更新:2019.01.09 作成:2016.10.24
歌舞伎で生きる女。第2回 三遊亭めい(Tonight3)Part 2
10
更新:2019.01.09 作成:2016.10.24

水商売歴11年。歌舞伎町歴9年。

自らの城を築いた三遊亭さんゆうていめいが自店5周年を前に語る「想いほんね

歌舞伎町で知らぬものはいないであろう 三遊亭さんゆうていめい。キャバ嬢を経て誰しもが憧れる『牙城』を築き上げたオーナー。

どこか勝気で歯に衣着せぬ言動は、自らが生きてきた道を悔いていない者の証だろう。

しかし、そんな彼女にも苦悩と挫折はあった。

夢を追い、夜の世界に飛び込んだ彼女が語る華やかな時代・独立・妊娠・結婚・オーナーとしての今…。

『Tonight3』5周年を目前に控えたオーナー三遊亭さんゆうていめいが語る壮大なロングインタビュー。

Profile

キャスト:三遊亭めい

在籍店舗:トゥナイト3
生年月日:5月11日
取  材:めぐたん

歌舞伎町で生きる女。Part 2

 

————高校進学後の進路は?

めい:大学は行かずに、青年座研究所(※)に行きました。その頃にはもうクラシックバレエの回数は少し減らして、ダンスのインストラクターもやってて…。

※青年座研究所:高畑敦子らが所属する劇団の演劇学校

 

————また新たな職業が飛び出しました。それはギャランティが発生するお仕事なの?

めい:はい、頂いてました。週2~3回やってて。高校3年の冬にオーディションを受けて、春から働く契約だったんですけど、インストラクターが足りないってことで急遽オーディション後即働くことになって。

 

————ダンス自体は何歳からやってたの?

めい:13歳かな。中学2年の時に初めてミュージカルに出た頃に『舞台をやるには一通りの踊りをやっておいた方がいいな』と思って。都内まで、色んなジャンルのダンスレッスンを受けに行ってましたね。高校は私服だったので、学校が終わってそのまま都内のクラブに行って、ダンスがうまい人を見つけては研究したり。ちゃんと終電までに帰ってました。

 

————本当にハードな日々だね。

めい:だから、高校3年の時にお付き合いした子には『全然遊ぶ時間ないじゃん!』ってよく言われてましたね。その子とは半年ぐらいで終わっちゃって…短かったですね。私、頭のいい高校に行っちゃったんですけど、早いうちに勉強についていけなくなっちゃって、すごい成績が悪かったんですよ。でも、彼はすごく成績優秀な子だったんで、受験の時期に先生に呼び出されて『お前、邪魔すんなよ』って怒られたこともありました。

 

————余計なお世話だね。そして、今のところ水商売のみの字も出てこないね。

めい:10代の頃は、水商売なんて絶対無理だと思ってました。男に媚を売る仕事なんてキモっみたいな(笑)。ダンスのインストラクターと、イベントコンパニオンで稼いでました。展示会とかパチンコ屋さんの仕事とかやってました。

 

————イベントコンパニオンは何歳ぐらいまでやってたの?

めい:昼間働く感覚は忘れちゃいけない、みたいな、変な葛藤があって、イベントコンパニオンは結構長くやってましたね。23~24歳までやってましたね。

 

 

————青年座の研究生ってことは、学費も払わなきゃいけないよね?

めい:青年座研究所の学費は、年間50万ぐらいだったかな?そこは親が払ってくれました。研究所は2年間あって、1年目が終わると半分はそこで切られるんです。更にその1年後、1人か2人くらいが劇団員になれるんです。私、すごい青年座が好きで、『入団したい!』の気持ちが強くて入ったんですけど、いざ入って、劇団員になれる人の傾向を見ていると、演技の上手い下手よりも、その時その時の劇団のバランスで、欲しい人材って違うんだろうな、と感じて。私は2年目の合格通知も貰ってたけど、このまま通ってても劇団員になれるかどうかは分からないし、教えられている内容も、自分が過去にいた劇団や事務所でやってきたことと似ていたから、だったらもっと現場に出たいなぁ、と思って、2年目には行かずに辞めました。それで、自分でオーディションに応募して、いくつか舞台に立って。1年後は音楽座ミュージカルRカンパニーというミュージカルの劇団に入団しました。音楽座も1年いましたね。

 

————音楽座を辞めるきっかけは?

めい:ミュージカルに出たかったんですけど…この時期が私の人生を1番狂わせた時期かも(笑)。よくある話なんですけど、役は付かなくても、いつも稽古場にいなきゃいけないし、先輩たちのどの役をいつ振られても出来るようにしていなきゃいけないし、キャスティングされてなくてもセリフを全部覚えなきゃいけないし。ダンス部という所に配属されたんですけど、振付師にいつもついて、振り付けも全て覚えて。誰かが怪我をしたらいつでも入ってやろうっていう、虎視眈々としたメラメラ感も常にあって。でも、キャスティングされてない人間は、それらをこなしつつ、DM発送やファンの方への営業電話、ファンの方へのお手紙書きとかもやるんですよね。

 

————かなり長時間拘束だね。。

めい:そうなんです。だから、自分の技術向上のためのトレーニングやレッスンをする時間がほとんど取れなくて。さらに、キャスティングされてなくても、チケットを売らなきゃいけなくて。

 

————チケットの販売ノルマってやっぱりあるの?

