キャバクラで気難しい客にはどう対処 すぐに怒り出すクレーマータイプへの接し方/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバクラで気難しい客にはどう対処 すぐに怒り出すクレーマータイプへの接し方
1
更新:2019.09.20 作成:2019.10.13

キャバクラに限ったことではありませんが、接客業ではちょっとしたことですぐ怒り出すようなクレーマータイプのお客さんに会うこともあります。

特にキャバクラではお酒を飲んでいて酔っぱらっている人も多いですから、トラブルになりやすいですね。

気難しいお客さんの2大タイプとそれに見合った対処法を考えてみたいと思います。

 

短気で怒りっぽい人

たとえばお酒の作り方が気に入らないとか、なかなか女の子が来なくて待たされたとか、普通はそれほどクレームにならないようなことでも、すぐに怒り出す人もいますよね。そういう人はもともと短気なのかもしれませんが、お酒を飲むと急に怒りっぽくなる人もいます。

どんなに気を付けていても相手の気に入らないことは出てくるものですし、避けようのないことも多いですよね。

怒らせてしまう事は仕方がないとしても、できるだけおおごとにならないように済ませるにはどうしたらいいでしょう?

 

※対処法

短気で怒りっぽい人というのは、小さなことでもすぐ怒るものですが、しょっちゅう怒っているので一つの事をあまり引きずらないことも多いものです。つまり、自分でも何に対して怒っていたかすぐに忘れてしまったりするんですよね。

怒られてしまって慌てて謝っていると、いつの間にか機嫌が直っていたりします。それでもまたすぐに別のことに腹を立てたりするかもしれませんが、またすぐ忘れてしまいます。

それに毎回心を傷めていたらとても身が持ちませんよね。最初はびっくりするかもしれませんが、そのうち慣れてあしらえるようになってくるでしょう。

とは言え、バカにしたような態度は禁物です。怒らせてしまったらあくまでも誠心誠意謝っていれば相手の気も済んでくるでしょう。

ちょっとしたことで怒ってくる人というのは、実はかまってほしい気持ちの現れだったりします。気を使ってもらったり、ちやほやされると嬉しくなって怒りがおさまってしまうのでしょう。

また、お酒に弱くて酔ってしまうと感情的になりやすい人も多いですね。普段は温厚な人でも酔うと人が変わってしまうこともあります。

その場合も、やっぱりできるだけ怒りをおさめてもらうように気を使うことが必要でしょう。お酒に酔って暴れてしまう人は、酔いが覚めると全然覚えていなかったり、ものすごく後悔して逆に謝ってきたりします。

酔うといろいろなスイッチが入りやすくなってしまいますよね。
あまり強いお酒は勧めないで、悪酔いさせないようにすれば事前に防げるかもしれません。

 

まったく喋らない人

せっかくキャバクラに来たのですから、キャバ嬢と楽しくおしゃべりしてほしいものですが、お客さんの中には、まったくと言っていいほど喋らない人もいたりします。

「喋らないだけなら別にかまわないかな」と思ったら大間違いです。なぜなら、そういう人に限って急に怒り出したりするからです。
いろいろと喋ってくれていれば、気に入らないことやしてほしいことなど、相手から探りだすこともできますよね。

でも、キャバ嬢からいろいろ質問をしてもろくに返事もしてくれないし、会話にも乗ってきてくれない。キャバ嬢が対応に困っていると、「接客がなってない」などと言って急に怒り出す・・・。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

 

※最初からおどおどしないで積極的に話しかける

もともと無口でいつも機嫌が悪そうに見える人もいますよね。
そういう人は、自分でも相手に悪い印象を与えていることをわかっていることが多いです。それでも最初からびくびくして来られたり、おどおどして怯えてこられるとカッとなってしまったりするのです。

ですから、第一印象から「気難しそうなお客さんだな」と思っても、気を使いすぎて逆に相手の気を悪くさせないようにすることも必要になってきます。

機嫌が悪そうにしておいて、勝手な言い分だなと思われるかもしれませんが、そういった人も悪気があるわけではないのでしょう。
ただ、少し不器用で喋ってもいないのに自分のことをわかってほしいと思ってしまうんですね。
お客さんからしてみれば、なんとなく嫌そうにキャバ嬢に近寄られると悲しいですよね。そういう人は、意外と敏感なので、相手が怯えているのをすぐに感じ取ってしまうものです。

まずは、「機嫌が悪そう」「気難しそう」と思っても、それを表に出さずに、来てくれたお客さんに対しては平等に嬉しそうに接してあげてください。最初から明るく楽しく接してくれたら、お客さんも嬉しくなって指名してくれるようになるかもしれません。

 

※逆効果になる対処法

怒りっぽいお客さんに限らないことですが、怒っている人相手に過敏に反応すると良くありません。

怒らせてしまったことは事実なので、できるだけ下手に出た方がいいとは思いますが、怒ればなんでも言うことを聞くのだと思われてしまっては厄介ですよね。

あまりにクレームがひどいようなら、ボーイや店長など男性に対応してもらったほうがいいこともあります。また、怒られて悲しかったり怖かったりしても、キャバ嬢としては泣き出したり取り乱したりしないようにしてくださいね。

女の子が泣き出すと、どうしてもお客さんが一方的に悪者に見えてしまいます。そうなるとお客さんの怒りは静まるかもしれませんが、もう二度とお店には来てくれないかもしれません。それに、楽しんでいるほかのお客さんの雰囲気を悪くしてしまいますよね。

やはりお仕事ですから、嫌なお客さんにあってもできるだけ笑顔で明るく接するようにしたいですね。いつも笑顔でがんばっていれば、決して悪い印象にはなりませんし、怒っていたお客さんもまた来ようと思ってくれるのではないでしょうか。

 

記事一覧

代替テキスト

夜神つかさの水曜も夜ふかし|第三夜【ほんとうは教えたくナイ・・・LINE営業術】

2019/11/13
代替テキスト

平成のマリリンモンロー!北新地ランス 神田まやさんの意外な素顔に迫る。

2019/11/08
代替テキスト

歌舞伎町をはじめ、全国のシャンパンタワー制作を手掛けるイベント会社『ゴッサム』へ密着取材! 広報担当長根さんへのインタビュー!【動画あり】

2019/10/25
代替テキスト

歌舞伎町NOW 一条葵さん、バースデーイベント2Days密着レポート!!このイベントを最後に、ナンバーを降りキャスト兼総合プロデュースへ【動画あり】

2019/10/16
代替テキスト

キャバクラ嬢の目利き術!高年収の男性を見分けるときのポイント

2019/11/14
代替テキスト

キレイは内側から♪今日から始めるキャバクラ嬢のヘルスケア7つの習慣

2019/11/13
代替テキスト

キャバ嬢が売れるためにはボーイとの信頼関係も必要?

2019/11/12
代替テキスト

もったいない!美人なのに人気がない「ツンツン系キャバ嬢」の共通点

2019/11/11
代替テキスト

ズボラなキャバ嬢は要注意!無意識にやっている「太る習慣」ベスト5

2019/11/10
代替テキスト

保証は何もない!キャバ嬢は給料の未払いを自分で防ぐ必要がある

2019/11/09
代替テキスト

キャバクラで働く女の子に多い「ネガティブスパイラル」から抜け出すヒント

2019/11/08
代替テキスト

1年半No2をキープした元キャバ嬢に「No1になれなかった理由」を聞いてみた

2019/11/07