どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方
どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方
1
更新:2022.05.24 作成:2022.05.23

男性が癒しを求めるために訪れるオアシスがキャバクラですが、キャバ嬢として働いていると何度も同じ質問に遭遇してしまうことがあります。

人によってややばらつきがあるかもしれませんが、鉄板の質問はありますし、それにどのように答えるかによって今後お客さんになってくれるかどうかが変わってくることもあります。

もっとも多い鉄板の質問としてよく話題に上るのが「好きなタイプは?」というものですが、これも答え方一つでお客さまに与える印象が大きく変わってきます。

毎回聞かれるからといって適当に答えているようでは一流のキャバ嬢とは言えませんから、好きなタイプを聞かれたときの正しい答え方を身につける必要があります。

 

果たして自分はこのキャストにとってタイプなのかどうなのか、というのは男性客として気になるところです。

そのため、キャバクラに訪れた男性客はほぼ例外なくこの質問をすることが多いです。

初めて来店したフリーのお客さまからよくこのような質問をされるケースがありますが、毎回されてしまうからといって適当に答えるのはNGです。

指名客の少ないキャストの多くはこのような質問に対して適当に答えてしまうことが多いですが、それだと今後に繋げることはできません。

一流のキャバ嬢はこのような質問に対しても適切な返しができるものです。

 

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

正直、この質問は男性にとってあまり重要なものではありません。

とりあえず聞いておきたい、という気持ちで聞いている方もたくさんいますし、会話のきっかけ作りとして「好きな男性のタイプは?」と質問するケースもあります。

一種の社交辞令や惰性でこのようなクエスチョンを投げかける男性が多いのも事実ですが、だからといって適当な接客をしているようではいけません。

答え方一つで自分の指名客になってくれるかどうかが変わってきますから、正しい対応をすることが重要なのです。

 

すべての男性客に同じような対応をするのもいけませんから、自分に質問している男性のタイプによって答え方をチェンジすることも大切です。

独身男性と既婚男性とでは答え方が変わってきますし、答え方次第で指名客になってくれるかどうかが変わってきます。

また、相手の年齢によっても答え方を工夫するだけで自分のファンにすることも可能です。

いきなり最初からすべて対応するのは難しいかもしれませんが、日頃の接客で意識するだけで随分と変わってきますから、意識して接客するように心がけてみましょう。

 

お客さんが思わず期待してしまうような答え方をしよう

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

キャバクラで働いているとイヤになるほど聞かれることがありますよね。

「彼氏はいるの?」「どうしてキャバクラで働いているの?」というようなクエスチョンは頻繁に投げかけられますし、「お金が欲しいからキャバ嬢やっているの?」なんて下世話でストレートな質問をされてしまうことも珍しくありません。

また、「好きな男性のタイプは?」と聞かれるのもキャストとして働いているとイヤになるほど耳にしますよね。

イヤになってしまうほど聞かれる好きなタイプですが、対応の仕方によって今後指名客になってくれるかどうかが決まりますから適当にあしらわないように注意しましょう。

 

好きなタイプを聞かれたときの答え方のポイントですが、お客さまが思わず期待してしまうような含みを持たせた答え方をするのがもっとも正しい答え方です。

ガッシリとした体格の良いお客さまに対して「細身でスリムな人が好きかな~」なんて言ってしまうのはアウトです。

よほど天然な方でない限りここまで露骨な返答をすることはないとは思いますが、女性によっては本当に素直な気持ちで好みを答えてしまうこともあるため注意しなくてはなりません。

男性の心理としては「俺のことはタイプなのかな?」と思っていますから、それを挫いてしまうような答え方はNGとなります。

 

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

お客さまが対象内であることを暗に示すような答え方をするのがポイントですから、先ほどの例で言えば「スリムな人が好きだけど、ガッシリした人も守ってくれそうで好きですね」といったように答えると良いかもしれません。

あくまで一例ですから、このほかにも何通りも答え方はあります。

注意点としては、「○○さんみたいな人が好きかな」などと露骨すぎる答えを口にしないことです。

これはさすがにわざとらしいですし、営業トークだということがバレバレです。

遥かに歳の離れた年配のお客さまだと笑って喜んでくれるかもしれませんが、普通は営業トークだと感じとられてしまいます。

 

お客さまが社交辞令、営業トークだと受け取ってしまうような答え方はすべて NGとなりますから注意しましょう。

一度そう思われてしまうと後々何を言っても営業トークと思われてしまいますし、指名客に繋がることはないでしょう。

お客さまも可能性があると思わせるような答えを用意するのが一流のキャストです。

「もしかして俺のことも好きなのかな?」と思わせることができたらまた指名してくれるかもしれませんね。

 

ケース1、独身男性の場合

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

独身男性がキャバクラへ遊びに来ることはよくあります。

独身男性で恋人がいないケースだと寂しさを紛らわせるためにキャバクラへ通っているケースもありますし、単純に若い女性と楽しくお酒を飲みたいからという理由で足を運ぶことも珍しくありません。

独身男性にもいろいろなタイプがありますし、熱烈に口説いてくる方から終始おとなしくお酒を飲んでいる方まで実にまちまちです。

独身の男性からも好きなタイプを聞かれることは多々ありますが、独身男性からこのようなクエスチョンを投げかけられたときにはどのように答えるのが正しい方法だと思いますか?

