お酒が飲めないと不利?ノンアルキャバ嬢でも手堅くバイト代を稼ぐ方法
0
更新:2019.02.18 作成:2019.02.19

キャバクラ嬢は、お客さんと他愛ない会話を楽しんだり、男と女の軽い駆け引きやスキンシップなども重要ですが、その中でも特に重要なのが「お酒」との関係です。

お客さんはお酒を飲んで気持ち良くなり、嬢もそれにお付き合いをして、楽しい時間を過ごせることが理想です。お客さんからは「もっと飲んで」「もっと酔っぱらって」とリクエストをされたりします。そこで問題なく飲めれば良いのですが、お酒が弱い嬢にはそうもいきません。
キャバクラではお酒はほぼ必須です。夜の接待の場所ということで、ソフトドリンクだけでは少し物足りない印象もあります。

それではお酒の弱い嬢はキャバクラに勤めるのは100%難しいのでしょうか?

応募条件によっては不採用になる

結論から言うと、お店によって「応募条件」というものが細かく決められており、その中に「お酒が飲めなくてもOK/下戸OK」などと書かれていれば、そのお店ではお酒が飲めなくてもOKです。
しかし条件の中にそのような項目が書かれていなければ、お酒が飲める女の子を100%求めています。

お店としては、お酒に強い人ほど「戦力」になりますし、アフターや店外デートでも羽目を外す心配が少ない、安心な子として認識されやすくなります。

飲めない人がお店で高収入を得る方法

ここからは具体的に、アルコールやお酒に苦手な嬢が、どのようにしてお店でうまく立ち回っていくべきなのか、さらにはどのようにして高収入を得るかを考えて行きたいと思います。

①下戸でもOKの求人を探す

まずは求人募集を見て、飲めない人でもOKとしている、ハードルの低いお店を探しましょう。求人情報を確認し、お酒が飲めなくてもそれ以外のところで勝負できるようであれば、下戸さんでも問題なくお仕事が始められます。
下戸でも入れるお店に入店してしまえば、後は通常通りお客さんとの信頼関係をアップさせて何度もお店に来ていただき、指名を獲得していくことで高収入を目指すことができます。

次に、入店後の周囲への配慮を忘れないようにしましょう。
あらかじめキャストさんや店員さんに、自分がお酒に弱いということを伝えておいて、「最大で何杯飲めるか」「これ以上は危険なレベルに入る」という線引きもはっきりさせておいた方が確実です。
お酒の弱い人にソフトドリンクを提供してくれるお店もありますが、お客さんとしては嬢がソフトドリンクしか飲んでいないと、なんとなく物足りなさを感じます。いかにも「仕事中なので酔わないように気をつけています」とアピールしているような印象にも受け取られる可能性があります。そんなときは、少しだけでも本物のお酒の入ったグラスに口をつけるなどして、周りから浮かないように工夫してみてください。

②お客さんにたくさん飲んでいただく

キャバクラは、嬢と会話をするだけの場所ではありません。お客さん自身もお気に入りのお酒を飲んで、気持ち良く酔いながら楽しく過ごす場所です。
嬢がお酒を一切口にしなくても、お客さんにどんどんお酒を飲んでもらって、こちらは楽しい会話でひたすらつないでいく方法もあります。
これなら嬢がお酒を飲む必要はありませんし、万が一お客さんに「飲みなよ!」と言われても、グラスに軽く口をつけたり、一口だけいただいて終わることができます。

③お客さんを味方につける

優しいお客さんの中には、お酒が飲めないキャバ嬢とお話するのが好きだという方もいらっしゃいます。
もしもそのような方に出会えたら、「私じつはあまりお酒が飲めないんです」とさりげなくアピールをしてみてください。ゆくゆくは、その方に固定客になってもらえるようにアピールしていくと良いかもしれません。

固定客や、自分のところに頻繁に通ってくれるお客さんには、「本当はあまりお酒が飲めないんですよね…」と持ちかけてみても良いと思います。

ただしこれには少しテクニックが必要で、下戸であることをカミングアウトしたいお客さんの前だけにしておきます。お酒が苦手という重大な秘密を共有することで、相手との距離感や絆もさらに縮まります。

④お酒に強いキャストさんに助けてもらう

自分よりもお酒に強いキャストさんにお願いして、ヘルプについてもらうと良いでしょう。
もちろんお世話になった方には、感謝の気持ちを忘れずに伝えるようにして、相手が喜ぶようなお返しも返すようにしましょう。

⑤お店の中で自分にできることを見つける

お酒が飲めないからといって嬢に向いていないというわけではありません。
たとえば、お客さんや他の女の子が飲むためのドリンクを作ったり、グラスをふいたり、灰皿を交換する、空きそうなボトルセットを自分のところに近づける…などなど、ドリンクを専門に作るのもお仕事の一つです。
決して飲むだけが仕事ではありません。例えば、喋るのが得意な方はひたすらお客さんとトークを楽しみます。聞き上手な方は相手の話を上手に引き出しつつ、たっぷりとお相手に話させてあげましょう。
自分がキャバクラの中でできることは山ほどあります。そこを上手に自分のモノにしたとき、お酒はもはや関係がありません。

まとめ

いかがでしたか?キャバ嬢だからといって、必ずお酒を煽ったり、意識を失うほど飲む必要はありません。大切なことはあくまでもお客さんを楽しませ、最高のテンションで帰宅していただけるかどうかです。

お仕事中は酔っている人に合わせていきたいですが、それ以外のシチュエーションでは、あまり無理をしないように注意しましょう。

記事一覧

代替テキスト

桜井野の花さんプロデュース!!桜井野の花 × amore VESTI コラボ商品がついに販売開始。全てのキャバ嬢さんへ愛を込めて❤︎【動画あり】

2019/09/12
代替テキスト

春木 開さんとは一体何者?!話題の実業家に迫る、歩んできた道とその先の未来にあるものとは。【キャバキャバ初の男性インタビュー】

2019/09/04
代替テキスト

キャバ嬢のためのお酒講座② ウイスキーの水割りの正しい作り方

2019/09/23
代替テキスト

キャバ嬢のためのお酒講座① キャバクラの基本的なお酒の種類と割り方

2019/09/22
代替テキスト

カラオケはキャバ嬢の心得!? “うまく聞こえる”選曲姿勢歌い方

2019/09/21
代替テキスト

いまやキャバ嬢の常識!? デカ目効果もある 「眉毛脱色」まとめ

2019/09/20
代替テキスト

【47%OFF💫キャバキャバ限定割引】新宿で人気のセットサロン『Astonish』がこの度、着付けサービスを開始!イケメン店長☆インタビュー!!

2019/09/19
代替テキスト

お客さんのタイプ別—-キャバクラでウケるてっぱんトークネタ5

2019/09/18
代替テキスト

お疲れキャバ嬢のプロ根性! “自然な笑顔”はどうつくる

2019/09/17
代替テキスト

魅力的な雰囲気を漂わせるキャバクラ嬢が心がけている5つの習慣

2019/09/16
代替テキスト

バレバレはNG! さり気な~く延長をGetする一流キャバ嬢の上級テクニック

2019/09/15
代替テキスト

キャバクラでついていけない客にはどう対処 明らかなヲタクタイプのもてなし方

2019/09/14