気をつけて!!キャバ嬢が絶対に口にしてはいけないNG言葉と話題/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

気をつけて!!キャバ嬢が絶対に口にしてはいけないNG言葉と話題
5
更新:2019.10.17 作成:2019.10.15

キャバクラ嬢の仕事はお店に来てくれたお客さんをいかに楽しませることができるか、です。楽しくお酒をたくさん飲んでもらう、そして楽しかったからまた来ようと思ってもらえれば、キャバクラ嬢としては満点な接客が出来た、といえるでしょう。

でも、キャバクラ嬢になったら誰もが一度はお客さんとの会話について悩みます。どんな会話をしたらいいんだろう…というところから始まり、試行錯誤しながら感覚をつかんでトークが上手になっていきます。

でも、お客さんがムッとしてしまったり会話を振っているのに全然反応してくれない…なんてことがあったら、もしかしてお客さんに口にしてはいけないNG言葉と話題を使っているのかもしれません。

キャバ嬢が絶対に口にしてはいけないNG言葉と話題についてご紹介します。

 

慣れてきたころが要注意?

生まれつきキャバクラ嬢としての才能がある、という人はほとんどいません。誰だって同じでどんな仕事を始めるときだって同じです。スポーツ選手だって元からの才能もある程度あるものですが、トップアスリートになるために底知れない努力をしています。キャバ嬢として成長するためには努力を積み重ねなくてはいけません。

最初は誰だってお客さんとの会話が続かないとか、どんな話をしたらいいのかわからないとか、悩むはずです。でも、それを乗り越えた結果、売上も上がってどんどんキャバ嬢として自分に自信がついていきます。

どんどんトークが上達していくのはとてもいいことなのですが、気を付けなくてはいけないのが、ある程度慣れてきたころのトークです。ついつい自分の好きなように話をしてしまい、キャバ嬢としてはNG言葉と話題を口にしてしまう…という失敗をしやすいからです。

慣れることとできるようになること、は違います。一流のキャバ嬢はちゃんとテクニックを磨いて成長しながらもお客さんが嫌がる言葉や話題は絶対に口にしないように徹底しています。気が緩みがちな慣れてきたころは気を付けながら会話をしましょう。

 

他のお客さんと比べない・会話に出さない

お客さんも1日に何人も来店します。その中で自分にとってたくさんお酒を飲んでくれるお客さんがいいとか、同伴をしてくれるお客さんがいいとか、会話がしやすいお客さんがいいとか…それぞれ気に入っているお客さんがいるのは当然です。でも、他のお客さんと目の前にいるお客さんを比べてしまってはいけません。

そういえばこの前違うお客さんが…なんて会話、今目の前で飲んでいるお客さんが聞いて楽しいと思うでしょうか?自分と話をしているのに、どうして他のお客さんの話になるの?と思ってしまう人も多いです。そうなると会話をすることがつまらなくなってお客さんが来てくれなくなります。

必ず目の前にいるお客さんだけを見て、そのお客さんとの会話をするようにしてくださいね。

 

疲れた雰囲気・二日酔いのムードを見せない

キャバ嬢はハードな仕事なので、疲れが翌日に持ち越していることもあるはずです。でも、そんなことはお客さんにとって関係ありません。自分を楽しませてくれるキャバ嬢を求めてお店に来ているので、お客さんの気分を盛り下げてしまうような言動は絶対にNGです。疲れた雰囲気を前面に出して接客をしてしまうという態度はよくありません。疲れているの?という言葉に対して、素直に答えてしまってはNGです。

ちょっと寝不足で…というぐらいであればいいですが、疲れが溜まってて…毎日忙しくて…というような返事はしない方がいいですね。中にはいたわってくれるお客さんもいますが、お金を払ってきている以上、そういったキャバ嬢は好まれません。

 

お金の話は絶対NG

キャバ嬢として仕事をしていると、お金持ちそうなお客さんにも接する機会が多いです。いったいどれぐらい稼いでいるんだろうとか、お金のことって結構気になりますよね。

でもそういったことは聞かないのが原則です。お客さんから話したいというのであれば別ですが、やはりシビアなお話です。

キャバ嬢という立場をしっかりとわきまえて、あまり踏み込まないようにしてくださいね。

 

失敗を恐れずにいっぱい話そう

お客さんに対して失礼なことを言ってしまわないように…と気を付けることは大切ですが、だからといって意識しすぎて会話が盛り上がらないのも問題です。

当たり障りのない会話ばかりをしているキャバ嬢は、そのうちお客さんにつまらない会話しかできないと思われてしまいます。

失礼なことは言わないように気を付けながらも、一歩お客さんに踏み込んで会話をすることで、お客さんとの距離も縮まりやすくなるでしょう。どの程度まで踏み込んでいいのかは迷うところですが…適度な距離感を見つけられると関係が築きやすいです。

会話のテクニックは簡単に身につくものではないですが、失敗を恐れてばかりではなく、たくさん話してテクニックを磨きましょう。