更新:2019.04.26 作成:2019.04.26
キャバクラ アルバイト マイナンバー
0
更新:2019.04.26 作成:2019.04.26

短時間の仕事で高収入を求めてキャバクラのアルバイトをする女性は昔からいましたが、昔と今とでは環境が変わっており、その中でも不安の種になっているのがマイナンバーの存在です。日本の住人一人一人に付けられたマイナンバーによって、キャバクラで働いていることが周囲にバレるのではないか、と不安に思う女性は少なくありません。結論から言えば、確定申告を行えば身バレすることはありません。

まずアルバイトで一定以上の収入があるなら、キャバクラでもそれ以外でも、確定申告をする必要があります。ですがそれを知らず確定申告をしなかったため、意図せず脱税を行ってしまうキャストも少なくありません。そしてマイナンバーによって意図しているかどうかを別に脱税が発覚しやすくなったので、確定申告がしていなかったキャストに通知が行き、それからバレるというのが、マイナンバーが出来たことで身バレをする流れです。

アルバイトで一定額以上稼ぐと確定申告が必要になりますが、キャバクラは高収入な分その基準を満たしやすいバイトです。確定申告をした場合は、同居した家族に働いていて収入があることは知られますが、どこでどんな仕事をしているかまでは、マイナンバーがあっても知られることはありません。収入をしっかり計算し、1年での収入が38万を超えるなら確定申告を行えば、身バレをする危険はマイナンバー登場前と変わりません。