初めての夜バイト…同じ水商売でもスナックとキャバクラはどう違う?/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

初めての夜バイト…同じ水商売でもスナックとキャバクラはどう違う?
1
更新:2019.09.20 作成:2019.10.31

夜のお仕事は、よく水商売と言われひとくくりにされますが、キャバクラ以外にもいろいろなお店があります。

特に混同されやすいのが、キャバクラとスナックでしょうか。

キャバクラで求人を探していると、たまにスナックの求人もまぎれてたりしますよね。キャバクラとスナックの違いをまとめてみました!

 

イメージの違い

ざっくり言うと、キャバクラは若い女の子がたくさんいて、お客さんの層は広く、若い人から中高年までさまざま。お店は広くてきらびやかな印象です。

スナックはというと、小さなこじんまりとしたお店が多いイメージですね。お店の主であるママがいて、数人の女性がお手伝いをしているような感じ。お客さんは常連の落ち着いた人が多そうですね。

 

キャバクラの定義

まずは、キャバクラとはどんなお店か簡単にご説明します。

キャバクラは、キャバ嬢がお客さんの席に着き、接客を行う飲食店のことです。

料金は時間制になっており、常に接客を行うことができる「風俗営業店」になり、深夜の営業は基本的に禁止されています。

 

スナックの定義

スナックとは、カウンターのあるバーや飲食店のことを指します。

女性主人の「ママ」がカウンター越しに接客をし、お客さん同士も会話を楽しんだり、カラオケをしたり、店全体で楽しむようなお店です。

スナックは、「風俗営業店」ではないため、お客さんの席の横について接客することはできません。営業時間に縛りがないので、明け方まで営業しているお店もあります。

 

接客体制の違い

キャバクラとスナックの定義の違いから、もっとも違ってくるのは接客体制の違いでしょう。

キャバクラは基本的にお客さんの横に座って常に接客をします。
お客さんも、それが目的でやってきますよね。

しかしスナックは、カウンター越しやお酒を運ぶ際にしか接客することはできません。そのため、スナックの魅力はママやほかの常連客と仲良くなって、アットホームな雰囲気でお酒を楽しむことでしょう。

 

客層やお店の雰囲気の違い

イメージ通りキャバクラは年齢層が広め、スナックはある程度落ち着いた年齢層のお客さんが多くなっています。
キャバクラでもキャバ嬢との会話を楽しむことができますが、店内は騒がしいことが多く、指名してもなかなか目的のキャバ嬢が来てくれないこともあります。

しかしスナックでは、ママはいつもカウンターにいますし、お客さんも少人数向けのお店なので、静かにお酒を飲みながら会話を楽しむことができます。

 

料金の違い

キャバクラとスナックで大きく異なるのは、料金設定です。

キャバクラは時間制で、大体60分セットで6,000円〜などの料金が決められています。さらに、キャバ嬢を指名したりボトルを入れたり延長するとその都度料金がかかります。

スナックの場合は、お店によりますが、チャージ料やセット料金などが設定されていて飲み放題のところもあったり、ドリンク1杯1,000円くらいが相場になります。

スナックはお店によって料金に幅があるので、最初に予算を提示したり、常連になるとツケにしてもらうこともできるので、融通が効きやすいと言えます。
スナックでも、キャバクラと同様に同伴出勤の制度があるお店もあります。

 

働いている女性の違い

スナックというと、あまり若い女性はいなそうなイメージもありますが、最近のスナックは若い女性も多く働いています。

お店の主であるママも30代の女性も少なくありませんし、お手伝いをしている20代の女性も増えてきています。

女性のタイプは、キャバクラでは派手目で明るい女性が好まれますが、スナックは落ち着いた女性も働きやすいです。シングルマザーや主婦の方が働いていることも少なくありません。肌を露出するようなドレスや盛ったヘアスタイルもあまり求められません。

 

キャバクラとスナックで働く場合の違い

まず、キャバクラの時給が平均3,000円くらいなのに対して、スナックの時給は1,500円〜2,500円くらいで、スナックのほうが少し低めです。

もちろん時給が安めなのには理由があります。

 

スナックで働く場合のメリット

キャバクラで働く場合は、ふだん着ないようなドレスと派手な髪型にしなくてはなりませんが、スナックでは比較的ふだんの服装に近い格好で働けます。

もちろんラフ過ぎるのはよくありませんが、キレイめな格好なら大体OKでしょう。売上を上げるのは、働く以上必要になりますが、お店の中で熾烈な競争があることは少ないので、無理にお酒を頼んでもらったり必要以上に営業をかけることもありません。

一番のメリットは、お客さんとの距離感があることでしょうか。
やはりお酒を扱うお店なので、酔っぱらいの人を相手にすることもあるでしょうが、となりにぴったり座って接客することがないので、セクハラやボディタッチなど、嫌な思いをすることも少ないでしょう。

また、お店の主であるママのお手伝いという位置づけなので、ママとの相性が良ければ人間関係で苦労することもあまりないでしょう。

 

夜のお仕事をしてみたいけど、キャバクラはちょっと不安という人は、スナックで働くという手段も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。