更新:2019.03.08 作成:2019.03.30
慰謝料に発展?キャバ嬢が既婚者の男性と浮気してはいけない理由
0
更新:2019.03.08 作成:2019.03.30

浮気・不倫という言葉はよく聞きますよね。独身であれば、男女の恋愛に制限はありません。でも、相手の男性が既婚者だとどうでしょうか?既婚者の男性にしか魅力を感じないという男性も多いですし、たくさんの男性を見てきたキャバクラ嬢は特に、独身の男性では満足できない、という女性が多いです。
キャバクラには、既婚男性も多く来店します。既婚のお客さんと恋愛関係になってしまうと、どうなるのでしょうか。

 

キャバクラではお客さんとの恋愛もNG?

お客さんはお店にとって大事なお客さんです。でも、男と女の間柄、お互いに惹かれあってしまうこともあります。お客さんがキャバ嬢を好きになることはよくありますが、実はその反対もあります。キャバ嬢から好きになってしまうこともありますし、お客さんから好意を告げられているうちに自然と惹かれていく、というパターンも考えられるでしょう。
キャバ嬢はボーイとの恋愛が厳しく禁止されている中、お客さんとの恋愛はどうなのでしょうか。お店としては、キャバ嬢がお客さんとお付き合いをすることは、決して好ましいこととはいえません。しかし、それはお店ではどうしようもありません。相手がお客さんであろうとなかろうと、彼氏がいるかいないか、どちらかというと彼氏がいないキャバ嬢の方がお店としては働いてもらいやすい、と考えています。恋愛を禁止する権利はお店にないので、相手がお客さんであっても、特に何も言わないでしょう。
お客さんとは同伴やアフターなどもありますし、仲が深まるきっかけもたくさんありますよね。そういう関係の中で、恋愛関係になってしまうことは、仕方がないとするお店も今は多いです。

 

既婚男性との浮気は危険

お店に来てくれた既婚男性と、恋愛関係になってしまう…これはお店にとっても、キャバ嬢本人にとっても、かなり危険なことです。それはどうしてかというと、ただ一つ。結婚しているから、です。結婚はいわゆる契約です。婚姻届けを出して、2人が夫婦であることは証明されています。お互いがお互いを一番に考えて過ごしていくことこそが、結婚のあるべき姿なのです。
しかし、最近は浮気や不倫を平気でする人が多くなっています。お客さんとの恋愛については何もいわないお店も、既婚であるお客さんとの恋愛はNGとしているお店もあります。

既婚男性と浮気をして、それが結婚している奥さんにバレてしまった場合、怖いのが慰謝料の請求です。慰謝料は奥さんから旦那さんにだけではなく、奥さんから浮気相手・不倫相手にまで請求されます。

数百万円というような大きな金額を請求されることもあります。せっかく頑張って働いたお金なのに、慰謝料で全部支払わなければならなくなる、なんて辛いと思いませんか?

 

既婚男性は口がうまい?

慰謝料請求をされるだけではなく、相手の男性との関係も破綻してしまうでしょう。「奥さんと別れたら結婚しよう」なんていっていた男性が、奥さんにバレたことで連絡がとれなくなる、なんてこともありえます。既婚男性は不倫や浮気ができるぐらいですから、女性をその気にさせることぐらい簡単なのです。
お金も無くなって、恋をしていた男性もいなくなってしまう…という辛い思いをしなくてはなりません。

 

色恋営業も注意が必要

キャバ嬢として、営業の一環である色恋営業をすることもあると思います。この場合、キャバクラ嬢の仕事であるとして同伴やアフターなどは不倫や浮気とされることはありません。しかし、ある一線を越えてしまったら、そこからはお客さん相手の色恋営業であったとしても、慰謝料を請求されてしまいます。
それは、ホテルへの出入りです。ホテル=肉体関係を結んだという認識になります。こうした行為だけは絶対にしない、一線を越えない…それが色恋営業をするキャバクラ嬢のマナーであり、自分の身を守るための術です。
以前は、枕営業は仕事だとして慰謝料請求も却下される、なんてことがあったのですが、最近はその風潮も変わっています。キャバ嬢だとしても、ホテルでの肉体関係は不倫や浮気になる、として慰謝料請求をされるようになってきています。指名がほしいから、売り上げを上げたいから、そんな簡単な気持ちで関係を持ってしまうと、後悔するでしょう。

 

人の幸せを壊さないのが基本

キャバ嬢だから不倫や浮気はダメ、というわけではなく、不倫や浮気は人間の常識から考えてダメな行為です。結婚をしていることを隠して近づいてくる男性もいますし、キャバ嬢だから結婚していたって相手をしてくれるだろう、という気軽な気持ちで関係を迫ってくる男性もいるものです。
色々な男性を見ているキャバ嬢にとって、女性の扱い方に慣れていたり、気分よくさせてくれるなど…独身男性よりも既婚男性の方が魅力を感じる、と思ってしまうところはあるでしょう。それでも、既婚男性は恋愛対象にせず、お店に来てもあくまでお客さんとして考えましょう。

人の幸せを壊さないのが基本ですね。