意外な落とし穴!キャバクラでボーイとの人間関係が重要な理由
0
更新:2019.01.29 作成:2018.12.26

キャバクラには、黒服と呼ばれるボーイがいますね。お店全般の業務をこなしています。お店があるのはキャバ嬢におかげ、ではなく、ボーイのおかげ、といっていいほどです。キャバ嬢とボーイの人間関係はとても重要です。これからキャバ嬢として頑張っていきたい人も、もっと売上をあげて収入をあげたい人にも、ボーイとの人間関係の重要な理由をご紹介します。

 

ボーイの仕事って?

まずはボーイがお店でどのような業務をこなしているのか、考えてみましょう。

 

”キャストの送迎”

運転手として、働いているキャストの送り迎えをします。

 

”キャストの管理”

キャストの出勤希望などをまとめたり、働き方などの相談に乗ります。

 

”体験入店者の面接”

体験入店したいという女性の面接をおこないます。

 

”提供する食事を作る”

お店で提供する食事を作ります。お店によってはキッチンはボーイとは別に雇用している場合もあります。

 

”お酒を作る”

注文のお酒を作ってお客さんの席に運びます。

 

”延長交渉”

お客さんが長く滞在してくれるように、時間の延長交渉をします。これはお店によってやるところとやらないところ、キャストがおこなうお店もあります。

 

”キャッシャー”

お客さんが帰るときのお会計をします。お金の管理をする仕事になるので、重要なポジションです。

 

これだけたくさんの仕事をボーイがこなしていると思うと、とても大変な仕事だということがわかりますね。

 

ボーイの役職

ボーイとひと言でいっても、役職があります。入店してまず最初は、ウエイターから始まります。先ほどご紹介しているボーイの仕事の大半は、ウエイターがこなしていることも多いですね。時には肉体労働もありますし、ボーイとして駆け出しのころはキツい仕事もあります。

 

頑張ってウエイターとして成績をあげたり認められたりすると、次はマネージャーですね。マネージャーはキャストの担当を数人から数十人ほど持ち、稼いでもらいやすいように管理をしながらアドバイス、サポートなどをしています。キャストあってのキャバクラですから、キャストのサポートは大事ですよね。新人には一から教えることもあります。

 

そしてお店の一番のトップは、店長ですね。お店すべての責任者としてお店を守ること、そしてお客さんに満足してもらえるお店を作ることが仕事です。店長が実際にお店に出て仕事をするということはないのですが、マネージャーを通じてお店の管理をしながら、円滑に営業ができるようにしています。

 

ボーイに嫌われるキャバ嬢とは?

”指示したことに文句をつける”

ボーイからキャバ嬢に指示をしても、どうしてやらなくちゃいけないの?なんで私なの?それって本当に必要?というような、文句をつけるキャバ嬢はボーイに嫌われます。忙しいときにあれこれ説明している暇はないので、素直に話を聞いてくれるキャバ嬢をボーイは好みます。

 

”注意しても逆ギレ”

仕事中にしてはいけないことや、これから注意してほしいことを伝えた際、逆ギレするキャストはボーイに一瞬で嫌われてしまいます。お互いに協力し合いながらお店を作っていくはずのキャストから逆ギレされて、ボーイも気分が悪くなるでしょう。

 

これは普通の職場でも同じです。自分がいけないことをして注意されたら、その注意を素直に受け入れなくてはいけません。

 

”ボーイに上から目線”

キャバクラはキャストが働くことで成り立っていますが、逆にボーイがいないお店も成り立ちません。ちゃんとお互いに認め合って働かなくてはいけないのですが、ボーイに上から目線のキャバ嬢も多いのだそうです。売上をたくさんあげているからといって、ボーイにあれこれ命令したり上から目線になっていると、ボーイに嫌われます。

 

ボーイとの人間関係を築く大切さ

ボーイといい関係を築くと、メリットはどこにあるのでしょうか。

 

”働きやすいように工夫してくれる”

ボーイはお店を運営する側の立場として、キャストが働きやすいように工夫しています。いい関係を築けていると、自然と働きやすく稼ぎやすいように力を貸してくれるでしょう。ボーイも人間なので、頑張ってくれているな、というキャストにはより頑張ってもらえるように配慮しますし、反対にボーイに逆らってばかりのキャストには少し厳しくします。

 

”相談にのってくれる”

お店で仕事をしていてしんどい時や売上が上がらないという悩みもありますよね。そんな時にボーイは相談にのってくれます。一緒に働くキャバ嬢の仲間には相談しづらいこともあるので、ボーイが相談にのってくれると助かりますよね。

 

キャバクラ内での人間関係は円滑に

キャバ嬢同士だけではなく、ボーイとの関係も円滑にしておくことが、自分自身にとってプラスになるのは確実です。いつも態度が悪くてルールも守らない、そんなキャバ嬢をボーイは快く思うでしょうか。いくらナンバーワンだったとしても、そういう態度は許されるものではありませんよね。ほかに働いているキャバ嬢もいますし、ボーイだってキャバ嬢に頑張ってもらうために、必死になっています。

 

ちゃんとお店の一員であるという自覚を持って、ボーイとも協力し合いながら盛り上げていくのが、キャストとしてキャバクラで働くキャバ嬢の義務です。人間関係を円滑にしておけば、必ず自分にいいことがあるはずです。