更新:2019.01.29 作成:2018.12.24
意外とキャバ嬢に多い悩み「バストアップ」に役立つ5つの方法
0
更新:2019.01.29 作成:2018.12.24

キャバ嬢は仕事でドレスのような衣装を着ることが多いですよね。ドレスはボディラインを強調するものも多いので、スタイルがいい人は自信を持って着られるのですが、あまり自信がない人にとっては、できるだけコンプレックスを隠してくれるドレスを選ぶのが大変です。

その中でも特にコンプレックスを抱えているキャバ嬢が多いのは、バストの悩みですね。バストは女性らしさを強調できるものですが、サイズが小さい、形が悪い・・・といった悩みで、自信を持って胸元のあいたドレスが着られない、というキャバ嬢も多いのではないでしょうか。

バストに悩みを抱えるキャバ嬢必見の、バストアップに役立つ方法をご紹介します。

 

バストの大きさって遺伝じゃないの?

バストサイズをアップするためにいろいろ頑張ってみても、結局はバストの大きさは遺伝なんじゃないの?と思いますよね。でも実は、遺伝だけでバストのサイズは決まるわけではないのです。

そのほかの体型や見た目に関しては遺伝で決まることが多く、じゃあバストも遺伝だろう・・・なんて思うものですが、バストの大きさが遺伝する確率は、およそ40%なのだそうです。

そのため、親は大きくても子供は小さいということも十分ありえますし、その反対もあります。

 

胸の大きさは遺伝以外にどんなことが関係しているのでしょうか。

”女性ホルモンの分泌量”

妊娠して出産をすると、女性のバストは大きくなります。これは女性ホルモンが増えることによってサイズアップしています。そのため妊娠や出産の際のバストアップは、あくまで一時的なものです。授乳が終わって女性ホルモンの分泌量が元に戻ってしまえば、バストのサイズも元に戻ります。

妊娠や出産をしていなくても、女性ホルモンの量を増やしてあげることで、バストのサイズアップは可能です。

”乳腺の発達量”

バストは約90%が脂肪でできています。そのほかの10%は何かというと、乳腺です。乳腺が発達すると、その周囲に脂肪が増えるという仕組みになっているので、バストのサイズアップには乳腺のアップが欠かせません。もともと乳腺が発達しやすい人は自然とバストサイズがアップしていくので、バストが大きいのは遺伝、と考える人が多いのでしょう。

”体型”

体型によってもバストの大きさは変わります。痩せている人は比較的バストが小さめの人が多いですし、少しふくよかな人はバストのサイズも大きめ、ですよね。でも体型が影響しているバストは、体重の変動によって大きさが変わります。

でも痩せていてもバストが大きい人もいますし、ふくよかであってもバストサイズが小さい人もいます。これは先ほどお話した、乳腺の発達の違いが影響しています。乳腺が発達していれば、体型問わずにバストサイズは大きいですし、逆に発達していない人はふくよかでもバストが小さめです。

 

バストアップに役立つ方法

”生活習慣を整える”

夜遅くに働くキャバ嬢にとっては耳が痛い話かもしれませんが、生活習慣はバストアップに大きく関係しています。夜遅くに働くのがダメというわけではなく、自分で不規則だなと思う生活をしないように心がけることです。

睡眠をしっかりとって、運動もちゃんとする、疲れを溜めない・・・これを守れていれば、夜遅くに働いているキャバ嬢でも大丈夫です。

”ブラジャーをちゃんとつける”

いつもつけているブラジャーは、ちゃんとつけているでしょうか?意外とブラジャーをちゃんとつけている人って少ないです。

脂肪は形状記憶できるもの、とよくいわれているのは知っていますか?背中に流れているお肉、実はもともとバストであるはずの脂肪だったかもしれません。流れっぱなしにしておくと、自然と脂肪は背中へと回っていってしまいます。ブラジャーをつけるときは、前かがみになって脇からはみ出ているお肉をつかみ、寄せてあげましょう。それだけでもバストのサイズが大きくなります。

そしてそのつけ方を続けていけば、形状記憶効果で流れ出ていったお肉が戻ってきてくれるはずです。

”ストレスを溜めない”

ストレスは女性ホルモンの分泌を減少させてしまいます。ストレスが多いキャバクラの世界ですが、ストレスは溜めずに発散してくださいね。そうすることで気分も明るくなり、ストレスの影響で女性ホルモンが減少することもなくなります。

”運動するときは専用のブラジャーをつける”

運動によってバストが揺れると、バストを支えているクーパー靭帯が切れてしまう、といわれているのは知っていますか?切れてしまうと二度と戻らないものなので、激しく揺らしたりする行為はしないほうがいいでしょう。

ジョギングなどは上下に激しく揺れるので、ちゃんと支えてあげるブラジャーを使い、揺れを最小限に抑えてあげてください。バストアップはサイズだけではなく形も大事です。上向きのキレイなバストを手に入れるために、運動するときは気をつけましょう。

”食事の質を見直す”

お酒を飲むことが多いキャバ嬢は、食事の質が低下しやすいです。栄養バランスが整っていないと、バストアップに必要な栄養も不足してしまいます。大豆製品や卵、キャベツなどがおすすめです。

 

バストに自信を持って働こう

バストに自身が持てれば、ドレスも着こなせるようになります。自信を持って仕事ができるようになると、その分お客さんからの評価もあがり人気も高まっていくことでしょう。

バストアップを頑張って、自信を持って働ける自分を手に入れたいですね。