更新:2019.03.14 作成:2019.04.09
キャバクラ嬢が絶対に犯してはいけない5つのタブー
0
更新:2019.03.14 作成:2019.04.09

どんな仕事でも、どんなシーンでも、その場にふさわしくない言動ってありますよね。キャバクラ嬢が働く夜の世界でも、キャバ嬢が犯してはいけないタブーがあります。

そのタブーを犯してしまうと、お店全体の大きな問題に発展することもあります。キャバクラ嬢が絶対に犯してはいけない、5つのタブーをご紹介します。キャバクラ嬢として心得ておきたいですね。

 

本指名のキャバクラ嬢のお客を取ってはいけない

ヘルプでお客さんにつくときは、基本的にヘルプに徹する、というのがキャバクラ嬢の暗黙のルールです。

本指名のキャバクラ嬢のお客さんなので、ヘルプはヘルプ、という立ち位置です。指名なしで入店したお客さんの場合は、自分のお客さんになってもらうためにアプローチをかけるのは自由ですが、本指名のキャバクラ嬢がいるお客さんに対しては、あまりいい行為とはされないですね。

もちろんお客さんがヘルプのキャバクラ嬢を気に入って次から指名してくれることもありますが、ヘルプで入ったキャバクラ嬢が自らアプローチをする、営業をかけるというのは、お店の雰囲気を悪くしてしまいますし、「お客さんをとられた」などと言われてしまう可能性があるので、気を付けたほうがいいでしょう。

キャバクラ嬢はお互いに協力しあうことが、お店の売上をあげるために必要です。

 

黒服との恋愛をしてはいけない・恋愛話をしない

キャバクラ嬢は、お店で働く男性従業員、いわゆる黒服とは恋愛をしてはいけないというのも、暗黙のルールです。お客さんはキャバクラ嬢とお酒を飲むためにお店に通ってくれています。中には疑似恋愛を楽しんでいる人もいるはずです。それなのに、お店の男性従業員と付き合っている、なんてことがバレたらどうでしょうか?バレずに付き合っているといっても、意外とお客さんは2人の雰囲気を見て、「付き合っているのかも…」と気づくものです。

黒服との恋愛は基本的にNGです。

また彼氏がいるキャバクラ嬢は、彼氏の話もNGですね。子供がいる人も、子供の話はあまりしないほうがいいでしょう。お客さんによっては彼氏がいても子供がいても、別に気にしないという人もいます。しかし、キャバクラ嬢を一人の女性として見ているお客さんは、彼氏や子供の存在をあまりよく思わないでしょう。
特に彼氏については、直接話をしなくても、デートスポットに詳しいと、「もしかして彼氏いるのかな」と思われてしまうので、できればそういう話はしないほうがいいですね。

 

無断欠勤や遅刻

どんな仕事でも同じですが、特に夜の世界は無断欠勤や遅刻には大きなペナルティが課せられます。お客さんからしてみれば、お目当ての女の子がいるからお店に来たのに、遅刻あるいは欠勤で来ていない..となったら飲む気をなくしてしまいますよね。あるいは、じゃあ今日は帰ろうか..と考えてしまう人もいるでしょう。

そうなると当然、お店の利益を減らしてしまいます。自分一人の勝手な行動でお店にも迷惑をかけてしまうので、そうならないようにきちんと自己管理をして欠勤や遅刻をしないようにしなくてはいけません。

 

お客さんに慣れてきて気が利かなくなる

キャバクラ嬢はお客さんに楽しんでお酒を飲んでもらう為に接客をするのが仕事です。しかし、いつも指名してくれるお客さんに対してはどんどんと慣れが出てくることもあります。話に夢中になってグラスの空きに気づかないとか、たばこに火をつけるのを忘れてしまうなど..ついつい気が利かなくなってしまいます。

お客さんと親しくなり距離を詰めることは、これからも指名をしてもらう為に必要なことですが、親しくなりすぎて慣れすぎてしまうのは、キャバクラ嬢にとってマイナスになります。

なので仕事中はキャバクラ嬢としての自分を忘れないようにしてくださいね。

 

お店の内情を話さない

これも仲良くなったお客さんに対しての言動なのですが、ついついお店の愚痴を言ってしまったり、一緒に働くお店のキャバクラ嬢の悪口を言ってしまったりという行為はタブーです。あくまで自分はキャバクラ嬢として働くお店側の人間です。そしてお客さんは、そのお店に通うお客さん。中にはお客さんの方からお店の内情について聞いてくることもありますが、知っていても知らないふり、話さないという姿勢を徹底しましょう。

自分が働くお店について愚痴や悪口を言うことは、お店に分かると問題になります。また、他のキャバクラ嬢の個人情報なども話してはいけません。

お客さんもお店の内情をあまり聞きたくない人が多いですし、せっかく楽しく飲みに来たのに、キャバクラ嬢から愚痴や不満を聞かされるのはもちろん嫌なはずです。

 

キャバクラ嬢として、最低限のマナーを知っておこう

キャバクラ嬢が犯してはいけないタブーについてご紹介しました。これを読んで、今すでに”しちゃってるかも..”と心当たりがある方は、改善しなくてはいけません。最低限のマナーになりますので、しっかりと心得て仕事をしましょう。