更新:2019.01.29 作成:2018.12.07
地道な努力が身を結ぶ!売れっ子キャバ嬢が徹底している7つのこと
0
更新:2019.01.29 作成:2018.12.07

売れっ子キャバ嬢は必ずしも特別なルックスやスタイルの持ち主という訳ではなく、お店の中で普通レベルのルックスやスタイルのケースも多いです。ルックスやスタイルはあくまでも一つの要素であって、それ以上に重要になるのが話していてお客さんが楽しいかどうかです。お客さんが楽しめるように売れっ子キャバ嬢は地道な努力をしています。売れっ子キャバ嬢はどういった努力をしているのかを知れば、考えが変わるキャバ嬢もいるはずです。ここでは売れっ子キャバ嬢が徹底している5つ事についてのご紹介をします。

是非今後のキャバ嬢人生に役立てください。

 

周りの人間を立てる事の重要性

売れっ子キャバ嬢は決して周りの人間を貶しません。周りの人間を立てる事を大切にしています。例えば、お客さんが他のキャバ嬢の悪口を言った時、多くのキャバ嬢はその悪口に乗っかるのが事実です。しかし、売れっ子キャバ嬢はお客さんの意見に対して否定せず、共感を示しつつもフォローしてお客さんに謝罪しています。周りの人間の否定をしないというだけで、相手から見ての印象は大きく変わります。

たとえ自分が正しいとしても。周りの人間を立てるためにあえて引くという事も時には必要になります。相手が冷静になる機会を与えるための大きなポイントになるのが引くという事です。男性の中には自分の正当性を生きる中で証明したい気持ちが強く、たとえ自分が間違っている事に気付いたとしても、引くに引けなくなってしまう時もあります。売れっ子キャバ嬢はこの部分についての理解が深いです。お客さんを立てる事ができる魅力的な女性であると映れば、当然指名にも繋がってきます。

 

ボディタッチと目を見つめる合わせ技

売れっ子キャバ嬢はさりげなくボディタッチをしています。決してベタベタする訳ではありません。お客さんの不意を突き、さらっと触れるのがポイントになります。このさり気ないボディタッチがお客さんをドキッとさせる事に繋がります。頻繁にボディタッチをしても効果薄となるため、要注意です。そして会話をしながら目を見つめるのも一つのテクニックです。目を逸らす事なくじっと見つけられると、お客さんはドキドキします。目を見つめる事でお客さんの反応や気持ちを探る事もできます。

このボディタッチと目を見つめる合わせ技を上手に活用しているのが売れっ子キャバ嬢の一つの特徴です。お客さんをドキドキさせる事ができれば、もっと一緒にいたいと思うようになります。

 

名残惜しそうな振る舞い

フリーのお客さんの場合は、キャバ嬢は他の席に呼ばれた場合は席を離れないといけません。その時にさっさと席を離れてしまうのではなく、名残惜しそうな振る舞いをする事が大切です。そそくさと席を離れてしまうとお客さんは楽しい時間から一気に現実に引き戻されてしまいます。

その時指名されなかったとしても、お客さんは店内の状況を見ているものです。この席を離れる時の名残惜しそうな振る舞いがお客さんの心に引っかかり、その日や後日に指名される事もあります。当然接客時にはずっとニコニコと楽しそうにすべきです。これは指名されるかどうかは関係ありません。売れっ子キャバ嬢はプロとして常にお客様を楽しませようとしており、指名されるかどうかを先には考えません。

 

気品のあるトークマナーとは

気品のあるトークマナーの基本は相手が苦手に感じている事やコンプレックスを感じている話題をテーブルに挙げない事です。売れっ子キャバ嬢は当然心得ています。さらに、少しでも苦手と思った話題に関してはすぐにさりげなく話題ようにします。これらの事はお客さんを注意深く観察しているからこそできるものです。特に学歴や職歴などの過去に関しての事は苦手であるかどうかに注目すべきです。

お客さんは当然キャバクラに足を運んで楽しみたいと思っています。となると、当然お客さんが楽しめる話題で会話を進めるべきであるのは言うまでもありません。お客さんが楽しめるかは注意深く観察する事によって見えてきます。売れっ子キャバ嬢は特別な事をしている訳ではなく、常にアンテナを張っている状態でいるだけです。

 

誰しもができる事を当たり前に

売れっ子キャバ嬢が徹底している7つ事で特別なものは何一つありません。売れっ子キャバ嬢は誰しもができる事を当たり前に行っているだけです。今現在思っている程結果を残せていないキャバ嬢であっても、これから売れっ子キャバ嬢になれる可能性は大いにあります。意外にも、こういった当たり前の事の中に結果を残せていない原因があるかもしれません。しっかり意識すべき事を意識し、そして実践できるようにすれば良いだけです。地道な努力が必要であるものの、決してできない事ではありません。売れっ子キャバ嬢と普通のキャバ嬢の差はこういった目に見えない部分にあるもので、差を埋めるためには地道な努力しかありません。