間違ったアフターで自爆するかも?キャバ嬢の「枕営業」とは/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

更新:2019.01.29 作成:2019.01.03
間違ったアフターで自爆するかも?キャバ嬢の「枕営業」とは
1
更新:2019.01.29 作成:2019.01.03

「枕営業」という言葉を聞いたことがありますか?

 

枕営業とはキャバ嬢がお客さんから指名を貰うために、アフターなどの時にお客さんとホテルに行くことです。

 

キャバクラですでに働いているという方なら、枕営業というものの話は誰でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

お客さんから枕営業を持ちかけられたことがあるというキャバ嬢も多いと思います。

 

もちろんキャバ嬢がみんな枕営業をしている訳ではありませんし、むしろ枕営業をしているキャバ嬢の方が少数です。

 

ですがお店によっては当然のように枕営業をしている場合もありますし、お店から枕営業をするように勧められるという場合すらあります。

 

キャバクラで働くには、枕営業をしなければならないのでしょうか?

 

キャバ嬢は枕営業をするべき?

キャバクラはお酒を飲んでキャバ嬢との会話を楽しむというところですので、本来であれば枕営業なんてしなくても良いことです。

 

女性とセックスをしたいという男性は、風俗というものがありますので、そちらに行くのが正解です。

 

ですがキャバ嬢はお客さんと疑似恋愛関係になって指名を貰うので、男性によって勘違いしてしまう場合もあります。

 

確かに指名してくれるお客さんは大切にしたいものですが、そこで枕営業を受け入れてしまったら、風俗で働いているのと変わらなくなってしまいます。

 

それならキャバクラよりもお給料の良い風俗で働いた方が良いですよね。

 

キャバクラで働いているキャバ嬢なのですから、お客さんから枕営業を持ちかけられた場合は、上手にかわすスキルが必要です。

 

枕営業で本当に指名は増える?

枕営業をすることで本当にお客さんからの指名を増やすことができるのでしょうか?

 

キャバ嬢の中にも「枕営業をすれば指名を取れるのでは」と考えてしまう子もいるようですが、必ずしも指名が増えるとは限らないのです。

 

一度一緒にホテルに行ってしまったキャバ嬢に、また指名をしてお金をつぎ込もうとするお客さんばかりではありません。

 

キャバクラではキャバ嬢に一生懸命になって、お目当ての子に頻繁に会いに来るお客さんも多いでしょう。

 

ですがそれはキャバ嬢が「手に入りそうで入らない」という存在だからです。

 

よく恋愛マニュアルにも、女性は男性をじらすことで本気にさせることができる、と書かれていますが、それと同じことです。

 

ですから、枕営業をすることによって一時的に指名が取れても、それがずっと続くかどうかはわかりません。

 

枕営業をすることで長期的な指名が取れる場合も確かにありますが、そうでない場合もあるのです。

 

枕営業をしなくても、たくさんの指名を貰っているキャバ嬢もいますし、そういったキャバ嬢は「手に入りそうで入らない」という立ち位置を上手にコントロールしているのです。

 

こんな危険性が!枕営業をすることのリスクとは?

枕営業は一時的に指名を獲得するには確かに有効な方法ですが、枕営業をすることのリスクにはどんなものがあるのでしょうか?

 

”トラブルがあった場合は自分で対処する必要がある”

風俗で働いている女の子であれば、何かトラブルがあった場合はスタッフに頼ることができます。

 

ですがキャバクラはもともと性行為を売っているところではありませんので、お客さんとの間に何かトラブルがあったとしても、サポートしてもらえない場合もあります。

 

枕営業をするということは、キャバ嬢自身で責任を取らなければならないということです。

 

”他のお客さんからも誘われる可能性がある”

一度枕営業をしてしまうと、お客さんの間でその噂が流れてしまうというリスクもあります。

 

お客さん同士が知り合いだった場合、枕営業をしているキャバ嬢の話を聞けば、次々誘われることもあります。

 

そうなるとお店を辞めなければならないという事態にまで発展してしまうでしょう。

 

”キャバ嬢の間で噂が広まる”

同じキャバクラで働くキャバ嬢の間にも、枕営業をしているという噂は流れかねません。

 

「指名が取れているのは枕営業をしているからだ」と悪評を流されてしまうリスクもあります。

 

悪い噂は流れやすいものですし、特に女性が多く働く職場では、そういった噂はあっという間にひろまってしまいます。

 

もしお店から枕営業を勧められたら・・・

枕営業をするということはこの様なリスクがあるので、自己責任とは言え、推奨できる営業方法ではありません。

 

お客さんから枕営業を持ちかけられたとしても、簡単に応じない方が良いでしょう。

 

もしお店から枕営業を勧められたことがあるというキャバ嬢は、お店を変えることをオススメします。

 

もしかしたらそのお店は、枕営業をすることが当たり前になってしまっているお店かもしれないからです。

 

安心して働けるキャバクラを探すには「キャバキャバ」が良いでしょう。

 

「キャバキャバ」なら全国の優良なお店がそろっていますので、枕営業を勧めてくるような怪しいお店は掲載されていません。

 

待遇やお店の雰囲気などもサイト上で知ることができるので、自分に合っているお店かどうかすぐにわかります。

 

もっと良いお店に移りたいと思ったら、一度「キャバキャバ」で検索してみてくださいね。

記事一覧

代替テキスト

夜神つかさの水曜も夜ふかし|第三夜【ほんとうは教えたくナイ・・・LINE営業術】

2019/11/13
代替テキスト

平成のマリリンモンロー!北新地ランス 神田まやさんの意外な素顔に迫る。

2019/11/08
代替テキスト

歌舞伎町をはじめ、全国のシャンパンタワー制作を手掛けるイベント会社『ゴッサム』へ密着取材! 広報担当長根さんへのインタビュー!【動画あり】

2019/10/25
代替テキスト

歌舞伎町NOW 一条葵さん、バースデーイベント2Days密着レポート!!このイベントを最後に、ナンバーを降りキャスト兼総合プロデュースへ【動画あり】

2019/10/16
代替テキスト

キレイは内側から♪今日から始めるキャバクラ嬢のヘルスケア7つの習慣

2019/11/13
代替テキスト

キャバ嬢が売れるためにはボーイとの信頼関係も必要?

2019/11/12
代替テキスト

もったいない!美人なのに人気がない「ツンツン系キャバ嬢」の共通点

2019/11/11
代替テキスト

ズボラなキャバ嬢は要注意!無意識にやっている「太る習慣」ベスト5

2019/11/10
代替テキスト

保証は何もない!キャバ嬢は給料の未払いを自分で防ぐ必要がある

2019/11/09
代替テキスト

キャバクラで働く女の子に多い「ネガティブスパイラル」から抜け出すヒント

2019/11/08
代替テキスト

1年半No2をキープした元キャバ嬢に「No1になれなかった理由」を聞いてみた

2019/11/07
代替テキスト

水商売あるある「キャバ嬢のマンション賃貸は難しい」の本当とウソ

2019/11/06