更新:2019.01.30 作成:2018.12.18
キャバクラでお客から口説かれたときの対処法と注意点
0
更新:2019.01.30 作成:2018.12.18

キャバクラに来店するお客さんの中には、キャバクラ嬢と「恋愛したい」と思い、お店に通い、指名することでキャバクラ嬢と近づきます。実際に恋愛に結びつくお客さんもいるのでしょうけど、大半は恋愛関係まで発展しません。

 

そもそも指名してくれるお客さんと恋愛関係になってばかりいたら、キャバクラ嬢としての仕事にも支障をきたしてしまいます。

ここでは、キャバクラでお客さんから口説かれたときの対処法と注意点を紹介していきます。

 

口説くのが目的

キャバクラ嬢を口説くのが目的なお客さんは、何回か指名をしてくれても、「自分に気がない」と判断すると、まったく指名をしてくれなくなります。

 

その代わり、次のターゲットとなるキャバクラ嬢を見つけると、また同じように指名を重ね、口説き落とすための努力をしていきます。

 

そういったお客さんは、比較的自由に使えるお金があるため、キャバクラ嬢としては、口説くこと以外の目的に誘導していくことが必要となります。

 

”色恋営業”

キャバクラ嬢を口説くことを目的とするお客さんは、短期間に集中してアプローチします。

 

例えば、毎日のようにお店に通い、そのたびにアフターのお誘いをするといった感じで、女の子を追い詰めていき、目的を達成するプランを描いています。

 

この場合の対処法は、「時間をかせぐ」ことです。

必ず相手(お客さん)のことを悪く思っていないし、むしろ好意的に捉えているような素振りをしていきます。同伴をしてもらい、デート気分を味わってもらうのも効果的です。

 

大切なことは、「口説けそうで口説けない」という状態を保つことです。

いろいろな伏線を張っていき、「もう少しで口説けそう」な感じを醸し出しましょう。

 

恋愛対象ではなく頼れる人に

口説き目的で来ているお客さんと、体の関係になってしまったとしても、その後はお店に来てくれなくなる可能性があります。

 

体の関係になった後、2回か3回はお店に来てくれるかもしれませんが、できるだけお店以外で会うことを求めてくるためです。

そうなると、結果的に売上にはつながらず、キャバクラ嬢としては残念なパターンに陥ってしまいます。

 

その残念なパターンにならないためには、先述したように「口説けそうで口説けない」状態のままでいてもらうことなのです。

そしていずれは口説き対象から、「応援したい」というファンのようになってもらえるのが、一番望ましい形と言えるでしょう。

 

”尊敬する存在”

男と女という関係ではなく、「尊敬する男性」という立場になるように導きます。

恋愛対象から大人の友達に変化させるという感じかもしれません。

 

”関係を続けたい”

尊敬する男性として、「これからもずっと付き合っていきたい」というアピールを少しずつしていきます。お店での接客時よりも同伴やアフターの時にする方が良いかもしれません。「相手を一人の人間として尊敬している」という態度は崩さないようにします。

 

”悩み相談”

「この子は俺に気を許している」のアピールとして、悩み相談をするのもひとつの方法です。「あなただから話せるのだけど…」という二人だけの秘密の共有をすることは、大人の友達関係に導くために非常に効果的です。

なぜならば、好意を持っている女性に頼られて嫌がらない男性は滅多にいないためです。

 

”仕事に専念したい”

キャバクラ嬢としての仕事が楽しく、未来の目的のためにお金を稼いでいることを話すことで、応援するファンのような立ち位置になってくれる男性は少なくありません。

同伴やアフターを断ることなく、人間として尊敬できる人との大人の友人関係として一緒の時を過ごせるようになれば、その後もお客さんとして来店をし続けてくれる確率が高まります。

 

アイドルのように

アイドルグループには、必ず推しメンと呼ばれるファンがついています。

センターを張るような目立つメンバーはもちろん、端の方で目立たないように見えるメンバーにも熱心なファンが存在します。

 

例えばアイドルグループの女の子を恋愛対象として「口説こう」と考えるファンがいないように、キャバクラ嬢も応援してもらう「推しメン」を多く持つことで売上がアップしていきます。

 

中にはアイドルと同様、売れっ子になった途端に離れていくお客さんもいるかもしれませんが、そこからはまた、キャバクラ嬢としての腕の見せどころでもあるのでしょう。

 

まとめ

キャバクラでお客さんから口説かれた時の注意点や対処法は、口説くことが目的のお客さんは、短期的に集中して同伴やアフターを誘ってくる傾向があるため、その時は指名が増えますが、なびく素振りがないことを感じ取ると、違う女の子にアプローチを開始します。

 

口説き目的のお客さんは、比較的自由にお金を使える立場の人が多いため、生理的に受け付けないなどの理由がなければ、良いお客さんになってくれる可能性があります。

恋愛対象ではなく、仕事を応援してくれる、人間として尊敬できる大人の友達という関係に導くことで、キャバクラ嬢としてステップアップすることができるかもしれません。

101/139