キャバ嬢なら覚えておきたい客の“おさわり”を防ぐコツと対処法
1
更新:2019.02.25 作成:2019.03.03

キャバクラというのは、お客さんに対してお酒を提供するだけではなく、お客さんの接客もあるお店です。

接客というとどんな接客なのかご説明していきたいと思います。

 

おさわりをしてくるお客さんは多い?

お客さんの質はお店によって違うといいます。キャバクラにもいくつかレベルがあって、少し高級なキャバクラになると、あまりおさわりをしてくるようなお客さんはいません。

純粋にお酒を飲むことを楽しむために来ているお客さんたちが多いので、おさわりに悩まされることはないでしょう。

しかし、キャバクラの中でもおさわりが多いお店もあります。レベルが低いというと言い方が悪いのですが…一般的なキャバクラではお客さんからのおさわりに悩まされるというキャバ嬢も多いです。

キャバクラといわれているお店では、基本的におさわりはNGです。キャバクラ嬢としても、その明確なルールを知っておかないと、お客さんにおさわりされても断ることができず、キャバクラだから仕方がないのかな…と思ってしまいます。おさわりはNGであることをキャバクラ嬢がルールとして知っておくことで、おさわりされそうになったときにキャバクラ嬢が本人でガードすることもできますよね。

 

おさわりはどこから?

おさわりといっても、明確に線引きをするのって難しいですよね。お客さんとの間に壁が1枚あるわけではないので、どこからがおさわりで、どこまでがおさわりではないのか、というのをはっきりさせることはできないでしょう。

これはお店のルールというよりも、キャバクラ嬢がそれぞれどう考えるか、というところが関係してきます。キャバクラ嬢によっては、腕を少し触られただけで嫌だなと思ってしまう場合もあれば、中には足を触られたってそれほど嫌だと感じない、というキャバクラ嬢もいます。

しかし、キャバクラで働いている以上は、キャバクラ嬢それぞれの感覚で決めるのではなく、キャバクラは全面的におさわりはNGとして徹底する必要がありますよね。自分はおさわりがあっても平気という人が、おさわりをしてほしくないと思っている
キャバクラ嬢に迷惑をかけている可能性があります。
お客さんにも、あの子はよかったのにどうして君はダメなの?といわれてしまったら、とても嫌ですよね。

おさわりはどこからがダメでどこまでがいいのか…ではなく、キャバクラはおさわりをサービスとしていないので、どんなこともNGです。

 

おさわりはどう防ぐ?

・スタッフが見ていてくれるお店もある
お店が広くて、ボーイが多いお店であれば、しっかりとおさわりをしていないかどうか、見てくれています。もしもあまりに過度なおさわりになっている場合、スタッフがお客さんに対して注意してくれるでしょう。

・自分でガードする
スタッフが見てくれているといっても、常に自分のことを見てくれているスタッフがいるわけではありませんよね。スタッフの目が離れたときにおさわりの手が伸びてくるかもしれません。露出が多いドレスを着ている場合がほとんどなので、おさわりの危険性はとてもたくさんありますよね。
とにかく上手にガードするようにしましょう。自然と避けられるような技術が、慣れてくると身につくはずです。

・ちゃんと言葉で注意する
お客さんに対して注意をするのは気が引けてしまうと思う人も多いと思いますが、おさわりをされそうになったら、「ダメですよ~」と軽く注意しましょう。冗談だと思ってあまり気にしないお客さんも多いのですが、注意することでお客さんも「あまりおさわりされたくないんだな」と感じてもらうことができます。しっかりとキャバクラ嬢のことを考えてくれるお客さんなら、しつこくしてこないはずです。
一度は口にして注意することをおすすめします。

・席を離れる
ガードしきれず、注意をしても全然聞いてくれないお客さんの場合、席を離れてしまいましょう。トイレに行ってきますね~といって、スタッフに話をしましょう。我慢することがキャバクラ嬢としての使命ではありません。嫌な時は嫌と言ってしまって大丈夫です。
ただしお客さんに直接その思いをぶつけてしまうと、お金を払ってお酒を飲みに来てくれているお客さんを嫌な気持ちにさせることになるので、必ず直接ではなくスタッフに言いましょう。

・お店選びも大事
キャバクラはお店のレベルによって、おさわりがある・ないが違います。キャバクラはどんなキャバクラでもおさわりはNGなのですが、おさわりをされているキャバクラ嬢を助けてくれない、お客さんのためだからと我慢させられる、というようなキャバクラは働きたくないですよね。

 

まとめ

おさわりNGと徹底してくれるお店を選び、いざというときにはキャバクラ嬢を守ってくれるような環境で働きましょう。

実際に働いているお店でおさわりが我慢できなければ、お店を変えることも考えたほうがいいですね。

いくら高収入でも、自分が嫌なことを我慢してまで続ける必要はありません。キャバクラ嬢として楽しく働けるお店を探してみてください。

 

158/201