 

明確な答えがあるわけではありませんが、基本的には「浮気しない人」「一途な人」が鉄板だと言われています。

実際、キャバクラの女性キャストがこのように答えることは多いですし、本当にそう思っている方も少なくありません。

独身だと自由がききますからいろいろなお店に出かけますし、お気に入りのキャストがいたらすぐにそっちに乗り換えてしまうこともあります。

そのため、浮気しない人、一途な人と答えるとそれが抑止力として働くことが多いです。

キャバクラは遊びかもしれないけど、もし本当に私のことが気になるのならまた遊びに来てね、というニュアンスを含めると良いかもしれません。

 

独身の男性と一口に言ってもいろいろなタイプの方がいますから、この答えが絶対に間違いないというわけではありません。

しかし、実際このような答えを口にするキャストは多いですし、独身の男性が聞いてもイヤな感じはしないでしょう。

最初のとっかかりとして覚えておくのは良いと思います。

好きなタイプを聞かれて口ごもってしまったり、相手が不機嫌になるような答えを口にしてしまうくらいならこう答えたほうが間違いはないでしょう。

キャバ嬢としてまだ経験が浅い方は覚えておくと便利に使い回せるのではないでしょうか。

 

浮気しない人、一途な人というのに加えてもう一声何か言ってあげるとより良いかもしれません。

独身男性というと非常に広い括りになってしまいますから、お客さんも「?」となってしまうかもしれませんから、そこに加えてお客さんの特徴などを放り込むとさらに良い効果が出ることもあります。

人それぞれ個性がありますから、そこを上手にさりげなく褒める一言を添えたいものですね。

ただし、あまりに露骨になってしまうと逆効果になってしまいますから、そのあたりは注意しなくてはなりません。

 

ケース2、年配の独身男性の場合

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

キャバクラに訪れるのは何も若い男性ばかりではありません。

お店のカラーによっては年配の方が多いことも珍しくありませんし、年配のお客さんから好みのタイプを聞かれることも多々あります。

一定の年齢を超えているお客さんの場合、寂しくてキャバクラへ足を運んでいる方もいれば楽しいことが大好き、女性が大好きという方もいますし実にさまざまです。

一人一人の方に合わせた答えを用意するのがベストですが、基本的には「遊び方を知っている人」と答えるのがもっとも鉄板の答えではないでしょうか。

 

キャバクラは女性と楽しくお酒を飲む場所ですし、ここで起きることは非日常でありそれを楽しむ空間でもあります。

多くの方はそれを理解してお店にやってきていますし、キャバ嬢を口説こうとするのも冗談まじりという方が多い傾向にあります。

年配の男性になればなるほど冗談で「僕と結婚しようか?」とか「付き合ってみようか?」などと口にすることが多いですが、中には本気で口にしている方もいます。

キャバクラという場所をあまり理解していない男性に多いですが、本気でキャバクラで結婚相手や恋人を見つけようとする方も実際いるのです。

 

若い方だと友達営業というテクニックで乗り切ることもできますが、40歳を超えた独身男性の場合は少々厄介です。

ヘタに期待を持たせ過ぎてしまうと毎日のようにお店に来ることもありますし、いつの間にか勝手に恋人気取りになっていることもあります。

度が過ぎてしまうとストーカー化してしまう恐れもありますから、過度に期待を持たせてしまう答え方はNGとなります。

独身貴族を謳歌する年配の男性にタイプを答えるときには牽制の意味も込めて「遊びを知っている人」と答えるのがベストではないでしょうか。

実際口にするときにはオブラートに包んで柔らかく伝えることが大切です。

 

40代以上の独身男性の場合経済的に余裕のある方が多いですから、指名客になってくれれば太客にすることも充分可能です。

みすみす逃してしまうと後悔する羽目になりますから、上手に対応することが大切です。

相手の来店頻度などに合わせて接客テクニックを工夫することが重要ですし、売れているキャストの多くはそれを実践しています。

この年齢層のお客さんを指名客に変身させることができればキャストの売り上げも大幅にアップする可能性がありますから、上手に転がせるようなテクニックを身につけたいものですね。頑張ってください。

 

