更新:2019.03.14 作成:2019.03.18
売上アップの秘訣!フリーの客を大事にして指名につなげる方法
0
更新:2019.03.14 作成:2019.03.18

キャバクラでは、お店に来店する前から指名したいキャバクラ嬢がいる場合と、そうではなくてキャバクラで飲みたい、キャバクラ嬢は誰でもいい、というようなフリーの場合があります。

フリーのお客さんには、20分おきぐらいでキャバクラ嬢が入れ替わり、接客をすることになります。
フリーのお客さんが来た場合、誰にでも指名をもらうチャンスはある、ということです。
元々フリーでしかキャバクラには来ないお客さんもいますが、気に入るキャバクラ嬢ができれば、次からそのキャバクラ嬢を指名して通うという人も多いです。

そうなるためにはまず、フリーのお客さんに気に入ってもらわないといけないですよね。
指名をもらうことができれば、当然自分自身のお給料アップにもつながります。

 

指名がないと収入が増えない?

キャバクラ嬢は時給制でお給料が支払われるのですが、指名があるとポイントバックといって、収入が増える仕組みになっています

指名が多いキャバクラ嬢はその分稼いでいる、ということです。もちろん指名をもらうために頑張っているので正当な評価といえますが、指名がもらえないとキャバクラ嬢としての収入は増えません。
時給だけで満足というキャバクラ嬢もいるかもしれませんが、やっぱり稼げるほうがいいですよね。

指名をもらって、収入を増やしましょう。

 

フリーのお客さんは争奪戦

フリーのお客さんから指名をもらう場合、まずは入店してからの場内指名を狙うことになります。場内指名がもらえれば、連絡先などを交換して次の指名をもらうために営業メールをしたりできますよね。本指名をもらえるようになれば、もう自分のお客さんとして次からはお店に来てもらえます。

でも、誰もが指名をしてもらうのを狙って接客をしていることを忘れないでくださいね。
フリーで入ってきたお客さんが次から違うキャバクラ嬢を指名していたら、そのキャバクラ嬢との戦いに負けた…ということです。

より収入を増やすために、フリーのお客さんからの指名を狙うキャバクラ嬢はとても多いのです。争奪戦なので、指名を狙うキャバクラ嬢の群れから、一歩抜け出す実力と魅力が必要です。

 

フリーのお客さんを指名につなげる方法

・挨拶、礼儀、笑顔を大事にする
第一印象はとても大事です。フリーで来たお客さんの指名を得るチャンスは誰にでもあります。だからこそ、第一印象で勝負を仕掛けましょう。

といっても、相手の好みはどんな女性か、見ただけではわかりません。しかし、どんな相手でも確実に好印象なのが、笑顔・礼儀・挨拶ができるようなキャバクラ嬢です。
話をしていても笑顔で聞いてくれるだけでいいというお客さんも多いですし、ちゃんと挨拶ができる、礼儀があるというのは人としてのマナーです。可愛さや美しさがあっても、人としてのマナーがなっていないキャバクラ嬢はお客さんから敬遠されてしまいます。指名もされないでしょうし、ひどい場合はお客さんから拒否されてしまうことも…そんなの辛いですよね。
人としてのマナーは、キャバクラ嬢にも必要です。

 

・指名してほしいとアピールしすぎない
指名が欲しいのは誰だって同じです。指名があればキャバクラ嬢のお給料が上がる、というのもキャバクラに来たお客さんなら当然知っているでしょうだからこそ、キャバクラ嬢が指名をもらうことに必死になるのは、お客さんにあまり好まれない行為なのです。
必死過ぎる姿勢を見て可愛いなと思ってくれるお客さんもいるかもしれませんが、反対に引いてしまうお客さんのほうが多いですね。そうなってしまったら、指名をもらえる可能性は少なくなります。
自分の収入に関係するからと必死になる気持ちはわかりますが、お客さんとしては、お酒を楽しく飲むのが目的です。キャバクラ嬢としても、お客さんに楽しく飲んでもらうことを一番に考えて接客してくださいね。

 

短い時間で虜にさせる

フリーのお客さんには、キャバクラ嬢が入れ替わりで席につくことになります。その間に接客をしたキャバクラ嬢が、フリーのお客さんの場内指名をもらう…というパターンが多いですね。
入れ替わりなので、だいたい20分ぐらいで交代になります。お酒を作ったり自己紹介をしていたりすると、あっという間に制限時間が来てしまいます。その時点で、もっと話をしたいな…もっと一緒にいたいな…と思ってもらえるようなキャバクラ嬢を、お客さんは場内指名するのです。

ここで難しいのは、制限時間の中で自分をどうやってPRするか、なんですよね。とにかく自分を全部知ってもらいと短い時間で話をしすぎても、もうその時間だけでお客さんは満足してしまい指名をもらうことができません。

でも反対に、あまり何も話さないようなキャバクラ嬢でも、何を考えているかわからない、一緒にいてもつまらないと判断されてしまい、指名をもらうことができません。
適度な距離感で、もっと話がしたいな…と思ってもらえるような関係が大切です。