更新:2019.03.27 作成:2019.05.22
キャバクラ未経験者が働きやすいのは「アルバイト」と「派遣」どっち?
0
更新:2019.03.27 作成:2019.05.22

キャバクラで働こうと思ったら、昔は求人雑誌を買って電話して面接をするという流れでした。
特殊な例としては、街を歩いていてスカウトされるという方法もあります。しかし最近では、「キャバクラ派遣」という働き方もあるのです。
派遣としてキャバクラで働く方法や、そのメリット・デメリット、未経験者に向いているのはどっちの働き方かについてご説明します。これからキャバクラで働きたいと思う人は参考にしてみてください。

 

キャバクラ派遣とは?

キャバクラ派遣とは普通のキャバクラ嬢のようにお店に在籍するのではなく、キャバクラ嬢専門の派遣会社に登録してイベントなど人数がほしいときのみの単発や短期間でお店に派遣されて働くことのできるシステムです。

一般的な事務職や営業職、技術職にも派遣で働いてる人は多く、スキルや経験があれば時給を上げながらいろいろな会社で働けるのが魅力の働き方です。そういった派遣会社と同様に、まず専門の派遣会社に登録することから始めます。登録はキャバクラ未経験者でも可能ですし、登録料などもかかりません。派遣会社は登録した女の子をお店に派遣することで、お店から紹介料をもらっているので登録した女の子が負担することはありません。

でもその紹介料は女の子が働くことで発生する給料の一部であることは事実です。お給料は基本的にお店から派遣会社に支払われ、その中から給与分を支給される仕組みです。また、お店からお給料を現金で手渡しされるところもあります。

 

キャバクラ派遣のメリット

キャバクラ派遣で働くことによるメリットはたくさんあります。

・時給3000円〜5000円と、相場が高い。
最低でも2500円から保証されています。アルバイトではもっと安い時給も多いですね。

・お店での面接無しですぐ働ける。
最初の登録時に派遣会社での面接があるので、お店での面接はありません。

・ノルマや罰金などがない。
キャバクラで働くときの最大のハードルを回避できます。

・営業活動しなくてもいい。
お客さんと連絡先を交換したり、営業メールをする必要はないので気楽です。

・全額日払いしてもらえるので、すぐにお金が手に入る。
給料日を待つ必要はありません。

・お店の中でのわずらわしい人間関係がない。
キャバクラ嬢同士の派閥や人間関係の構築に悩むこともありません。

・好きな日、好きな時間だけ働けるのでシフトの強制がない。
週5以上など、働く日数に縛りがないので、好きな時だけ働けます。

・未経験でも働けることが多い。
アルバイトでは未経験だと断られることも多いですが、派遣なら安心です。

・わからないことや不安なことを相談できる。
メイクやマナーなども教えてもらえるし、ひとりでは不安なことも派遣会社でサポートしてもらえます。

 

キャバクラ派遣のデメリット

メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

・働きたいときに条件に合うお店があるとは限らない。
基本的に、お店から派遣会社に依頼がなければ登録していても仕事がない可能性もあります。

・自分で働きたいお店を自由に選べない。
アルバイトなら求人が出ていれば好きなお店を選べますが、派遣の場合は紹介されたお店しか選択肢がありません。

・短期間や単発のみでしか働けない。
キャバクラで本職として働きたくても、派遣では臨時のスタッフでしか呼ばれません。

・毎回違うお店なのでなかなかなじめないし仲間もできにくい。
人間関係がない分、ほかの女の子と仲良くなったりお店のルールになかなかなじめなかったりします。専属のキャバクラ嬢からは「仲間」として見てもらえない可能性もあります。

・どうしても専属のキャバクラ嬢が優遇される。
当然ですが、お店にとって大事なのは専属のキャバクラ嬢なので、派遣のキャバクラ嬢は二の次にされることが多くなります。

・営業しないので指名料などで稼ぐことができない。
キャバクラ嬢の本領発揮の指名や手当で稼ぐことができないので、基本の時給のみになります。

・キャバクラ嬢としてのスキルが身につかない。
基本的な接客技術は身につくと思いますが、営業やアフター、同伴などのテクニックを学ぶ機会がありません。

 

未経験者に向いているのはアルバイトか派遣か?

キャバクラ派遣のメリット・デメリットを見て、条件が合う人もいれば合わない人もいるでしょう。未経験として入り口が広く、あまり責任や不安もないキャバクラ派遣は働きやすい制度と言えます。
しかし、本気でキャバクラで働きたいと思ったら、やはり自分でお店を決めて面接をしなくてはいけません。

派遣としていろいろなお店を見ることは参考になると思いますが、楽な働き方を知ってしまった後では、本職として働くのがつらくなってしまうかもしれません。

そのためにも、いずれは長くキャバクラで働きたいと思うのでしたら楽な派遣に浸かりきってしまう前に、早めに厳しく狭き門であるアルバイトへの移行を始めてみるようにしてください。