めい:ノルマはないんですけど、チケットの販売成績次第でキャスティングに関係してきます、っていうのはよく言われましたね。実際に、キャスティングされてない子が、200枚のチケットを売ってきて、急遽キャスティングされるとか。出演してなくても、作品を愛していればチケットを売れるはずだ、って。それが結構ストレスでしたね。でも諦めたくなかったし、頑張りたかったし、限られた少ない時間に良いレッスンを受けに行きたくて。お金が必要で。そこで初めて水商売に行きました。

 

————最初のお店はどんなところでしたか?

めい:20歳の時、東大和のお店に入りました。当時は本当にうしろめたくて、人にバレたくなかったんで、所沢から通えて、所沢の人がいなさそうな所を選びました(笑)。スナックみたいな感じのキャバクラでした。

 

————初めての水商売の感想はどうでしたか?

めい:楽しくなかったけど、その時のスタート時の時給が3300円で、そんなに貰える仕事をしたことがなかったから、すごい楽だなぁ、と思っちゃいましたね。私、その時は考え方が間違ってて、この仕事は男の人に媚を売らなきゃいけない…色恋をしなきゃいけないんだと思ってたから、一生懸命それをやろうとしてて。そこがちょっとしんどかったんですけど、まぁそれをやれば時給3300円貰えるんだ、という思いはありました。

 

 

————その時はどのぐらいのペースで働いてたの?

めい:週2ぐらいかな?水商売に対してまったくやる気がなかったのと、劇団が忙しすぎて。

 

————東大和のお店は長い間働いていたの?

めい:いや、全然。その後は国分寺のお店に行きました。それから拝島のお店に行って、拝島のお店が潰れちゃって、系列店の小作のお店に移動する間、福生にある系列店で預かってもらったりして。その後、本厚木のお店に入って。本厚木はセレネの系列店だったんですけど、あの店が1番接客指導に対して厳しかったですね。色々教えてもらって、すごく勉強になりました。

 

————この、東大和のお店から本厚木のお店までが、何歳の頃?

めい:20歳から22歳の終わりまでですね。結構短い間に色んなお店を転々としてましたね。その間に音楽座のほうは『やってらんない!』と思っちゃったんで、1度も舞台に立つことなく、1年で辞めちゃって。でも、舞台に立つ夢は諦めたくなかったから、オーディションを受けて舞台に立つ日々に戻りました。

 

————本厚木の次が、確か歌舞伎町デビューだったよね。

めい:そうです。22歳の2月に初めて歌舞伎のお店に入りました。『ディバイン』っていうお店でした。

 

————何故、本厚木から歌舞伎町に出てこようと思ったの?

めい:本厚木で働いてた頃、何人か都内で働き出した子がいて、稼げるって聞いてたから、新宿にあったエーラインっていう紹介会社に行ったんです。でも私、当時この仕事をナメてたんで、『週1~2回だけ働きたい。終電上がりで、自由に働きたい』って要望伝えて。『そんなんじゃ無理だよ。こっち(歌舞伎)の子は本気だし、可愛い子もいっぱいいるし、整形する子もいっぱいいるし、そんな生半可な気持ちだと出来ないよ』って帰されて(笑)。その時の担当さんとは今もご縁があるので、「あの時追い返されてムカついたんたけどー!!」なんて笑い話をしますね(笑)。

 

————なかなか手厳しいね、エーラインさん(笑)

めい:でも、本厚木で働きながらも、やっぱり歌舞伎は稼げるんじゃないか?っていう気持ちはあったんで、スカウトされたら連絡先は交換したりしてて。で、22歳の年末の時に『ディバイン』が人手不足でヘルプを募集しているっていう連絡がスカウトマンからきて、じゃあお正月だけヘルプに行こうって思って行ったのがきっかけです。それで、従業員の人から『うちで働かない?』って言われて、在籍するようになりました。

 

————歌舞伎町に来て、最初のお仕事の印象は覚えてる?

めい:楽しかったですよ。実は前にいたお店のほうが、礼儀や姿勢や振る舞いに厳しかったので、前のお店で教えられたことをちゃんとやっていれば、歌舞伎町でも案外やっていけるかも、と思って。あと、来て思ったのが、エーラインさんで言われていたよりも、もっとふわ~っとした子が多い…歌舞伎に来る前の私みたいな『歌舞伎町は稼げる』というだけで来ちゃった子が多いな、と思いました。

 

————歌舞伎に来た時は、まだステージに立ちたいという思いはあったの?

めい:ありましたね。やってました。音楽座を辞めてからは、舞台メインの事務所とTVメインの事務所に在籍してて、そこからもらったオーディションを受けたりしてました。深夜の通販番組で、ダイエット器具の使用モデルとかもやりましたよ。お店の女の子たちが帰宅すると、TVに私が出ていて、ダンスで鍛えた身体で健康器具の使用例をやってるのが放送されてるから、翌日『めい、昨日また出てたね』とか言われたりしてました(笑)。

 

Part 1へ Part 3へ

お店紹介

Tonight3(トゥナイト3)
東京都新宿区歌舞伎町1-2-7
ダイカンプラザ星座館ビル5F
03-6228-0059
OPEN 20:00
店休日 無休

トゥナイト3の詳細はこちらから