人のフリ見て気をつけたい!! “キャバクラバイトが彼にバレる原因”あるある
0
更新:2019.06.25 作成:2019.08.12

付き合っている彼氏がいる時に、キャバクラでバイトしている人も少なくありません。

彼氏によっては容認してくれる人もいますし、彼氏が元はお客さんだった場合などはキャバクラで働くことに理解を示してくれると思いますが、やはり大半は彼女がキャバクラで働くのはいやだと思いますよね。

彼氏にバレないように気をつけていても、ふとしたことでバレてしまうこともあります。

彼にバレた時のよくある原因を知ることで、あなたはバレないように気をつけてくださいね!

 

彼がお客さんとして、自分の働いているキャバクラ店に来店!

もっとも決定的でもっとも気まずいバレ方ではないでしょうか。

彼も男性ですから、絶対にキャバクラに来ないとは言い切れません。
キャバクラに来ないようなタイプでも、友達や上司に誘われたり、飲み会の流れでむりやり連れてこられるという可能性もないとは言えません。

働いているところを見られたらどうにも言い逃れできないので、彼の行動範囲にあるお店では働かないようにしましょう。

 

彼と自分の共通の知人が来店!

彼と共通の友人や知人が来店する可能性は、彼が来店する確率よりは高くなりますね。その人数が多ければ多いほど・・・。

すぐに気がつけば身を隠すこともできますが、接客してる途中で気付かれたら大変です。黙ってくれる人ならいいのですが、いつバレるかと気が気ではなくなりますね。

いずれ知人からバレるのなら、自分から明かしてしまったほうがいいかもしれませんね・・・。

お店で遭遇しなくても、お店の付近で見かけた情報が知られてしまうと、あらぬ疑いをかけられてしまいます。

 

お客さんへのメールを見られた!

携帯やスマホからバレるのが一番確率が高いでしょうね。

お客さんはこちらの事情はおかまいなしに好きな時間にメールや電話をしてくるので、頻繁に連絡が来るのをあやしまれるでしょう。

それに対して隠れるように返信しているようなら、まず浮気を疑われるでしょう。その結果、ふだんならしないような彼でも、携帯を盗み見するようになってしまいます。

そして、お客さんとのメールのやり取りが発覚して、キャバクラで働いていることがバレてしまいます・・・。

決定的な証拠があるので、言い逃れできませんね。

彼がいる時は、プライベート用と仕事用の2台持ちをして、仕事用は電源を切っておくのが無難ですね。

 

待機中に彼に連絡をしてあやしまれる・・・!

キャバクラでバイト中、お客さんが来なくて暇な時、ついつい彼氏にメールを送ったりしていませんか?

それ自体はおかしいことではありませんが、居酒屋などでバイトしていると嘘を付いている場合、居酒屋がそんなに暇なのかと不審がられてしまいます。

偽りの仕事中はきちんと仕事に従事しているフリをしましょう。

 

つい源氏名を言ってしまった!

一人称を名前で言う人の場合、接客中に源氏名で甘えることもあるでしょう。

彼氏と仲良くしている時に、うっかり源氏名で自分のことを言ってしまってバレることもあります。

バレないようにお店では自分と違う源氏名を使うことも必要ですが、使い分けを間違えるととんでもないことになりますね。

 

職業病が出てしまった!

キャバクラで働いていると、接客マナーが身につくのはいいのですが、明らかに素人ではない仕草が無意識に出てしまうこともあります。

たとえば、彼がタバコをくわえた瞬間にライターでサッと火を付けたり、お酒の作り方が異様に手慣れていたり、キャバクラの専門用語を使ってしまったり、キャバクラでしか通じない仕草をしてしまったり・・・。

元からそういう人ならそれほどあやしまれないかもしれませんが、付き合いだしてから身についた仕草は、彼にとっては不審なものです。

仕事に励みすぎて、無意識に出ないように気をつけましょう・・・。

 

金遣いが荒くなった!

キャバクラで働いて高収入を得ると、どうしても欲しかったブランド物のバッグを買って、買ったからには使いたくなりますよね。

それはもちろん彼とのデートで使いたいでしょう。

無頓着な人なら気が付かないかもしれませんが、段々高価なものを身につけるようになったり、彼へのプレゼントも高いものになってくると、どうしてもあやしく思われてしまいます。

高いものを持っていると、ほかの人にプレゼントされたのかと、浮気を疑われてしまう可能性もあります。

 

バレる前に打ち明けるのもありかも?

彼女がキャバクラで働くのは、彼にしてみればうれしいことではありませんが、不審な行動が増えて浮気を疑われたり、後からバレて別れるようなことになるくらいなら、先に打ち明けて理解してもらったほうがいいのかもしれません。

もし、彼がどうしても嫌だと言うのなら、そこまでしてキャバクラで働く意味はあるのかもう一度考えてみましょう。

でも、絶対にバレない自信があるのなら、貫き通すのもいいかもしれませんね!

無意識の行動は、自分でも気付かないレベルで出てしまうので、充分気をつけてくださいね。