キャバ嬢のためのお酒講座⑤ お酒を提供する時のちょっとした気遣い/ブログ キャバクラ体入・求人バイト情報

キャバ嬢のためのお酒講座⑤ お酒を提供する時のちょっとした気遣い
0
更新:2019.09.20 作成:2019.09.26

キャバクラのお仕事ではお客さんとのトークやお食事が基本となります。キャバクラという場所柄、お酒を扱うシーンがとても多いのですが、「お酒をたくさん飲んで盛り上がっていただこう」と思っても、ほとんど飲めないお客さんもいますし、反対にどれだけ飲んでも酔わない方もいます。

飲み方も飲む量も人によって違いますので、常にお客さんの求めに合わせていくことがポイントになります。

 

キャバ嬢に必要な気遣いとは?

お客さんが来店したら、その方がどのような心理状態で、どんな会話が必要なのかをまずチェックします。ここからそれぞれの方に合わせて雰囲気づくりや気配りをしていきます。

「プライベートがストレスだらけなのでとにかく愚痴りたい」「会社での嫌なことを忘れたいのでお酒が飲みたい」「仕事でミスをして自信がなくなったので励ましてほしい」など、お客さんが100人いれば100通りの来店理由がありますから、一人一人の微妙なニーズを把握しなければなりません。

お酒は、お客さんが嫌なことを忘れたり、本音で語れるようになるためのアイテムです。純粋にお酒が好きで、飲み比べなどをして楽しんでいるお客さんもいらっしゃいますが、キャバ嬢に何かを訴えたい時や、開放的になりたい時に、お酒の出番がやってきます。

キャバ嬢は、なんとなくお酒を選んでグラスに注ぐのではなく、「なぜこの方にはお酒が必要なのか?」「どの程度飲みたがっているのか?」など、お客さんの気持ちに立って考えることが大切です。

 

お客さんのコンディションに気を配る

お客さんの中には、お酒が苦手にもかかわらずヤケ酒や深酒をしたがる方もいらっしゃいます。また、持病を持っていたり、明らかに具合が悪いのにお酒を飲む方も多いです。

そのような場合、お客さんにトラブルが起きないように気を配るのも、キャバ嬢の大切な仕事です。ノンアルコールやアルコール度数の低いお酒を勧めたり、適度にセーブしながら飲めるようにコントロールするなど、相手の健康状態を考えながらお酒を飲ませてあげ
ましょう。

深酒をする前に、ありったけの愚痴を言ってスッキリして、その結果グラス数杯程度で済むというパターンもあります。お客さんが「飲みすぎなくて良かった」「○○ちゃんに相談して正解だった」と思ってくれれば、キャバ嬢としては本望です。

お酒を出しながら、お客さんの表情や精神状態を読み取り、コンディションを伺い、それに合わせて話ができる・・・というのが一番理想的です。最初は難しいと感じるかもしれませんが、だんだん慣れてくれば、相手に合わせた対応ができるようになります。

 

正しいお酒の勧め方

キャバクラでは、ドンペリなどの高額なお酒もたくさん揃えています。指名客の売り上げが自分のお給料にダイレクトに影響する場合、お客さんにはどんどん飲んでもらって、できるだけ高いお酒を頼んでもらいたいものです。

しかし、お酒が苦手な方や、あまり飲めない方に必要以上にお酒を勧めると「アルハラ(アルコールハラスメント)」になってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

「セクハラ」「モラハラ」と同じように、アルコールを強要することは「アルハラ」になります。「飲みたくないのに飲まされた」「一度断ったのに勝手に注がれた」など、お客さんによってはアルハラを不快に感じる方もいらっしゃいます。

次から次へとお酒を注ぐのはマナー違反ですので、もっとたくさん飲んで!と思う時でも、一回以上はお声掛けをしましょう。お客さんのグラスの中身が半分以下になっていたら、「もう一杯いかがですか」「もう大丈夫ですか?」など、相手のコンディションを見な
がら、機嫌を損ねないような聞き方をしてみてください。

「高価なお酒をたくさん入れてもらって、給料に反映させたい」というのが本心でも、お客さんが楽しく無理なく飲んでもらえるのが一番です。イベントなど、お店全体で盛り上がるような時でも、お酒をグイグイ勧めないように注意しましょう。

 

まとめ

お酌の仕方やトークの進め方など、マニュアル通りにやろうと思っても、実際には難しいものです。キャバ嬢には、お客さん一人一人に合わせた対応と心遣いが求められます。

お酒の席では、深酒などをした勢いで開放的になり、トラブルが起きることがあります。周りのお客さんのご迷惑になるほど暴れたり、裸になったり、暴言や暴力が出る場合もあります。このような行為が起きると、ご本人の酔いがさめるまで何もすることはできません。

キャバ嬢は、お客さんが行き過ぎた行為に走らないようにセーブし、アルコールからアルコールへと連続する前に、お水やお茶などをはさませてあげたり、トークやお食事で時間をつなぐなど、工夫をして悪酔いを防いであげましょう。

お気に入りの女の子と美味しいお酒が飲めて、深酒をしないように気配りまでしてもらえたら、「今日はいい日だった」と思うはず。その後も、あなたの大切な固定客として、お店に通ってくれることでしょう。

 

記事一覧

代替テキスト

歌舞伎町NOW 一条葵さん、バースデーイベント2Days密着レポート!!このイベントを最後に、ナンバーを降りキャスト兼総合プロデュースへ【動画あり】

2019/10/16
代替テキスト

歌舞伎町 蘭○「リアラ」さんが体験!キャバ嬢を癒すプロフェッショナル… 表参道プライベートサロン エイコーン – ACORN -【キャバ2特別あり🎁】

2019/10/10
代替テキスト

話題のキャバ嬢YouTuber「椿そら」きゃばきゃば × キャバキャバ体験入店・求人が3週にわたりお送りするSpecialEdition!!【動画あり】

2019/10/04
代替テキスト

ネットキャバクラはあり?なし?キャバクラとネットキャバクラの違い

2019/10/18
代替テキスト

キャバ嬢がお客さんとの世代間ギャップを埋められる“カバー曲”10選

2019/10/17
代替テキスト

キャバ嬢だって癒やされたい!! 可愛いすぎる“萌え猫”画像10

2019/10/16
代替テキスト

気をつけて!!キャバ嬢が絶対に口にしてはいけないNG言葉と話題

2019/10/15
代替テキスト

キャバクラでしつこい客にはどう対処 ちょっと危ないストーカータイプの防御法

2019/10/14
代替テキスト

キャバクラで気難しい客にはどう対処 すぐに怒り出すクレーマータイプへの接し方

2019/10/13
代替テキスト

話ベタなお客さんにはこれ! 一緒に遊べるキャバクラゲームアプリ5選

2019/10/12
代替テキスト

髪色でライバルキャバ嬢に差をつける! 最新グラデーションカラー 5

2019/10/11
代替テキスト

キャバクラ接客の基本⑥ お礼メールの送り方とタイミング

2019/10/10