更新:2019.01.29 作成:2018.11.20
遭遇すると厄介?キャバ嬢が気をつけたいNG客の8パターン
2
更新:2019.01.29 作成:2018.11.20

キャバクラに来るお客さんの中には、ちょっと嫌な感じの人もいます。
初めて入店するキャバ嬢にとっては、そういうお客さんとの遭遇は最初の試練でしょう。

厄介なお客さんでも、予め想定しておけば対処も出来るでしょう。
そこで今回は、キャバクラのNG客の行動と、それに対する対処法をまとめてみました。

こんなお客さんは嫌だ!キャバ嬢が思う苦手なNG客8パターンと対処法

キャバクラに来るお客さんは色んなタイプの人がいます。
単純に楽しみに来ているお客さんや、女の子とどうにかなりたいと企んでいる人、女の子がいるお店でお酒を飲みたい人など。

中には難しい人もいるので、そういうお客さんも相手にしないといけないのは、この仕事の大変なところですね。
では、キャバクラに来るNGなお客さんとは、どういうものか見てみましょう。

 

1. やたらとキャストの体を触ってくるお客さん

手や体に触れてくるお客さんには、キャバが初めての子はびっくりすると思います。
普通のキャバクラであれば、お店がお触りを禁止にしているところも多いので、しつこいようなら店長に相談した方がいいですね。

ただ、あからさまに「さわるな感」を出さないようにだけ注意しましょう。

 

2. 何もしゃべらないお客さん

キャストにとって一番やりにくいお客さんが、「しゃべらない客」です。
キャストにしゃべれと言ってるのでしょうか?どこか無言の圧力がありますね。

ただ、こういうお客さんは意外に常連になってくれることが多く、気に入られると指名も貰えます。
キャバクラの雰囲気をたしなみながら、ゆっくり飲みたいだけなのかもしれません。

 

3. 圧が強いお客さん

大きな声で話したり、言葉が荒いお客さんもたまにはいます。
こういうのを圧が強いというのでしょうか。こういうお客さんには、怖がる女の子もいますね。

時には苦手なお客さんでも、我慢して接客しなくてはいけませんが、お客さんのあしらい方を身に付けるチャンスでもあります。
どうしてもひどいお客さんの場合には、席につけないようマネージャーに相談することもあるようです。

 

4. お酒が入ると説教臭くなる人

お酒を飲んでいる内に、話の内容が次第に説教になっていくお客さんは結構面倒ですね。
最初は人当たりのいい感じで接してくるのに、お酒がある程度入ると別人になる人もいます。

でも、辛抱して心から話を聞いていれば、指名をくれて上客になってくれることも多いタイプです。
決して、あからさまな嫌悪感を出さないよう注意しましょう。

 

5. 入店時すでに泥酔しているNG客

飲みの2次会などでキャバクラを利用するお客さんもいます。
その中にはすでに出来上がっている人もいるのですが、結構対応が大変ですね。

中には、ふらふらのお客さんもいますし、ひどい場合は入店をお断りすることもあります。こういうお客さんは、正直どうしようもないですね。

 

6. キャストとプライベートで会いたがるお客さん

アフターでも同伴でもなく、プライベートで会いたがるお客さんもいます。
そういうお客さんは、上手にかわして対応しないといけません。

お客さんの素性が分かるまでは、万が一その人を気に入ってもプライベートで会うのは控えた方がいいですね。ストーカートラブルの元です。
万が一ストーカーの恐れがある場合は、速やかに店長に相談して席につかせないよう十分な対応をしてもらいましょう。

 

7. キャストのドリンク注文を渋る人

客商売なのでこれをケチといってしまってはいけないんでしょうが、キャストのドリンクを拒否するお客さんはごく稀にいますね。
ただ、女の子が飲むドリンクは、絶対に頼んでもらわないといけないという物ではないので文句はいえません。

ドリンクはキャストのインセンティブになるので、渋られると本音はシラケます。
お店によってはドリンク込みのセット料金を提示して、何気なくいただいているところもあるようです。

 

8. キャバクラを出会いの場と勘違いしている人

プライベートで会いたがる人に共通してますが、キャバクラを出会いの場と本気で勘違いしているお客さんは結構いますね。
ですがキャバクラはあくまで仮想恋愛の場ですので、そこは一線を引かないと後々トラブルに発展することがあるので注意が必要です。

色恋営業という言葉もありますが、キャバクラなのでその要素が有るのは仕方無いのですが、お客さんに本気になられると面倒ですよ。

いかに上手くかわしつつも気持ちよく飲んでもらえるかが、キャバ嬢の腕の見せ所です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように、キャバクラには、色んなタイプのお客さんが来ます。
その中には、やりにくいお客さんもいて、入店したばかりの新人キャバ嬢にとっては、嫌な接客になるかもしれません。

ただ、そういうお客さんを上手にあしらえるようになると、お店からの評価が上がります。
お客さんに揉まれて身に付けた接客スキルは、今後キャバ嬢として働くための強みになるでしょう。