これも仕事のうちだけど・・・キャバクラ嬢が「めんどうくさい」と思う客のタイプ/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

更新:2019.10.01 作成:2019.12.08
これも仕事のうちだけど・・・キャバクラ嬢が「めんどうくさい」と思う客のタイプ
0
更新:2019.10.01 作成:2019.12.08

キャバクラ所は仕事ですから、めんどくさいと思っていても客に愛想良くするものですが、それでもうんざりしてしまう客というのは少なくありません。

 

やたらと自分の自慢話をしてくる客

めんどくさいと思うタイプとしてよく挙げられるのが、とにかく自慢話ばかりをしてくるというタイプです。自分を大きく見せたい、キャバクラ嬢に良いところを見せたいという気持ちで自慢をしているのでしょうが、そのような話は耳にタコができるぐらいに毎日聞いている話ですから、正直なところウザいとしか思われないタイプです。

しかも、このような人に限って自慢している内容が大したことがないものだったりするので、余計にそれに相槌を打つのが面倒になってしまうということはよくあるものです。

それとあわせて面倒なのが、それが接待などで訪れた場合だと周りの太鼓持ちの態度も面倒で、自慢している男性を立てながらも太鼓持ちにも愛想よくしないといけないので、できれば避けたいタイプということになります。

太鼓持ちは接待している相手に頭が上がりませんから、女性に対して上から目線で当たることも多いため、ある意味では自慢話をしてくる相手よりも関わりたくないタイプと言えます。

自慢話と似たようなもので過去の悪さを武勇伝として語るというのも、キャバクラ嬢からすればうんざりしてしまう相手の一人となります。
いい年をして悪いことをするのがかっこいいと思っているところにもうんざりしてしまうものですし、そのようなタイプはキャバクラ嬢は悪い男が好きだと勘違いをしているフシがありますから、余計にめんどくさいと感じてしまうケースが多いものです。

 

口数が少なく会話が成り立たない客

人によっては上記のタイプよりももっと面倒だと感じるタイプとして、全く話さないあるいは会話が成り立たないというものもあります。
自慢話をするようなタイプは適当に聞き流しておだてていればいいので、面倒ではありながらも対応は楽ですが、会話が成り立たないというのはかなり厳しい状況になります。

相手からすれば綺麗な女性とお酒を飲めればそれで良いと考えているのかもしれませんが、全く会話がなくてお通夜状態になってしまうのは、キャバクラ嬢からすると最も苦痛に感じるときとなるので、会話が成り立たない相手は嫌われやすいタイプに挙げられます。

 

セクハラ行為を平気でしてくる客

めんどくさいというレベルではなくすでに論外なものとしては、セクハラをするというタイプがあり、ちょっとぐらいなら良いだろうとさり気なくバレバレのセクハラをするというタイプもあれば、はっきりとセクハラをしてくるタイプもいます。

当然キャバクラでセクハラ行為は認められていませんから、場合によっては退店してもらうこともあり得るわけですが、それが上得意だったりすると渋々相手にしなければならないということもあり、これも仕事の内だとあきらめてしまうことは珍しくありません。

 

何に対してもネガティブ発言をする客

口から出ることがすべてネガティブなことばかりで、つまらなさそうにお酒を飲むというのもキャバクラ嬢からすると嬉しくないタイプであり、愚痴を聞くのも仕事とはいってもそれしか言わないというのは聞いていて面白くないものです。

楽しい話もして愚痴もいうというのであれば、仕事ですからしっかり聞いてあげようという気にもなりますが、何から何までネガティブなことしか出てこないと、いくら仕事のためとは言っても気が滅入ってきてしまうものです。

接客をする側からしても、なんで楽しくお酒が飲めないのかなと思ってしまう瞬間でもあり、そのような客にあたって悪い雰囲気の時間を過ごすと、その日一日はネガティブな思考が移ってしまったりすることもあります。

 

プライベートの事を知りたがる客

やたらとプライベートを詮索してくるというのもめんどくさいと感じるタイプの上位に挙げられ、いくらそんなことを聞いていたとしても無駄だからと思ってしまうことは多いものです。

会話のきっかけとして何か興味のあることを聞いてくるというのは仕方がないことですが、やたらと彼氏がいるのか好きなタイプの男性はといったことを聞いてきたり、休みの日は何をしているのかなど、根掘り葉掘りプライベートのことを聞かれるというのは気持ちのいいものではありません。

また、職業柄そのような答えには適当な答えを返すわけですが、あまりいろいろなことを聞かれると作り話に破綻をきたしてしまって、後になって気まずい思いをしてしまうこともあるだけに、プライベートを詮索するタイプもめんどくさいと感じやすい客になります。

 

まとめ

キャバクラで働いていれば、極端な話、面倒でない客に当たるほうが珍しいぐらいで大抵は何かしら面倒に感じてしまうものです。

しかし、その中でも自慢話をしたり武勇伝を語ったりネガティブ思考や詮索好きの週刊誌記者かと思えるような質問攻めをしてくる相手や、その逆に全く会話が成り立たないという相手はキャバクラ嬢からすれば特に面倒に感じてしまうタイプとなります。

面倒なタイプは決まっているだけに、ある程度対処法を事前に考えて置くことはできますが、それでも面倒なことには変わりないのです。

 

記事一覧

代替テキスト

【きゃばちん物件】ヴァレッシア上野ノースシティ|敷金・礼金なし!即入居可能、新築物件✨二人入居も可!!

2023/02/09
代替テキスト

【きゃばちん物件】プラザ新大樹 南棟6階|歌舞伎町徒歩数分!最寄駅徒歩1分!全室リノベーション済み南向で陽当たり◎大容量収納スペースありの2LDK

2023/02/09
代替テキスト

【きゃばちん物件】グローリア初穂新宿Ⅲ|歌舞伎町徒歩圏内!新大久保駅から徒歩4分で超駅近◎1LDK2人入居可👍リノベーション物件

2023/02/09
代替テキスト

【きゃばちん物件】カスタリア市ヶ谷 2階|礼金ゼロ◎グッドデザイン賞受賞物件!ホテルの様な室内とウッドテラスがイチオシ☝️

2023/02/09
代替テキスト

【きゃばちん物件】カスタリア市ヶ谷 1階|ウッドテラスありのグッドデザイン賞受賞物件!礼金ゼロで初期費用がおさえらる◎

2023/02/09
代替テキスト

【きゃばちん物件】眺望◎・ペット可・バストイレ別・独立洗面台・上京ガールにおすすめ物件をご紹介!

2023/01/31
代替テキスト

有名キャバ嬢「ちゃんうさ」プロデュース!!salon 740(ナナヨンマル)が遂にオープンしました✨

2022/10/18
代替テキスト

ナイトワークなキャバ嬢が巻き込まれやすいトラブルとは?

2022/07/18
代替テキスト

どんな男性がタイプ?接客で聞かれたときの上手な交わし方

2022/05/23
代替テキスト

ナイトワークでアルバイトするときのお店選びのポイント

2022/05/02