絞り込み検索

静岡市(清水・新清水)キャバクラ体験入店・求人バイト検索結果

静岡県の特徴

【静岡エリアのキャバクラ求人】

静岡県は360万の人々が住む、中部・東海地方にあるエリアです。太平洋に面するこの県は富士山とお茶の名産地としてその名を知られています。お茶のイメージが強い静岡ですが、機械部品を始めとする製造業や観光業にも力を入れています。観光地として有名なのが、浜名湖や富士山、そして伊豆半島にある伊豆の温泉街です。また、徳川家康が隠居先として用いた府中城も人気です。そんな静岡県内で人口の多いのが、約70万人の静岡市と約80万人の浜松市です。この2つの市で、総人口の4割以上の150万人が暮らしていることになります。

静岡市は政令指定都市と県庁所在地の両方を兼ねているエリアです。静岡市は内陸部に向かって細長く伸びており、市の北部に行くと、南アルプスの山々がそびえ立っています。太平洋に面する、静岡市の中心エリアである静岡駅からは、府中城のある公園にも行けますし、弥生時代の住居を見学できる登呂遺跡も近くにあります。一方、浜松市は、静岡市の西方にあるエリアです。こちらも山の多い地域であり、そのことから林業が盛んです。また、市に接する浜名湖では水泳の大会が盛んに開催されています。

静岡県でキャバクラが集中しているエリアは、静岡市と浜松市です。どちらも駅前に歓楽街があるため、アクセスが容易なお店の求人のなかから選ぶことができます。

【静岡エリアのキャバクラ求人の面接で必要な持ち物】

静岡エリアのキャバクラ求人で素敵なお店を見つけ、いざ面接。その時は何が必要なのでしょうか?ほとんどのお店が、面接の日程が決まった時に、何を持ってきてほしいかを教えてくれます。どのお店でも必ず言われるものが、「身分証明書」です。免許証、学生証等一般的な身分証で大丈夫です。お店に身分証明書を見せるというのは少し抵抗があるかもしれませんが、お店側も、年齢がわからないと入店はさせられません。もし、年齢に満たない人を働かせてしまったらお店が罰せられてしまうため、身分証明書は提出します。なお、履歴書等は必要ありません。普通のアルバイトと違い、キャバクラ求人の場合は、お店に専用の履歴書がありますので、面接に行ってから記入ということになります。

面接の日取りを決める際、お店の方に「その日に体験入店されますか?」と聞かれることがあります。もし、その日に体験入店をする予定でも、ドレスやヒール、パーティーバッグ等を購入して持っていく必要はありません。たいていのお店では、全てレンタルをしてくれますので、働くことが決まってから購入した方が良いでしょう。既にお持ちの方でしたら、持って行ってやる気をアピールするのも良いでしょう。キャバクラ求人の面接は、「身分証明書」のみ持っていけば大丈夫です。