キャバ嬢が「いつも夜いないけど…」と言われたら・・・親友達へのアリバイテク5/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバ嬢が「いつも夜いないけど…」と言われたら・・・親友達へのアリバイテク5
0
更新:2019.10.30 作成:2019.10.30

親や友達にキャバクラで働いていることを隠している人も多いでしょう。

一人暮らしでも、電話やメールに反応がないと「いつも夜いないけど何してるの?」と聞かれたことはありませんか?
「寝てた」とか、「気付かなかった」ではごまかしきれなくなってきたら、無理のない範囲でアリバイ工作をしてみましょう。

 

その1:実際に働いている時間帯でバイトできるほかのバイトを装う

キャバクラで働く時間帯は、フルタイムなら20:00〜2:00くらいになりますよね。ただ、着替えやヘアメイクなどの準備もあるので前後に1時間くらいは余裕を持ったほうがいいでしょう。そうすると、「19:00〜3:00くらいの間は働いていて電話やメールを返せない」ということになります。

その時間帯のバイトはいろいろあります。24時間営業のコンビニやファミレス、カラオケ、居酒屋など。どれも接客業なので、それほど違いはないでしょう。

ただ、深夜3:00など中途半端な時間だと、もちろん終電はないので、帰りはどうしてるのかを聞かれるでしょう。キャバ嬢なら帰りは送ってもらえますが、ほかのバイトではなかなかありませんし、毎回タクシーで帰るのも不自然です。

車や自転車などの手段もありますが、危ないからと止められたり、雨の日だったりすると嘘がバレやすくなります。その場合、思い切って始発の時間まで仕事していることにしてみましょう。

カラオケ店なら5:00くらいまでやっているところは多いですし、「夜勤で仕事をしていて、始発で帰ってくる」ということにすれば自然になります。偽りの仕事をする場合は、その仕事内容などを調べておいて、聞かれても困らないようにしておきましょうね。

 

その2:接客中に合間を見て返信する

もともと昼間の仕事をしていて、キャバクラの仕事に転職したことを隠している場合、夜に働いているとは言いにくいですよね。

そんな時は、接客中のちょっとした合間にちょこちょこ返信するようにしましょう。キャバクラで接客中でも、ずっとそのお客さんに付いていることはあまりないですよね。ちょっと違う席に行くついでにトイレなどに行って、メールや着信があれば、簡単に返信しておきます。

待機中で暇な時などは自分からメールをして、家にいるアピールをするのもいいでしょう。ただ、携帯でごまかすことはできても、突然家に来られた場合はごまかせないので、相手も家にいることを先に確認しておくのが安全です。

 

その4:影武者を用意する

キャバクラで働いている時間帯は、影武者のところに転送するように設定しておいて、親や友達から連絡が来た場合は、その人に代わりに返信や対応してもらうようにします。

電話の声は、似ている人なら区別がつかないので、自分の声に似ている人を用意しましょう。あまり突っ込んだ会話はせず、後で折り返すように伝えて、自分に報告してもらいます。リアルタイムで対応できるので、疑われにくくなります。

ただ、毎回対応してくれる自分の声に似ている人を探すのは難しいですね。お金で人を雇うことになるのかもしれません。

 

その3:早寝の設定にする

働く時間を21:00以降にしておいて、その時間には寝る習慣であることを伝えておきます。寝ている間は返信や電話に出ることはできません。

事前にそう言っておけば、その時間帯に連絡してくることもなくなるでしょうし、遊びに誘われることもなくなります。
ただ、その代わり朝や昼に連絡が来るかもしれませんが、その場合は寝ていたと言えなくなるのでがんばって起きて返信しましょう。

 

その5:電話やメールに無頓着な人を装う

ふだんから電話に出なかったり、メールに返信しない人というのは存在します。それは珍しいことではなく、電話が嫌いな人であったり、面倒くさがりの人に多い特徴です。

「なんで電話やメールに出ないの?」と聞かれたら、「面倒くさくて」と答えればそれほど不自然ではありません。
ただ、日頃から携帯やスマホをいじるのが習慣で、親や友達もそれを知っているようなら、この作戦は通じにくいでしょう。

 

緊急の連絡には対応できるようにする!

このように、電話やメールならば後で返答するようにすれば、いろいろなごまかし方があります。

一番いいのは本当のことを言うことですが、それができないならば、せめてこの時間帯で働いていることくらいは伝えるようにしたほうがいいでしょう。何度電話しても出ないから心配して家まで来られてしまったら、家にいるというアリバイ工作は不可能です。

また、大切な親や友人に無用な心配をさせるのも良くありません。せめて、仕事中でも時々連絡は入ってないか確認して、簡単にでも返答するようにしたほうがいいでしょう。緊急の連絡があるかもしれないので、仕事中まったく見ないのはやめましょう。

ほかの仕事でも、休憩中にスマホや携帯を確認する時間くらいはありますよね。家に来られると、不在であることがバレてしまうので、やはり外で働いていることにするのが一番有効です。

 

記事一覧

代替テキスト

夜神つかさの水曜も夜ふかし|第三夜【ほんとうは教えたくナイ・・・LINE営業術】

2019/11/13
代替テキスト

平成のマリリンモンロー!北新地ランス 神田まやさんの意外な素顔に迫る。

2019/11/08
代替テキスト

歌舞伎町をはじめ、全国のシャンパンタワー制作を手掛けるイベント会社『ゴッサム』へ密着取材! 広報担当長根さんへのインタビュー!【動画あり】

2019/10/25
代替テキスト

歌舞伎町NOW 一条葵さん、バースデーイベント2Days密着レポート!!このイベントを最後に、ナンバーを降りキャスト兼総合プロデュースへ【動画あり】

2019/10/16
代替テキスト

何を求めて男はキャバクラに行くのか?デキるキャバ嬢の基本ルール

2019/11/15
代替テキスト

Memi presents ヘアメイク コンセプトバトル☆

2019/11/15
代替テキスト

キャバクラ嬢の目利き術!高年収の男性を見分けるときのポイント

2019/11/14
代替テキスト

キレイは内側から♪今日から始めるキャバクラ嬢のヘルスケア7つの習慣

2019/11/13
代替テキスト

キャバ嬢が売れるためにはボーイとの信頼関係も必要?

2019/11/12
代替テキスト

もったいない!美人なのに人気がない「ツンツン系キャバ嬢」の共通点

2019/11/11
代替テキスト

ズボラなキャバ嬢は要注意!無意識にやっている「太る習慣」ベスト5

2019/11/10
代替テキスト

保証は何もない!キャバ嬢は給料の未払いを自分で防ぐ必要がある

2019/11/09
代替テキスト

キャバクラで働く女の子に多い「ネガティブスパイラル」から抜け出すヒント

2019/11/08