キャバクラは客のタイプも様々!色恋を求めてくる男性への接客術/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバクラは客のタイプも様々!色恋を求めてくる男性への接客術
1
更新:2019.03.21 作成:2019.04.22

キャバクラで働いていると、擬似的な恋愛を求めるお客さまに出会うことも多いです。「あの子可愛いな。なんとか自分のものにできないかな」と、気軽な感じで口説いてくる男性のお客さまは意外にたくさんいらっしゃいます。
もちろん、男性に対するある程度の駆け引きは要求されますが、中には本当にしつこく、時間をかけてまで落とそうとしてくる方もいらっしゃいます。周りは軽く流しているのに、自分はうまく流せず相手にしてしまう・・・と言って悩む嬢もいます。

そこで今回は、色恋を嬢に求めてくるお客さまへの対処法について、紹介していきたいと思います。

 

相手に主導権を渡さない

お金を持っているお客さまは、お金目当ての嬢にあえて近づいていって、お金で思い通りにしようとします。
もちろんお客さまですから、嬢はどんな人でも断ることはできません。しかし、相手に主導権を握られてしまうと、それはもはや店員と客の関係ではなくなってしまいます。

相手は、二人きりになった時やプライベートのデート時など、シチュエーションにもこだわって、嬢から主導権を取ろうとしてきます。「俺と付き合ってよ」とストレートに告白されることもありますし、やんわりとアプローチをかけ続けられることもあります。しかしいずれにしても、主導権は嬢の側にあります。相手の思い通りにはならない、キッパリと断るべきところでは断るようにする。店外でデートする場合は、店員と客という線引きをきちんとすることです。
少しでも相手との距離が縮まったなら、相手に主導権を取られる可能性もあるので、注意が必要です。

 

軽い駆け引きを楽しんでもらう

キャバクラは、楽しくお酒を飲み交わすお店であり、きれいな(もしくはかわいい)女の子とお客さまが、男性と女性という異性ならではの関係性を楽しむ場所です。
お金を払って来店しているとはいえ、女の子は男性に媚び、女性らしく振る舞うのが常ですし、それに合わせて男性も「その気」になっていきます。ここまではキャバクラによくあるシナリオです。

しかし「その気」になりすぎて目の前が見えなくなり、女の子に入れ込みすぎるお客さまも中にはいます。軽い駆け引きを忘れて、嬢を一人の女性として追いかけるようになると、少し厄介なお客さまになってしまいます。
嬢は、お客さまが本気になりすぎず、軽い駆け引きだけを楽しんでもらうように「線引き」をしていくことが大切です。何度もお店に通いたくなる、そう思わせるような駆け引きが理想的です。
したがって、ストレートに口説かれた時にいきなり「NO」と断るのではなく、「えー、どうしようかなぁ・・・」のような、「もしかしたら落ちるかも?」という余韻を適度に残すようにします。
絶対にあなたとは関係しない!と断るのでは、お客さまとしては面白くありません。しかし反対に、口説かれて素直に相手に落ちてしまうのも、キャバクラ嬢らしい対応ではありません。

 

一定の距離感を大切にする

特定のお客さまが自分のことを気に入って何度も通ってくださることは、キャバ嬢にとっては朗報。「営業の成果が出ている」ということです。

太客や固定客がつくのは素直に喜ばしいのですが、「頻繁に通って嬢に喜んでもらい、さらに絆を深めたい」と考えるお客さまは多く、度が過ぎてくると、本気で色恋営業を求めてくる可能性もあります。

嬢としては、相手がシングルでも既婚者でも、店員と客という一定の距離感をもって接する必要があります。相手が本気で仕掛けてきたとしても、そこに乗ってしまっては、一人のキャストとしては十分ではありません。
たとえお客さまが優しくてお金持ちで、見た目の良い人だったとしても、自分にアプローチをかけてきてすぐに相手になびいてしまってはキリがありません。
キャバ嬢は男性に夢を売るお仕事なので、作り話でかわすもよし、別の話にシフトして相手のアプローチを受け流すもよし。自分なりの「流し方」を体得し、相手に合わせて工夫して対応する必要があります。

もしもストーキングなどのトラブルに発展してしまったら、すぐにお店や警察に相談するか、同僚や場合の典型として、バッグやアクセサリーなどを買ってもらった上でのもつれです。 同僚やボーイさんなど、周りにいる人と連携して対応策を考えていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

キャバクラにはさまざまなお客さまが来店しますが、嬢に心から入れ込んでしまい、ストーカーのように変貌する方も中にはいらっしゃいます。
男女関係は、一度深みにはまるとなかなか抜け出すことができなくなります。
お店の知らないところで、嬢がお客さまとトラブルを起こしているケースもみられますので、それぞれの固定客や太客への「線引き」や「流し方」については、各キャストが心していかなければならないポイントです。

嬢のほうも、太客を掴むためにいろいろな営業活動をすると思いますが、あくまでも「軽い駆け引き」が重要です。お客さまを本気にさせすぎないように、加減していくことも重要です。