いつまでたっても人気がでない売れないキャバ嬢の接客パターン/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

更新:2019.09.24 作成:2019.11.28
いつまでたっても人気がでない売れないキャバ嬢の接客パターン
2
更新:2019.09.24 作成:2019.11.28

ビジュアルがとても綺麗だったり可愛かったり、胸が大きくスタイルがいいなど魅力のあるキャバ嬢はたくさんいます。しかし、新人時期を経て、他のキャバ嬢のヘルプに入ったあともいつまでたっても人気が出ないキャバ嬢も意外と多いです。

見た目だけ見れば売れっ子キャバ嬢よりビジュアルが良かったり、新規指名はあったりしてもリピーターが少ないというのがこのようなキャバ嬢の特徴です。

このようなキャバ嬢の接客には、ある程度のパターンがあります。
売れないキャバ嬢は、その接客パターンを改善しなければその後も売れるようにはなかなかなりません。

 

自分の意思がない

まず、売れないキャバ嬢のパターンで多いのが“自分の意見がない”ということです。

お客さんが言ってきたことに対して同意はするものの、自分の意見は全く口から出てきません。そうなると、自慢したいだけのお客さんもそのうち飽きてしまいますし、そもそもコミュニケーションを楽しみたいお客さんには物足りなく楽しくありません。

キャバクラは褒めてほしいと思って来ている人が多いのではないかと思いがちで、実際そういうお客さんもいるにしても、そもそも人と人とのコミュニケーションなので、一方的に褒めるだけでは無難すぎてつまらないのです。

きちんとお客さんの話していることに対して興味を持って、理解した上で質問をすればもっと会話は盛り上がります。お客さんの話している内容になかなか興味が持てないという人も多いですが、キャバクラで接客する上でこれは必須のテクニックです。

キャバクラだけでなく、接客業全般で行うべきテクニックです。誰でも同じような褒め方をしていても、誰から接客されても同じと思われるのでリピーターにはまずなりません。ちゃんと分かってくれている、と思わせて初めてまた会いたいと思ってくれるのです。

 

自分の話ばかりする

次に多いのが、“自分の話をよくするタイプ”です。

なかなか盛り上がらないシーンで、気を使って自分の面白い話をしているという人もいますが、基本的にキャバクラはお客さんの話をうまく聞いてあげることが優先順位が高いので、あまり自分の話ばかりするのはおすすめしません。

キャバクラまで行って、キャバ嬢の話をニコニコ聞かされた、というような感想をもらすお客さんも少なくありません。逆の立場になってみれば、キャバ嬢とお客さんはかなり年齢差があることも多いので、なかなか心底共感できる話というのはありません。

お客さんに一度無理をさせてしまうとストレスを感じられてしまうので、リスクが高いのです。

自分の話は、相手の話を聞く上でのエピソードトークとして話すぐらいに留めておきましょう。聞く力の高さ、というのがコミュニケーション能力の高さでもあります。

 

暗い雰囲気が出でいる

また、売れないパターンとして多く挙げられるのは、“自信がなさそうにしゃべるケース”です。

一部では自信がなさそうにしゃべるタイプが好きというお客さんもいますが、キャバクラでは明るい子がモテます。そのため、仕事の愚痴やプライベートの愚痴などは絶対に避けましょう。

実際にそんなことは話していないという人でも、表情に出ていたり会話の端々に出てしまっている場合もありますので注意が必要です。

キャバクラのお仕事を楽しんでやっていて、お客さんの話もニコニコしながら聞ける、人を癒せる雰囲気を持っていることが売れっ子の特徴です。

 

メイクやヘアスタイルがいつも一緒だとつまらない

最後に、いつも見た目の雰囲気が同じということです。

これは接客とは少し離れますが、いつも同じようなヘアスタイル、ドレス、メイクだと飽きてしまいます。どれだけ綺麗な人でも、いつもギャップを楽しませてくれるような女の子の方が魅力的に見えます。セクシーにしたりフェミニンにしたり、大人っぽくまとめたりその日に合わせてイメージをつけてコーディネートしましょう。

印象がころころ変わると、お客さんをドキドキさせることもできます。たまにキャバクラによってはコスプレデーなどもあるように、いつもとのギャップというのはとても大事です。お客さんに対してサービス精神を持って、いろんな自分を表現してみましょう。

なかなか難しいという人は、売れっ子を真似してみることから始めるのもいいでしょう。売れない子の行動パターンはかなり偏りがちになっているので、新しい要素を入れる必要があります。売れっ子と売れない子の差は、意外とちょっとしたことの積み重ねであることが多いので、いろんな部分を意識してコミュニケーションをとってみるようにしましょう。

また、自分のキャラを見つけるということも大切です。いろんなタイプがいる中では、キャラクターがないと忘れられてしまうこともあるので、どんな人?と言われたらこんな人、とお客さんが答えられるようなわかりやすい個性を見つけると役に立ちます。

これは、タレントやモデルなどと同じことが言えます。基本的に、キャバクラかそうでないかはそこまで関係はなく、一般人でもモテる人はキャバクラでもモテます。たくさんのテクニックを身につけて、売れっ子になっちゃいましょう。