、メールだとお仕事中であっても後で見てもらえる為、お店の営業時間外の営業の基本となるのはメールです。営業メールのコツを知る事で、数多くの指名を獲得できるようになると言っても過言ではありません。キャバ嬢として働くのなら、営業メールのコツは知るべきであって、間違っている営業メールをしているキャバ嬢も少なくありません。

 

営業メールをする時間帯について

キャバ嬢が営業メールを送るのはいつでも良い訳ではありません。そのお客さんが会社員の場合は12時から13時のお昼休憩に連絡するようにすべきです。さらに、就業時間後に営業メールを送るのも効果的です。仕事が忙しい時間帯にはキャバ嬢から営業メールが来たとしても、あまり見ないからこそ時間帯に注目すべきです。

当然既婚者の場合は休みの日に連絡するのは避けるべきです。事前にそのお客さんに営業メールを送っても良い時間帯と独身か既婚かを聞いておくのが良いでしょう。営業メールの時間帯を合わせるだけでも、返信率は大きく変わります。ほっと一安心ついた時にキャバ嬢から営業メールが来ると、足を運ぼうかという気になるのがお客さん心理であって、営業メールを送る時間帯は決して無視できません。

 

お礼メールから営業メールにシフトチェンジ

お客様と連絡先の交換ができたら、このチャンスを無駄にしないようにまず翌日までには一度お礼メールを送っておきましょう。お店に来てくれたお礼と連絡先が交換できて嬉しいといった内容にすれば問題ありません。初めはやりすぎと思える程大げさであっても大丈夫です。

お礼メールが一段落したら、営業メールにシフトチェンジです。お店でのノリやキャラをそのまま出すのも大切であるものの、良い意味でギャップがあると思ってもらう事も大切です。店では明るく元気なキャラだったのにメールではしおらしさがある、あるいはお店では受け身の接客だったのにメールでは甘えるなどのギャップがあると、男心をくすぐる事になります。二人きりのやり取りだからこそできる女性特有の演技でそのお客さんの心を鷲掴みにできると、次に指名してくれる可能性は高まります。

 

礼儀正しいキャバ嬢にお客さんは惹かれる

礼儀正しい事は夜のお店に限らず非常に重要なポイントになります。お客さんの中にはキャバ嬢は礼儀正しくないと思っている方も少なくありません。だからこそ、礼儀正しいと分かってもらえる事の意味は大きいです。必ずしも指名となって返ってくるかどうかは分からないものの、礼儀正しい事が理由でお客さんが友人や知人の方を連れてきてくれる事もあるのが事実です。

これは営業メールを送る時にも言える事です。お店ではその時のノリやキャラなどが理由であまり礼儀正しいとは思われなくても、営業メールをする時に礼儀正しいとこれは大きなギャップとなります。小さい事であると思う方もいるでしょう。しかし、小さな努力の積み重ねが指名に繋がるものです。

 

営業メールの頻度はどれくらいが正しい?

営業メールを送る頻度はお客さんの来店頻度によって変えないといけません。あまり来店しないお客さんに頻繁に営業メールをする事は逆効果であるのは言うまでもありません。目安となる頻度は、週1回は来店してくれるお客さんなら週に2回、月1回なら月2~3回です。そして週2回以上の来店なら週3回以上営業メールを送るべきです。2日に一度の頻度で営業メールを送ってコミュニケーションを取る事で来店頻度も多くなります。お客さんの来店するに応じて営業メールを送る頻度を設定しないといけません。

当然営業メールを送る際の内容も変えていくべきです。あまり来店しないお客さんであるのなら、少し距離のある内容にすべきです。これが数多く来店するお客さんであるのなら、お店に来て欲しいというストレートな内容であっても問題ない場合も多くなります。営業メールを送る頻度も内容も結局はそのお客さんにとって迷惑と思われないようにする事が大切です。

 

キャバ嬢の営業メールは気配りが大事

キャバ嬢の営業メールはただ送れば良いという訳ではありません。事務的な内容であるのなら、お客さんにとって特別感はなく、逆効果になる事もあります。お客さんの気持ちを考え、そして営業メールを送る時間帯や頻度についても考えないといけません。キャバ嬢の営業メールはお客さんへの気配りができているかどうかがすぐに分かるものです。営業メールが送られてお客さんが足を運ぼうかという気持ちになってくれないといけません。手間がかかって面倒という気持ちがあるのは当然であるものの、だからといって疎かにしてはいけません。売れっ子キャバ嬢になる為の大きなポイントになります。営業メールを送るのは手間がかかるものの、その分稼げるようになります。