リスト?キャッシャー?キャバクラならではの業界用語まとめ
0
更新:2019.03.06 作成:2019.03.22

その業界それぞれの業界用語、ってどの世界でもありますよね。その場所で働いている人にしかわからない暗号のような言葉とか、そんな言い方するの?ってこともあります。キャバクラの世界でも、業界用語があります。

キャバクラ嬢としてキャバクラの世界で働くのでああれば、きちんと業界用語について学んでおきましょう。

 

アフター

お店の営業が終わって、その後お客さんと違うお店で飲んだり、食事をしたりというものです。当然お客さんのお金で…ということになるので、お店での接客の延長線であると考えられますね。アフターをすることによって、よりお客さんの心を引き留めておけますし、また指名してもらうためにはアフターもある程度お付き合いが必要ですね。

ただし、お客さんによってはアフターでホテルに連れ込もうとするような人もいます。そのようなときは、お客さんだから…と遠慮するのではなく、しっかりとノーを伝えましょう。

 

 

同伴

アフターの反対で、お店の営業前にお客さんと会って、食事をしたり買い物をしたり、デートのようなものですね。同伴出勤などとも言いますが、同伴で食事やショッピングを楽しんだ後に、そのままお客さんとお店に行って、お店で飲むという流れになります。同伴をすることで確実な来店につながるため、売り上げもついてきます。

またお客さんには同伴料金が加算されますが、その分キャストにはバックされるので、キャストにとっても同伴はメリットがあります。

 

リスト

キャバクラでは、キャバクラ嬢だけではなく黒服も仕事をしています。黒服はお店全体を円滑に営業させるためにとても重要な役割を持っているのです。リストというのは、黒服がおこなう業務の一つです。

お店にとって頭脳となる仕事で、バックヤードにて伝票・タイマーの整理をします。正確に管理をすることによって、会計にミスをなくすことはもちろんですし、指名が被ってしまったときなどに、時間配分を公平にしてお客さんが不満を感じないようにしています。

 

キャッシャー

お店の料金を会計するところ・またお店の会計を担当するレジ係のことです。ほとんどのキャバクラでは、黒服が担当しています。中には会計専門の男性を配置しているところもあります。お客さんのセット料金や指名料金、飲食にかかった費用などを正確に記入して、お客さんへと支払いを依頼、そしてお客さんから預かった現金やクレジットカードなどで処理をします。

 

ナンバー

お店では、たくさんのキャバクラ嬢が上を目指しています。ナンバーワンはその名の通り、お店で一番人気がある、一番売り上げが高いキャバクラ嬢のことをいいますが、ナンバーというのは、ナンバーワンの人を含めて上位の売上・人気があるキャバクラ嬢のことです。憧れの意味を込めて、ナンバーと呼んでいます。

 

サービス料

お客さんの支払いには、サービス料が加算されます。これはおもてなし料ともいえますね。料金システムとしては、看板などの料金プラスサービス料ということになっています。

料金の説明はキャバクラ嬢がするものではないので、詳しいことは知っておかなくてもOKなのですが、料金形態について全く何も知らない、というよりも、仕組みだけは知っておいたほうがいいですね。

 

 

場内指名

指名には2種類あります。本指名はお店に入る前から指名したい女の子が決まっている場合、場内指名はお店の中に入ってから女の子を指名する場合、となります。指名がないお客さんの席について話をしながら、もっとお話ししたいから場内指名してほしいなぁ…とお客さんに自分自身でお願いすることもできます。場内指名をしてもらえば、次の来店で本指名をもらえる可能性も高まります。

 

坊主

その日1日、指名をもらえなかったときの言葉です。今日は坊主だった~=指名が1人もなかったという意味ですね。毎日ずっと指名ばかりというキャバクラ嬢はごくわずかで、お客さんの都合が悪い時が重なってしまうとか、坊主になるときもあります。

キャバクラ嬢にとっては坊主の日こそ大切で、時間がある分お客さんに営業メールを送ったりもできますし、本指名につながる場内指名をしてもらうためのアピールもできます。

 

ペナルティ

遅刻や欠勤などで、お店に支払う罰金のことです。キャバクラの世界も一般企業と同じで、遅刻や欠勤はあるべきものではありません。指名しようと来てくれたお客さんも、目当てのキャバクラ嬢が遅刻や欠勤などでいないとなると、また今度にしようと帰ってしまう場合もあります。その分の売上がマイナスになってしまうお店としては、しっかりとペナルティを設けて、遅刻や欠勤を管理したい、ということですね。

 

お店の主役であるのはキャストですし、キャバクラはキャストがいないと成り立ちません。

社会人としての当たり前のマナーになるので、ペナルティを受けないように…と考えるのではなく、当然のこととしてマナーを守って勤務してくださいね。