【歌舞伎町】桜井野の花さん 初のビジネス本出版★「「一番」という生き方」直筆サイン本をプレゼント!/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

【歌舞伎町】桜井野の花さんインタビュー!!突然発表された「ビジネス本」の出版と、これまた電撃発表の「新店舗オープン」のことをお聞きしました。
【歌舞伎町】桜井野の花さん 初のビジネス本出版★「「一番」という生き方」直筆サイン本をプレゼント!
12
更新:2020.02.20 作成:2020.02.20

何かと話題を提供してくださる、「歌舞伎町の顔」といえば「桜井野の花」さんですが。

今回は、突然発表された「ビジネス本」の出版と、これまた電撃発表の「新店舗オープン」のことをお聞きしました。

 

昨年、キャバクラ2店舗目になる「花音」をオープンさせ、やり手オーナー社長として、現役キャバ嬢として、その人気は歌舞伎町だけでなく、全国へと名を轟かせております。

そんな桜井野の花さんが、初となるビジネス本「「一番」という生き方」を光文社から出版されるということで早速お話を伺ってきました。

 

では、早速どんな「本」が出来上がったのかお聞きしましょう!

【歌舞伎町】桜井野の花さんインタビュー!!突然発表された「ビジネス本」の出版と、これまた電撃発表の「新店舗オープン」のことをお聞きしました。

————まずは、出版おめでとうございます!

野の花:ありがとうございます。

 

————今回、ご自身初のビジネス本の出版ということですが、どんな思いで出版されたのかお聞かせいただいてもよろしいですか?

野の花:実は4年ほど前から本の出版のお話をいただいていたのですが、その時は時間がなかったのと、印税が低かったのと(笑)労力にあわないかな?って思って。

それにそんなに成功もしていないのにビジネス本を出して良いのかな?て感じで、ちょっと躊躇してたんですよ。

 

————いや…十分成功はしていると思うのですが…、その時は「社長」業として出版というお話だったのですか?

野の花:当初は「社長」ではなく、「キャバ嬢としての成功」っていうテーマだったのですが、無論キャバクラで一番を取っている女の子はたくさんいるので、それじゃあストロングポイントにならないなって。

だったら社長になって1年ないし2年経過して、しっかりとした運営できるようになった上で、2店舗目をオープンしたら書き始めましょうっていうことになったんですよ。

お店が2店舗っていうことは「成功」しているってことになるじゃないですか。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿

 

————なるほど。実際、本を出すっていうのはどんなお気持ちですか?

野の花:ただただスゴイことだなと…。

本を出すって誰にでもできることではないじゃないですか。

もちろん自費出版なら誰でも出版できるとは思うんですけど、いろいろな出版社さんから声をかけてもらって出したので、自分でも正直「すげーな…」「キャバ嬢がビジネスを語っちゃうんだ…」って感じでしたね。

 

————本当にすごいですよね。実際、野の花さんは成功されているので、みなさん絶対に興味あると思うんですよ。私もこの話を聞いた時に「とうとう本を出したんだ!」みたいになって。早く読みたいなと思いましたもん。

野の花:はい。ありがとうございます。

 

————それでは、ネタバレにならない程度に本の内容をきかせていただけますか?

野の花:簡単に言うと桜井野の花のセルフプロデュースの話です。

セルフブランディングですかね。

 

————野の花さんはご自身でお店を運営する前から、セルフプロデュースやブランディングはずば抜けていた印象なのですが、その時代のことも今回の本には含まれていますか?

野の花:はい。入っていますね。

 

————まだ、手元に本が届いていないのですが、それはすごい楽しみですね!

野の花:今までの自伝本的なものとの違いは、今回は私の「考え」をまとめた本っていうことですかね。

自分の中でのマインドセットというか、こういう時はどうやって乗り越えたのかとか…、そういった内容ですね。

なので幅広い方に読んでいただける内容だと思います。

 

 

出版するにあたってのご苦労などは?

————出版までにに1年かかったというお話をお聞きしたのですが、そのご苦労や何かエピソードなどがありましたか?

野の花:もともとの発売が10月末の予定だったんですけど…、どんどん延びて…、12月にも間に合わず…、やっと完成って感じですね。

あまり、文字を読むのが好きじゃなくて…原稿のチェックが遅れたり、やっぱり本なので内容がコンプライアンス的に大丈夫なのか?とかを考えているうちに遅れていったというか。

最後の方はサ○エさんのい○さか先生状態でしたね(笑)出版社からの電話は無視みたいな(笑)

そのうち出版社の違う人の番号からかかってきたり、自宅の下で張り込みされたりとか…(笑)

 

————まるで漫画とかで見る小説家と出版社のやりとりみたいですね(笑)

野の花:「やっておきます!やっておきます!明日までにはやっておきますので、今日は帰ってください!」って言っても、「いや!ここで待たせてもらいます!」みたいな。

 

————野の花さんお忙しいから大変ですね。次回作をお考えだったら、また大変そうですね(笑)

野の花:ですね(笑)。みなさんの要望があればですかね。

実は、この本の印税の半分は動物の殺処分に寄付するんですよ。

 

————殺処分ですか!? 私もSNSで動物虐待や保護の書き込みがどんどん流れてきて、その度に泣きそうになるんですよ。

野の花:私もそういった動物虐待的なものが本当に嫌だなと思ってて。

内容に関しては犬のことには一切触れていないんですけど、そういった保護とかに少しでも役立ててもらえるならって思ったんですよ。

 

————すごいですね!このことは紹介させてもらっても大丈夫ですか?

