キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント
更新:2020.04.11 作成:2020.07.03
キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント
0
更新:2020.04.11 作成:2020.07.03

ナイトワークで働いていると、アパートやマンションの賃貸契約を断る不動産会社も少なくありません。まず、どのようなケースで断られることが多いのでしょうか。

 

不動産屋に行ったらすぐに帰らされた

一般的な街の不動産屋を訪問し、アンケートやヒアリングでナイトワーク勤務ということを伝えると、急に担当者のテンションが変わることがあります。

 

入居審査が全然通らない

キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント

いい加減な不動産屋だと「ナイトワークでも大丈夫ですよ」と安請け合いし、結局審査が通らないなどということがあります。

 

ぼったくりの不動産屋にあたった

キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント

怪しい不動産やだと「ナイトワークだと審査が通らないので・・・」等と理由をつけ、不明瞭な費用を上乗せされることがあります。

 

希望の物件と全然違う物件を勧められた

キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント

ナイトワーク勤務者の仲介ノウハウがない不動産屋だと、顧客の希望ではなく、自分達に都合のいい物件を勧めてくることがあります。

 

なぜ水商売勤めだと入居審査が厳しいのか?

ナイトワーク勤務だと、賃貸マンション・アパートの入居審査が通りにくいことがその理由です。審査が通りにくい原因は主に以下の3つです。

 

1.収入が不安定
賃貸マンション・アパートの入居審査の最大のポイントは「収入の安定性」です。そのため、収入の変動が大きく離職率が高いキャバクラ、クラブ、スナック、ガールズバー等のナイトワークの女性は審査上の評価が低くなります。また、給料の支払い形態が必ずしも月給制ではない点も評価を下げるポイントとなります。

 

2.職種的な問題
上記の通り、ナイトワークの方は収入が不安定さから家賃滞納が生じる割合が高く、職種NGで入居審査自体してくれないということも少なくありません。また、他の入居者との生活時間帯が異なることによる近隣トラブルの懸念があるため、職種NGとなるケースもあります。

 

3.連帯保証人の問題
ほとんどの賃貸マンション・アパートで連帯保証人必要となります。身内に内緒でナイトワーク勤務をしていたり、身内と疎遠の方だと、賃貸契約で必要な連帯保証人で苦労するケースが多いです。

 

ナイトワークでは賃貸できない?

そんなことはありません!!

以下の点を注意すれば、キャバクラ、クラブ、スナック、ガールズバー等などのナイトワーク勤務の方でも賃貸マンション・アパートが借りられます。

 

・初期費用を用意する
新規入居するための初期費用は、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・保証料・その他費用など賃料の3~5倍程度掛かります。

初期費用を用意しないことにはお部屋探しはスタートしません。
もし、初期費用が足りなくても、緊急で引っ越しをしないと行けない場合、初期費用をクレジットカード決済できる不動産業者を選ぶといいでしょう。

 

・連帯保証人を用意する
ほとんどの賃貸マンション・アパートで連帯保証人が必要となります。もし連帯保証人を用意することが難しいなら、家賃保証会社を利用できる物件を選びましょう。
現在、首都圏の多くの不動産業者は家賃保証会社を利用しているので、まずは相談してみることをオススメします。

 

不動産業者選びも大切

そもそも、ナイトワーク勤務者のお部屋探しのノウハウが無い不動産業者に相談しても、上手くいきません。水商売専門の不動産業者を利用することをオススメします。

また、無事に賃貸できても、入居後にトラブルがあると契約を解除されてしまうおそれがあるので注意しましょう。主に注意すべきは次の3つです。

 

・家賃の支払い期限を守る
当然ですが、家賃や更新料等の支払い期限を遵守しましょう。家賃が引き落としではなく、振り込みの業者の場合はついつい期限超過をしがちなので、とくにご注意ください。
また、家賃保証会社を利用している場合に滞納してしまうと、今後のお引っ越しに悪影響がありますので、滞納は絶対にやめましょう。

 

・退去時の原状回復費用
入居時に敷金がかからない場合、退去時に原状回復費用が掛かります。この費用を失念していると、退去する際のトラブルになりますので、ご注意ください。
また、敷金を納めていても室内の損耗が激しい場合、敷金以上の現状回復費用がかかり、差額分を支払う義務が生じます。

 

・近隣住民とのトラブル
ナイトワークで働く女性は他の入居者の方と生活時間帯が異なるため、騒音等の近隣トラブルが生じやすいです。深夜から明け方の時間帯の騒音には十分にお気をつけ下さい。

 

ナイトワークでも賃貸できる!

キャバクラ嬢が賃貸物件を借りるときに注意するポイント

すべての不動産会社がナイトワークNGというわけではないようです。ナイトワークでもOKな賃貸物件を紹介してくれる不動産会社に相談する必要があるでしょう。

また、トラブルや注意事項をしっかりと理解したうえで契約することも大切です。ナイトワークでも賃貸できる不動産会社はあるので、いろんな不動産会社をリサーチしてみてはいかがでしょうか。

 

キャバクラ体験入店・求人バイ ト情報「キャバキャバ体験」