知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?
知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?
0
更新:2020.04.11 作成:2020.04.17

会員制ラウンジという言葉を聞いたことがあると思います。知っているようで意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

会員制ラウンジはキャバクラとは全く異なる業態です。
その名の通り、会員が通うラウンジのこと。

キャバクラは誰でも入店OKですが、会員制になると一見さんはお断りなのです。

 

キャバクラとの違い

知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?

キャバクラは遅刻や欠勤に対して1万円程度のペナルティが課せられます。特に当日欠勤には厳しいペナルティがあり、数万円の罰金があることもあるのです。

しかし、会員制ラウンジは一般的に自由出勤なので、遅刻や当日欠勤をしてもペナルティはありません。キャバクラは出勤をしっかりと管理されていますが、会員制ラウンジは個人の判断に任せています。

さらに、キャバクラは3000~の基本時給が決まっており、それにプラスしてドリンクや同伴、アフターやシャンパンなどのバックが発生します。このバックによってキャバクラ嬢は稼いでいます。

しかし、ラウンジは時給もありますが、ほとんどはバックによる収入が中心です。

これだけ聞くと会員制のラウンジの方がメリットばかりに感じられますが、そのようなことはありません。どうしても基本の時給が安くなってしまうのです。

 

会員制ラウンジの給料

知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?

会員制ラウンジは、平均するとキャバクラの時給より1500円ほど安くなります。これだけ安いとデメリットのように感じられますが、最も大きいポイントとしてノルマが無いということです。

ノルマはキャバクラ嬢の大きなネックとなっており、ノルマ達成のために必死にお客さんに営業メールを送っているのです。

しかし、ノルマがあるからこそ頑張れるということもあるので、頑張った分だけ稼ぎたいのであればキャバクラを選びましょう。

中には求人情報で「ノルマはありません」と書かれていたとしても、実際には指名客を呼ぶためのプレッシャーを店からかけられてしまいます。これに耐え切れずキャバクラ嬢を辞めてしまう女性は少なくありません。この価値観は女性によって異なるでしょう。

 

会員制ラウンジのデメリット

キャバクラが3000円以上の時給がほとんどですが、ラウンジの場合はそれよりも安くなってしまいます。そのため、手取りは安くなってしまいます。もちろん、ラウンジもキャバクラと同様でドリンクやシャンパンに対するバックがありますが、ラウンジの方が厳しいように感じられてしまうでしょう。

しかし、会員制ラウンジにもメリットはあります。

最も大きなものはノルマがないことと出勤のペナルティがないことでしょう。キャバクラは同伴やアフター、指名などに毎月ノルマが決められており、それが達成できないと罰金などがあるのです。会員制のラウンジの場合、こういったノルマがありません。これは大きなメリットと言えるでしょう。

知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?

そのほかの違いとして出勤形態があります。
キャバクラの場合は出勤スケジュールをしっかりと管理されているので、遅刻や欠勤をしてしまうと罰金が発生してしまいます。
お店によっては1万円程度取られてしまうので、これが続くと大きなマイナスになるでしょう。

さらに厳しいのは無断欠勤です。これに対しては数万円の罰金になります。しかし、会員制のラウンジの場合、出勤は自由になっています。そのため、その日のスケジュールで行けなくなっても何のペナルティもありません。

 

会員制ラウンジで働く前の注意点

知っているようで意外と知らない「会員制」のお店って何?

自由出勤でノルマが無いことから、キャバクラよりも会員制ラウンジを選ぶ女性が増えているようですが、会員制のラウンジもキャバクラと同様に面接に受からなければなりません。面接を受けるまでにはいくつかの方法があり、スカウトや求人サイトから連絡をする、すでにラウンジで働いている女性から紹介してもらう、などの方法があります。

これらの方法で最も確実なのは求人サイトからの応募でしょう。友だちから紹介してもらう方法もありますが、そういった友だちはなかなかいないものです。

面接で服装は重要で、カジュアルなファッションは避けましょう。清潔感のあるファッションがおすすめです。何を着て良いのか分からないのであれば、ワンピースが無難。ワンピースであれば女性らしさをアピールすることも出来ます。

さらに、会員制のラウンジで働く女性はそれほど派手ではありません。そのため、ドレスや派手に盛ったヘアは逆効果。

ポイントは、清楚な黒髪と清潔感のある女性です。

会員制ラウンジの客層は若者が少ないので、大人の男性にはシックな女性がウケるのです。
また、中には面接中に高飛車な態度をとる女性もいますがそれは避けましょう。「ラウンジで働く女性は気品が無ければならない」と誤解して、こういった態度をとる女性もいるのです。

しかし、面接で大切なことはマナーです。これは一般的な面接と同様で、相手の目を見てハキハキと話すことが大切になります。
そして、「異性と会話をするのが好き」「お酒が好き」など、セールスポイントをアピールしてください。ナイトワークを検討している女性は、会員制ラウンジがあるということも知っておくと選択肢が広がるかもしれませんね。

 

キャバクラ体験入店・求人バイ ト情報「キャバキャバ体験」