更新:2019.01.29 作成:2018.11.30
キャバクラで店外デートに誘われたときの対処法とアドバイス
0
更新:2019.01.29 作成:2018.11.30

キャバクラ嬢を店外デートを誘うお客さんは存在します。
確かにキャバクラでかかる料金を考えると、お店の外でデートするほうが安上がりですからね。
とはいえ、お店に来てもらえなければ、売上にならないし、給料にも反映されません。
ここでは、キャバクラで店外デートに誘われたときの対処法とアドバイスについて解説していきます。

 

初見で店外デート

キャバクラに来るお客さんの中には、初めて来店した時に場内指名をしたキャバクラ嬢に、次は「外で会いたいね」と誘う人もいるようです。

次にお店に来て指名してくれるのであれば良いのですが、この手のパターンの人は、外でデートしてしまうと、お店には二度と来てくれなかったりします。
だってキャバクラに行かなくてもキャバクラ嬢とデートできるなら、そちらの方が良いですものね。お客さん目線で考えると。

なので、お店に来ない人=お客さんではない。という認識をしっかり持った上で、対処しましょう。
あまりにもしつこい場合は、きちんとお断りするのもひとつの方法です。

例えば、お店に「何度か」来てもらって、「お互いのことを知った後で、店外デートしましょう」という態度で接するのが良いかもしれません。
もともと店外デートだけが目的の男性なら、この段階で消えていきます。

 

店外デートはできません

店外デートを誘うお客さんの中には、キャバクラ(遊び全般)のシステムを理解していないだけで、将来的に良いお客さんになってもらえる可能性もあります。

そのため、どうして店外デートができないのかということを、きちんと説明する必要があります。

あくまでもキャバクラ嬢にとってキャバクラというのは、遊びに来ている訳ではなく、仕事の場として来ているのだということです。

合コンならともかく、仕事としてキャバクラ嬢をしているから、お客さんの接待をしていることを、優しく丁寧に話すことで、理解してもらいましょう。
この際、あまり厳しい口調になったり、感情的にならないように注意してください。
もし次に来店してもらえるようなら、良いお客さんになってもらえる可能性があります。

 

良いお客さんになってもらう

キャバクラに行くお客さんは、もともとキャバクラ遊びを好む人ばかりではありません。
たまたま2次会や3次会の勢いに任せて、誰かに連れてきてもらうパターンも案外あるものです。

そんな時にテーブルについてくれたキャバクラ嬢を気に入り、店外デートに誘ったは良いものの、丁重にお断りされてしまったとなると、その人は二度とお店に来ることはないでしょう。

「お店に何回か通ったら、店外デートもできるかもしれない」そうお客さんに思わせることができれば、次回以降の指名にもつながります。

店外デート=痛客と決めつけることなく、相手を見ながら接してみましょう。
先述したように、「お店で会いましょう」ということを、丁寧に説明していきます。
それでも、理解してもらえないのであれば、それはそれ、これはこれです。仕方のないことなので、あまり気に病まないようにしたいものです。

 

何度も来店してくれるお客さんの場合

キャバクラ嬢を店外デートに誘うのは、初めて来店するお客さんばかりではありません。
何度も来店して指名してくれるお客さんからのお誘いもあります。

この場合、「店外デートそのものをしたくない」のか、「面倒だからやめてほしい」のか、「今日は予定があるからデートできない」といった選択肢がありますが、その中でも「予定があるからデートができない」ことを伝えることが肝心です。

例えば、「昼の仕事をしている」であったり、「趣味の予定がある」とか、「祖父や祖母の介護の世話をしている」という「設定」を作っておくと、理解してもらいやすいかもしれません。もちろん、事実であればそれに越したことはありません。

それでも諦めずに店外デートを誘ってくるようであれば、「お店に行く1時間前なら時間が取れるので、食事をした後に同伴をしましょう」と女の子の方から持ちかけてみるのも良いでしょう。同伴の後は指名ももらえるため、一石二鳥です。

 

お店が終わった後の店外デートの誘い

キャバクラ店で遊んだ後に、キャバクラ嬢と外に食事に行くことを「アフター」と呼びますが、アフターではなく、単に「仕事が終わってから店外デートをしよう」と誘うお客さんもいます。(お店に来ない時点でお客さんではないのですが)

そんな時は、「閉店する前にお店に来てもらい、その後なら行っても良い」という返事をするのが効果的です。お店に来てもらえば「アフター」になりますからね。

 

SNSを使う

他のお客さんと同伴している様子をSNSで公開します。
そうすることで、店外デート=同伴という認識を持ってもらいます。
ただし、「他のお客さんもいるのだけど、あなただけは特別」ということをアピールしておくことも忘れないようにしましょう。

 

まとめ

キャバクラで店外デートに誘われたときの対処法は、キャバクラ嬢は「お店に仕事で来ている」「仕事でお客さんの接待をしている」ということを、丁寧に話して理解してもらう努力をすることが第一歩です。

そのことをお客さんに理解してもらうことで、次の指名にもつながっていきます。