更新:2019.02.13 作成:2018.12.13
キャバ嬢の基本!「キャスト」と「ホステス」の違いって何?
1
更新:2019.02.13 作成:2018.12.13

キャバクラで働くキャバ嬢は、「キャスト」と呼ばれます。似たような言葉で「ホステス」というものがありますが、キャストとホステスの違いは知っていますか?夜の世界で働くなら知っておきたい基礎知識なので、違いについてご紹介します。

 

働く場所の違い

キャストは、キャバクラで働くキャバ嬢のことをいいます。キャバクラという言葉自体略語で、正式にはキャバレークラブ、ですね。キャバクラ嬢という言い方をすることもありますが、お店の中ではキャストと呼ばれます。キャバレークラブは、女性がお客さんの席につき、接待をしながらお客さんにお酒を楽しんでもらう場所です。

では一方でホステスはどうかというと、クラブで働く女性のことをいいます。男性のお客さんの元で女性のホステスが接待をするというお店です。クラブはキャバクラよりも料金が高めに設定されていることが多いです。

 

キャストとホステスの仕事内容

キャストはキャバクラで、ホステスはクラブで働く女性のこと、という違いはありますが、実は仕事内容にはそれほど違いがありません。お客さんをお店で接待して、お酒を作るのも同じです。そして会話でお客さんのお酒の席を盛り上げたり、気持ちよく飲んでもらうための接客をします。

キャストやホステスの役割は、お客さんの楽しんでお酒を飲んでもらい、喜んで帰ってもらう、ということですね。

ただし接客のスタイルは少し異なるところがあります。接待の人数に関してなのですが、キャバクラは1人のお客さんにつき1人のキャストという形での接待になるのですが、クラブはお客さん1人に2人以上のホステスがついて接待をします。これは単純に料金の問題もあります。クラブは比較的料金が高いので、その分接客も丁寧で接待の人数も増えます。高級クラブと呼ばれるようなクラブになると、より丁寧な接待になります。

 

働く女性の違いは?

キャストとホステスの仕事内容は似ているといっても、違いがあるのは年齢でしょうか。キャバクラはキャストが大体20代から30代前半まで、ということが多いです。中にはたらくキャストの年齢層が高い専門のキャバクラもあるのですが、やはり若さ重視、というところがありますね。

一方でホステスは比較的年齢層が高めの女性です。クラブ自体年齢層が高いお客さんがたくさん来店するので、その分ホステスの年齢層も高くなっているでしょう。年齢層の違いから、最初はキャバクラでキャバ嬢・キャストとして働きながら、夜の仕事に慣れていき、ある程度の年齢になったらクラブでホステスになる、という仕事のやり方もあります。

 

来店するお客さんにも違いがある?

キャバクラとクラブでは、来店するお客さんの雰囲気も違います。キャバクラは料金も安いですし気軽に来店できるお店になっているので、ごく普通のサラリーマンや、時には大学生まで来店します。でも高級クラブともなれば、そういうわけにはいかなくなります。料金が高くなる分、収入があるお客さんや社長・役員クラスのお客さんになるでしょう。かなりの稼ぎがある人がお客さんとなれば、売上も多く見込めますし頑張りがある、といえます。

その代わり、接客をするホステスにもスキルが求められます。

お客さんのお話に合わせていろいろなことを学び、知識を身につけておかなくてはいけません。もちろんキャバクラでも同じようにスキルは必要なので、決してキャバクラで働くキャストが楽に務まる、ということではないのですが、ホステスはさらに上のレベルが求められますね。

 

稼げる額も違う

キャストとホステス、どちらが稼げるかというと、ホステスですね。料金そのものが高いですし、接客も丁寧におこなうので、それに対する収入はキャストよりも大きくなります。でも、夜の仕事を始めたばかりの人にとっては、ホステスとして働くのは少し負担が大きすぎるかもしれません。とにかくバリバリ稼ぐために夜の仕事を頑張りたい、という人ならいいのですが、お金をもう少し稼ぎたいから夜の仕事をしてみたい、という人にとっては、なかなか続けられないでしょう。

まずはキャストになってキャバクラである程度の高収入を狙う、というのが若い世代である20代の女性にはおすすめです。人によっては夜の仕事が合わないこともありますし、さらに夜の仕事で頑張りたいとなれば、キャストからホステスへとなって頑張ることもできるでしょう。

 

夜の仕事にもいろいろある

夜の仕事とひと言でいっても、たくさんの仕事があります。お店の種類の違いはありますが、基本的にお客さんに楽しんでお酒を飲んでもらう、というところが、キャストにもホステスにも大事なポイントです。

あとはお店次第でルールが異なるので、それに合わせて仕事をすることになるでしょう。まず夜の仕事はキャバクラのキャストから始めてみるのがおすすめです。