「真面目な女の子はキャバ嬢に向いていない」なんて3日もすれば気が変わる/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

「真面目な女の子はキャバ嬢に向いていない」なんて3日もすれば気が変わる
「真面目な女の子はキャバ嬢に向いていない」なんて3日もすれば気が変わる
7
更新:2020.01.17 作成:2020.01.16

真面目な子はキャバ嬢に向いていないと思いがちですが、そのようなことはなくむしろ真面目な子ほど良いキャバ嬢になることができます。

確かにキャバ嬢という仕事はイメージもあまり良くありませんから、不健全な仕事と思ってしまって最初は抵抗があるものですが、働きはじめて3日もすればそのようなことも忘れてこれも仕事のひとつなのだと思うことができるようになります。

そもそも、キャバクラの仕事というのは接客業ですからいい加減な性格では務まらず、適当に考えている女の子のほうが向いていないのです。

 

仕事だからと割り切る

「真面目な女の子はキャバ嬢に向いていない」なんて3日もすれば気が変わる

キャバクラの世界に飛び込むまでところまでは、楽に稼げると考えているぐらいの女の子のほうが入りやすいのは事実ですが、そこからはキャバクラの仕事を真剣に考えるか、楽して稼げる方法だと思うかによって明暗が分かれることになります。

真面目な女の子というのは最初は抵抗を持っていることも多いのですが、働き始めてからは持ち前の素直さで、仕事だからといい意味で割り切って男性を楽しませようとするものです。
それに対して、キャバクラは楽な仕事だと思って入ってくる女の子は接客もいい加減になりがちで、すぐにお客さんからそっぽを向かれてしまうということになります。

このような理由があるので、一見するとキャバクラにはふさわしくないような女の子のほうが実は適性があったりするのです。

仕事に対して真摯に向かい合うことができる女の子というのは、どうすればお客さんを喜ばせることができるのかという点を第一に考えることができますし、自分のすべきことは何かというように考えることもできるので、売上を伸ばすことができるキャバ嬢になることができます。

稼ぐことができれば更に仕事が楽しくなりますし、自ら考えて行った結果が報酬となって返ってくると、更に頑張ろうという気になるものです。お客さんを喜ばせることができたときには、それを素直に嬉しいと感じることができるので、真面目な女の子ほどキャバ嬢に向いているというのは決しておかしな話ではないのです。

 

昔よりキャバ嬢のイメージは改善されている

「真面目な女の子はキャバ嬢に向いていない」なんて3日もすれば気が変わる

また、実際に働き始めてみると、キャバクラに対する誤解が解けて安心して働くことができるようになるという気持ちの変化もありますから、性格的にキャバクラは合わないかもと思っている女の子でも、体験入店などで経験してみると世界が広がるでしょう。

世間体の良い職業ではありませんから抵抗を持つのもおかしなことではないのですが、少しでも興味があるというのであれば、一度試してみると言うのも悪い事ではありません。
キャバ嬢のイメージも一昔前からすればずっと改善されていますので、世間が言うほどに悪い所というイメージも無く、飛び込んでみる価値はあるものです。

キャバクラの世界に飛び込むことによって、今までの自分を変えることができたという例もあるので、自分自身の成長にも繋がりますし、人生経験を積むという意味でも決して無駄な経験ではありません。最初は勇気のいることかもしれませんが、3日もすれば気も変わりますから、とりあえず3日だけという気持ちで始めてみてはどうでしょうか。

 

興味があるなら試してみる価値あり!

「真面目な女の子はキャバ嬢に向いていない」なんて3日もすれば気が変わる

向いてるか向いてないかというのは体験してみないとわかりませんから、興味があるのであれば一度試してみるのが一番です。
絶対に水商売は嫌だというのであれば無理にすることはありませんが、興味があるけれども性格的に難しそうだな、という理由であれば、積極的に試してみるべきだといえます。

キャバ嬢という仕事は努力が必ず報われる仕事となっていますから、それを考えれば他の仕事よりもずっとやりがいがあって魅力的な仕事だといえます。

真面目な女の子は、普通の仕事をすると良いように扱われてしまって損をしてしまうことも少なくありませんが、キャバクラであればその性格がプラスに働くことになり、大きな収入という形で評価をしてもらうことにつながるので、やりがいも十分にあります。

キャバクラの仕事は女性であれば誰でもできるものですし、性格が良ければなおさら適性がある仕事となっています。
誰でもできる仕事であっても、どれだけ伸びていくのかという点は本人の努力や性格によって変わってきますから、仕事に対して真剣に考えることができる性格というのは、実は最適なのです。

 

まとめ

キャバ嬢になろうとする女の子の中にはいい加減な気持ちではじめようする女の子も少なくないだけに、仕事に対して真剣に取り組むことができるというのは、それだけ貴重な存在であり、重宝される人材となります。

真摯に仕事に向き合えば、接客業である限り必ずお客さんにも気持ちが伝わりますし、お客さんに気持ちが伝わればキャバ嬢という仕事も悪いものではないということを実感することができます。

そう感じることが出来るようになるには、3日もあれば十分です。真面目な性格でキャバ嬢は少し合わないかもとためらっている女の子も、勇気を出してキャバクラの世界に飛び込んでみましょう。