ケース3、既婚男性の場合

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

結婚している男性でもキャバクラに遊びに来ることは珍しくありません。

奥さんに内緒でキャバクラ通いしているという方もいれば、奥さん公認でキャバクラへ足を運んでいるという方もいます。

既婚男性ならキャバ嬢に好きなタイプなどを聞くこともないだろう、と思っている女性もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

結婚していても女性からモテたいと考えている男性はたくさんいますし、結婚しているにも関わらずキャバクラでキャストを本気で口説いている方も大勢います。

 

では、既婚男性から好きなタイプについて聞かれた場合どのように答えるのが正しいのでしょうか。

このような男性に「浮気しない人」と答えてしまうのはダメです。

既に結婚しているにも関わらずキャバクラへ来ている時点でアウトのようなものですから、浮気しない人と答えてしまうとその時点でお客さんは恋愛対象外となってしまいます。

その言葉を耳にした瞬間お客さんも「この子とはイイ関係になれそうにないな」と認識してしまいますし、今後指名してくれることもないでしょう。

そのため、正しい答えとしては「頼りがいのある人」や「包容力のある人」が正解となります。

 

結婚している男性だと家庭のために働いていますし、守るべき存在がありますから、そこをピンポイントで捉えるわけですね。

結婚している男性でもあわよくばキャバ嬢とイイ仲になりたいと思っています。

もちろん、すべての既婚男性がそうだというわけではありませんし、あくまで息抜きとしてキャバクラに訪れている方も大勢います。

しかし、中には女性キャストとイイ仲になりたいと考える方はたくさんいますし、口説こうとする方も大勢います。

そのため、浮気をしない人、という全否定するような答え方をしてしまうと今後はお金をかけて口説こうとしてくれません。

 

自分にたくさんお金を使ってほしいのなら、期待を持たせるような答えを用意するのが大切なのです。

頼りがいや包容力という言葉には経済力についても含まれています。

お金に余裕があって高いお金を使いに来てくれる人がタイプというニュアンスも含めて通ってくれるよう持っていくのがベストではないでしょうか。

あまりにも露骨になるとダメですから、「経済力がある人」とストレートに伝えるのはNGです。

頼りがいのある人、包容力のある人というふうにオブラートに包んだ言い回しをするのがベストでしょう。

ぜひ覚えておきたいテクニックですね。

 

男性がキャバクラにハマる理由

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

彼氏がキャバクラ通いをやめてくれない、という理由でケンカになってしまった経験のある女性は多いのではないでしょうか。

ソープやデリヘルといった風俗ならまだ性欲を発散させたいから、という理由があるため女性も理解しやすいかもしれませんが、キャバクラとなると今一つ理解できないという女性は少なくありません。

特別高級感を感じられるわけでもない空間で高いお金を使って女性とお酒を飲みながらおしゃべりをするだけ、というキャバクラになぜ男性が足を運ぶのか、素直に疑問として感じている女性は多いのではないでしょうか。

キャバクラに足を運ぶ男性の心理はさまざまですが、一つには疑似恋愛を楽しみたいということが挙げられます。

 

キャバクラの女性キャストと恋愛ごっこを楽しみたいという男性は実際多いですし、そのために通っている方はたくさんいます。

また、単純に話し相手を求めているという理由で通っている男性も少なくありません。

実際には疑似恋愛よりも女性と楽しく会話したいから、という理由で訪れている方が多いのではないでしょうか。

しかし、女性からすると「話し相手を求めてキャバクラに行く」というのもいまいち理解できないものだったりします。

 

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

 

男性が心を許して話ができる場所というのは意外に多くありません。

男性ばかりで集まるとマジメな話ができず騒いで終わりということは多々ありますし、何かを打ち明けたい、とりあえず話を聞いてほしいと思っても彼女や奥さんに弱みを見せたくないという方はたくさんいます。

キャバクラはそのような男性たちにとって気軽にお話ができる夢のような空間なのです。

仕事の悩みやプライベートでの心配事など、キャバ嬢に話しても解決しないことであってもとりあえず聞いてもらいたいのですよね。

自分の話を聞いてもらいたくて足を運んでいるというケースが多いのです。

 

疑似恋愛を楽しみに足を運んでいる方も多いですが、キャバクラのキャストはクラブのホステスよりも手が届きやすいと考えている男性は少なくありません。

キャバ嬢からすると失礼な話かもしれませんが、キャバクラ嬢なら何とかなるのでは、という淡い期待を抱いてキャバクラへ足を運ぶ男性は多いです。

また、キャスト達との疑似恋愛を楽しむことによって自分はまだまだ男性として大丈夫だ、という安心感を得たいという方も実は多いようですね。

もちろん、中には疑似恋愛でなくキャストに本気で恋してしまう方もいますが、あくまで少数派ではないでしょうか。

 

 

キャバクラ体験入店・求人バイ ト情報「キャバキャバ体験」