接客中に「彼氏いる?」って聞かれたら・・答えは「〇〇です」が無難な件/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

接客中に「彼氏いる?」って聞かれたら・・答えは「〇〇です」が無難な件
0
更新:2019.10.02 作成:2019.12.16

キャバ嬢のお仕事の中で、必ずと言っていいほど男性のお客さんが気にすることがあります。それは、そのキャバ嬢に彼氏がいるかどうか、です。

キャバ嬢に対して恋愛感情、もしくは、とりあえず体の関係だけどもなりたいという男性はかなり多いので、その関係をつくる手始めとしてこれを聞く人がとても多いのです。

 

曖昧ににごしてお客さんに想像してもらう

そんな定番ともいえる質問ですが、実際キャバ嬢は可愛い子や美人な子が多いので、彼氏がいることが多いです。長く付き合っている人がいたり、何股もしているといった交友関係が派手な人も珍しくありません。いない方が珍しいというぐらいです。

しかし、彼氏がいますと素直に答えてしまうとお客さんは口説く気がなくなり、トーンが下がってしまうことが確実です。こんな場合、彼氏はいませんとはっきり答えてしまうのもいいのですが 、曖昧ににごしてお客さんに想像してもらうのが一番ベストな答え方です。

例えば、彼氏っていうのかわからないんだよね、と曖昧な関係であることを匂わせると、自分もいけるんじゃないかという風に期待させることができます。男性は、自分に気があると思わせれば落とせる確率はかなり上がります。お客さんだけにしか言ったことないんだけど実は、と話し出せば特別感もあっていいでしょう。

また、ベタな回答ですが”秘密です”というのもいい回答例です。
秘密とだけ言って、あとは全部にごしておけばオッケーです。お客さんは実際に彼氏がいるかどうかというよりは、プライベートで口説ける隙があるかどうかを気にしています。そのようなお客さん対策としては隙を見せることができるので良い回答です。

コミュニケーションが得意なキャバ嬢であれば、接客の中で笑いを取りつつうまくはぐらかすことができるのですが、普通のキャバ嬢の接客ではなかなかそうはいきません。この質問に対して笑いを取ることはなかなか難易度が高いので、シンプルな回答をした方がいいでしょう。

 

「彼氏になってくださいよ」はNG

また、やってはいけない回答がいくつかあります。

例えばやりがちな回答例としてあげられるのが、お客さんに対して彼氏になってくださいよと媚びる方法です。これは一見お客さんを喜ばせることができるので良いんじゃないかと思われがちで新人キャバ嬢がやりがちです。しかしこの回答では全くリアルな感じがしないので、軽いキャバ嬢としか思われません。

もともとキャバ嬢は見た目が軽そうと思われがちなので、それをより一層リアルにするだけになってしまいます。あまりキャバクラに慣れていないお客さんであれば嬉しいかもしれませんが、慣れているお客さんからすれば心は動きません。この、軽そうと思われてしまうことへの対策としては、具体的にお客さんのどこが自分とあっていていいと思っているのかを伝えることです。

話に具体性を持たせることは、接客する上でどんなシーンであってもとても重要なポイントで、納得感を出せます。漠然と、彼氏になってくださいと言うだけだと何も伝わりませんが、お客さんのいいところを褒めた上で伝えればリアルに感じられます。その際、相手との年齢差やいろんな違いがあったとしてもそれは考慮しなくても大丈夫です。

お客さんは40代50代になっても、自分はまだまだ現役で若い子にもモテると思っている人が圧倒的に多いので、フォローする必要はありません。

 

リアルな嘘をつくこともNG

続いてやりがちな回答例としては、何年何ヶ月ぐらいいない、とリアルな嘘をつくことです。これもやりがちな回答例なのですが、あまり好感は持たれません。ビジュアルのいいキャバ嬢をやるような女の子が、そんなに長い期間彼氏をつくらないというのはちょっと違和感があります。

また、具体的な期間をいうと嘘というのがバレてしまった時になんとなくいい気持ちにはなりません。嘘をつかれる関係でいることでも良いというお客さんであれば悪くありませんが、やはり真剣に好きになってしまうというお客さんに対しては、単に恨みを買うことにもなりかねないのでおすすめしません。

 

お客さんだからと言って本当の事を言う必要はない

最後にやりがちな回答例としては、心を開いているお客さんに対して、正直にいるということを伝えることです。恋愛感情を持たせるような関係ではなく、お友達のような雰囲気で話をしていたとしても、やはりどうやってもキャバクラなので彼氏がいるとわかった段階で気持ちは冷めてしまいます。そんなことを求められていないと思いがちですが、お客さんは全員あわよくばと思っていると考えて接客した方がいいです。

正直に言ってからキャバクラに来てもらえなくなってしまった、という場合もあります。やはり心が打ち解けたように見えても所詮はお客さんなので、正直に言う必要はありません。このように、彼氏がいるかどうかと聞かれた場合には、できるだけ隙を見せるのが間違いのないやり方です。仲のいいお客さんだからといって本当のことを言う必要は全くありません。

キャバクラには普段は見れない夢を見に来ているというお客さんが多いので、がっかりさせてしまわないように会話をしましょう。