更新:2019.04.26 作成:2019.04.26
アルバイト キャバクラ 自由出勤
0
更新:2019.04.26 作成:2019.04.26

昔のキャバクラはノルマや罰金のせいで最低限の労働日数も多く、遅刻や欠勤に厳しい業界でしたが、近年では罰金を伴うノルマは課せられず、厳しさも緩和されて働きやすい環境になっています。特に出勤形態もかなりフレキシブルになってきており、アルバイトでも自分の好きな時に働けて、シフト制より時間の融通が利く、自由出勤のお店が年々増加中です。

この日は働きこの日は休むと言う予定表を作るのはシフト制のアルバイトと同じですが、急な事情で仕事を休んだり、逆にその日が暇になったから予定にはなかったけど働くということが許されるのが自由出勤になります。キャバクラでは皆勤賞でボーナスが出る店もあるので休まないに越したことはありませんし、休むにしても連絡を入れなければ怒られるのは当然ですが、休んだからと言って罰金を取られるような理不尽はありません。

日数についてもかなり自由が利くので、普段は他の会社に勤めていたり学生をしているけど、週に1日だけアルバイトをしてお金を稼ぐために、時給の高いキャバクラを選ぶ方も増えています。キャバクラは夜遅くまで働いたり、お酒を飲むことが多い仕事で、疲れやお酒が残りやすい人には大変かもしれませんが、自由出勤なら無理をすることなく働くことが出来るでしょう。