野の花:はい、大丈夫です。

少しでもこういった問題(動物虐待や保護など)に関心を持ってもらえるとうれしいですね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿

 

————本はどういった方々に読んでもらいたいと思っていますか?

野の花:仕事がうまくいっていない時に読んでもらいたいですかね。あとは、迷ってしまった時。

あんまりザ・キャバクラっていう本ではないので、キャバ嬢さんだけでなく、そういった普通に悩みを持っている人たちにも読んでもらいたいですね。

きっとお役に立つ内容だと思います。

 

電撃発表された「新店舗」について…

————話は変わりますが、新店舗のオープンを小耳に挟んだのですが…、ちょっぴりだけでも情報をいただいてもよろしいですか?

野の花:うーん。ちょっとなら(笑)

 

————店名とかはすでに決まっているのですか?

野の花:今、インスタグラムで募集中です。

 

————なるほど。花音をオープンした時と同じ感じですね。

野の花:はい。選ばれた人には10万円!

是非、応募してください!

 

————すごい!応募しようかな!(笑)SNSで自分へのプレゼントって書いてましたけど、結構前からお店をオープンすることは決めてたんですか?

野の花:うーーーん…。

本当はキャバクラは2店舗で良いかなとは思ってたんですけど、どうせやるならもう1店舗かなと(笑)

勝てる場所を探した結果、ここなら勝てるかなって感じだったのと働いてくれる女の子たちが稼げる、売れる場所も作っていかなきゃですから。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿

 

————なるほど。野の花さんは目立ちますしね。ところで、SNSでも発信されてましたけどダウンタイムに旅行にオープンにと、大忙しですね。お身体は大丈夫なんですか?

野の花:数日前にギプスも取れて、今はお店にも出勤してます。

 

————えっ!?SNSではかなり大変そうな感じでしたけど…。

野の花:そうなんですよ。腫れてはいるんですけどギプスも取れたので。

化粧せずにすっぴんで出てますよ(笑)

 

————さすが!野の花さん!

野の花:ギプスつけても出てましたから!

 

————すっかりお休みしていたのかと思ってましたよ。頭が下がります。

野の花:例の管が取れて、働けるようになりました(笑)

 

 

————それでは、旅行から帰ってきたら、また撮影などよろしくお願いします!

野の花:こちらこそ、お願いします。

 

読者プレゼントいただきました!!

————それと…、もうひとつだけお願いがあるんですけど…

野の花:…なんですか…?

 

————よかったらご覧になってる方へのプレゼントで、サイン本を5冊ほど…

野の花:もちろんいいですよ!あとでサインしておきます。

 

————ありがとうございます! それでは、最後にご覧になっている方々にメッセージをお願いしたいのですが。

野の花:メッセージ…。メッセージ…。うーん…。メッセージ!?

今回、出来上がった本を自分で読んでみて、読みながら泣いたぐらいなので、かなり良い作品に仕上がっているとは思っています! 

桜井野の花を好きだとかファンだって言ってくれる人は多いんですよ!SNSとかの書き込みでも。

ファンだというなら!絶対に買ってください!(笑)。

 

————もちろん購入させていただきます!本日はお忙しい中、ありがとうございました!

野の花:こちらこそ、ありがとうございました!

 


【歌舞伎町】桜井野の花さんインタビュー!!突然発表された「ビジネス本」の出版と、これまた電撃発表の「新店舗オープン」のことをお聞きしました。

ということで、桜井野の花さん著書「「一番」という生き方」サイン本を5名の方にプレゼントいたします!!!!!

 

応募方法は、キャバキャバInstagramをフォローした後にDMから

「桜井野の花さんのサイン本が欲しい!」

とお送りください!抽選で5名の方にプレゼントいたします。

キャバキャバInstagramへ

 

*応募期間:2月29日まで

*当選者の発表は3月上旬、本の発送を持ってかえさせていただきます。

どしどしご応募お待ちしております!!

 


どこで買えるの?

桜井野の花 著書「「一番」という生き方」は2月20日より、全国の書店、オンラインショップにて発売開始!

amazonからも購入できます!

 

桜井野の花社長のお店で働きませんか?

歌舞伎町キャバクラ桜花

花音(かおん)
東京都新宿区歌舞伎町1-2-8
第2ウィザードセブンビル B2F
03-6233-9909
OPEN 20:00
店休日 年中無休

花音の詳細はこちらから

 

 

歌舞伎町キャバクラ桜花

桜花(おうか)
東京都新宿区歌舞伎町1-3‐11
梅村ビル 7F・8F
03-6278-9922
OPEN 22:00
店休日 日曜日

桜花の詳細はこちらから